20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

インタビュー/日本ハム社長・畑佳秀氏 嗜好変化で新領域深耕 (2021/6/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

健康・代替肉開発進める 日本ハムは内食需要を取り込み、コロナ禍でも安定した業績を維持する。... 「高齢化や健康意識の高まりを受け、高齢者向け商品などを開発するウ...

日本ハムは代替肉や培養肉などの新規事業で2030年度をめどに売上高100億円を目指す。... 高齢者向け商品を開発する「ウェルネス事業」、代替肉や培養肉を扱う「エシカル事業」、ECサイトで商品を直販す...

日ハムが中計、23年度営業益610億円 食肉・加工の収益改善 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

持続可能な食肉事業の構築を目指し、大豆ミートや培養肉など新規事業の開拓も推し進める。

豆や植物由来の原材料で作る「代替肉」、ラボで作る「培養肉」。

しかし今、培養肉などの普及で、ある意味で社会問題を解決する技術が生まれている。

培養ステーキ肉に挑戦 天然肉を口にするのが難しくなるかもしれない―。... 国内では東京大学生産技術研究所の竹内昌治教授らが肉本来の食感を持つステーキ肉を培養肉で実現しようと、牛の筋...

培養肉分野で、このほどイスラエル企業と覚書(MOU)を結んだほか、オランダ企業に出資した。... また、オランダの培養肉製造スタートアップであるモサ・ミートに出資した。同社は16年の設立で、創業者は牛...

日清食品×東大、培養肉で塊状ステーキ開発 日清食品HDは、17年から東京大学生産技術研究所の竹内昌治教授と培養肉を共同で研究している。... 代替肉は世界で開発が進むが、大...

培養肉を開発するほか、培養液を活用した化粧品開発も手がける。 ... 環境負荷を低減するためにも、培養肉を普及させたい」と真剣だ。 ホルモンを供給する細胞を培養して...

日清食品ホールディングス(HD)は培養肉の商品化に向けて、法律や規制、制度などのルール形成に乗り出す。... ただ塊状の培養ステーキ肉は、筋組織を立体構造にする技術的なハードルが高く、開発途上。......

ティシューバイネット(東京都北区、大野次郎社長)は、再生医療のコスト削減を狙って培養肉の開発に乗り出す。... ティシューバイネットでは、すでに5センチメートル角の培養肉の試作に成功している。... ...

同社が実施した細胞培養で、培養液に肌のはりを保つ有効成分が染み出ていることを発見した。... 鶏の有精卵の細胞を培養した際、培養液内に肌がはりを保つことを助ける成分があることを見いだし、化粧品で実用化...

農林水産省は、民間企業と連携し、大豆を主原料としながら肉のような食感の「代替肉」に関するルールづくりに乗り出す。代替肉は生産過程の環境負荷が畜産に比べて小さく、食糧難を回避する一助になると期待が高まる...

徐々にフォアグラの製造・販売規模を大きくし、他の肉の培養に取り組む。 羽生社長は「培養肉は、家畜を育てる際に発生する環境負荷を低減できる。... ホルモンを供給する細胞を培養して組み...

培養肉や群衆制御など斬新で、事業可能性のある案件のみが本格研究に進んだ。... (編集委員・山本佳世子) 4件のうち食品や流通・運輸、製造プラントと多業種が注目するのは、東京大学の竹...

日清食品HD、再エネ導入拡大 30年度までにCO2を30%削減 (2020/6/10 建設・生活・環境・エネルギー)

動物の細胞を体外で組織培養することで得られる「培養肉」の研究も続け、早期活用を目指す。

JST、17日に培養肉シンポ (2019/11/7 科学技術・大学)

海外と日本の培養肉開発の最前線の取り組みを紹介する。世界で初めて「培養肉バーガー」を開発したパイオニアであるオランダ・マーストリヒト大学のマーク・ポスト教授が基調講演を行う。また、培養肉に関わるスペシ...

未来の食『培養肉』」を開く。培養肉に関する最先端の科学を紹介しながら、新しい技術の行方について研究者と参加者が語りあう。世界で初めて「培養肉バーガー」を創ったマーストリヒト大学のマーク・ポスト教授らが...

宇宙で微細藻類を培養する技術と、食料資源に変える技術を確立したい考えだ。... まずは宇宙で培養する技術を開発し、その後食料としての形状を考慮する。... エビや牛などの細胞を培養して肉にする「培養肉...

動物の細胞を体外で培養する「培養肉」は主にミンチ肉の作製が研究されており、肉本来の食感を持つ筋組織の作製は世界初という。さらに大きな筋組織の作製も可能と考えられ、「培養ステーキ肉」の実用化を目指す。&...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる