電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

【東大阪】大阪府八尾市は乗り合いタクシーなどの公共交通の持続可能な体系を目指し、交通不便地などでの制度設計を検討する。運行計画が整った地域で実証運行する。... 24年度内に2回程度地域公共交通会議を...

国土交通省は地域交通の再構築を加速化するため、全自治体に対し2030年をめどに地域公共交通計画のアップデート(更新)を求める。... 地域公共交通計画は、各自治体が地域の実情に応じて望...

路線バス撤退地域、外出はタクシー 公共交通の定義は時代とともに変遷している。... 郊外化が進むと公共交通の効率性を高めることが難しいため、街の拡大を抑制して居住地域や行政施設などを...

JR西と富山県、城端・氷見線を再構築 380億円投資 (2023/12/19 生活インフラ・医療・くらし)

JR西日本と富山県などは18日、城端線と氷見線を再構築するための地域公共交通計画をまとめたと発表した。... 計画が国に認定される見込みで2024年2月15日に再構築事業を始める。... 城端線と氷見...

適者生存 自動車からモビリティーへ(11)MaaS実証の課題 (2023/7/26 自動車・モビリティー)

実装見据えた取り組みを 先回まで多くのことを記述した自動運転に限らず、MaaSではオンデマンド交通や、グリーンスローモビリティーなども、数多くの社会実験がここ数年に実施されている。....

関越交通(群馬県渋川市、佐藤俊也社長)とトランザクション・メディア・ネットワークス(TMN)は、渋川市内を運行する関越交通の路線バスの利用状況を「見...

地方のバスや鉄道の路線維持に向けて自治体が積極関与する仕組みを盛り込んだ改正地域公共交通活性化再生法が27日の参院本会議で可決、成立した。... また、全ての市区町村に対し、住民らに最適な生活交通の在...

国土交通省は24日開いた交通政策審議会(国交相の諮問機関)の部会で、地域の公共交通の活性化・再生手段としてコンセッション(公共施設等運営権)方式の導入を検討していること...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン