電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

地中埋設管の地震リスク部分評価 東電設計、新手法開発 (2021/9/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

東電設計(東京都江東区、窪泰浩社長)は、地中に設置した水道管など埋設線状構造物の新たな地震リスク評価方法を開発、1日からサービスを始めた。一般的な地震リスク評価である予想最大損失率&#...

文部科学省は国家課題対応型研究開発推進事業のうち、2012年度の原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブについて、早稲田大学による「原子力産業への社会的規制とリスク・ガバナンスに関する研究」など13件の研...

地震や風水害、津波などの自然災害に対して住民参加型のリスクガバナンス手法を開発する。... オープン型GISを活用、地震リスク評価手法の開発・運用を行う。

損保ジャパン・リスクマネジメントは損保ジャパンのグループ会社。... これまでに蓄積した地震リスク評価の技術やBCP策定支援のノウハウを生かして優先度の高い施設を見極めて診断する。 ... 地...

このため、地震リスク評価、耐震診断、耐震補強対策、BCP策定支援など各種サービスメニューを、内閣府が公表したガイドラインに基づいて、顧客のニーズに合わせて提供している。 地震リスク評価では、建...

日本の地震リスク評価モデルの技術を応用し、地震データや耐震設計基準を反映させて同地域の地震リスク評価モデルを開発した。... 東京海上日動リスクコンサルティング(同千代田区)は、中国全...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン