電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,761件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

いの町では一般廃棄物処理基本計画の中で、基本施策の一つとして「ごみの減量化」「3Rの促進」を掲げ、減量に向けた取り組みを行っている。

今後の両施設の運営手法や経営形態のあり方をまとめた「愛知県文化施設活性化基本計画」を策定した。... 計画では芸文センターの建物管理と芸術劇場について、コンセッション方式を軸に、公募型の指定管理による...

「小山市は、ゼロ・カーボンシティの具体策となる環境基本計画を策定してから宣言しようと準備してきた。

吹田市は、第3次一般廃棄物処理基本計画において「MOTTAINAI(もったいない)」を基本理念に掲げ、重点施策の一つとして「2Rを優先したごみの減量」を進めている。

これを受け国交省は「流域治水から流域総合水管理への進化」(斉藤鉄夫国交相)など、2024年夏をめどに水循環基本計画の改定を目指す。 ... 新たな水循環基本計画では、...

4月から始まるとされる政府エネルギー基本計画の改定作業に向けた提言である。 ... 現行の第6次エネルギー基本計画では2030年の二酸化炭素(CO2)削減目標がマイナ...

企業などによる地域における生物多様性の増進のための活動を促進するため、主務大臣(環境相、農林水産相および国土交通相)による基本方針の策定、当該活動に係る計画の認定制度の創設と、認定を受...

「今のエネルギー基本計画はSプラス3E(安全、安定供給、経済性、環境)の中の環境性に集中した内容になっている」と話すのは、日本ガス協会会長(東京ガス会長&#...

24年はエネルギー基本計画の見直しが行われる年でもある。

新たな基本構想の策定は約15年ぶり。 基本構想全体を貫く考え方として策定した基本理念は、地域のつながりを強化して多様な課題解決を目指す「地域力を高める」など3項目。... 24年度中...

品川区では長期基本計画や総合実施計画に基づき、街全体の環境負荷低減を目指すため、快適な室内環境を保ちながら年間消費エネルギー量を削減されるZEBやZEH―H(ネットゼロエネルギーハウス・マンシ...

会館再整備特別委員会で引き続き協議し、新会館の概要やコスト、資金調達法などを盛り込んだ基本計画を2025年3月をめどに取りまとめる。

ジモティー、北海道・美唄市とリユース協定 (2024/3/19 中小・ベンチャー・中小政策)

同市では一般廃棄物処理基本計画の中で、目標の一つとして「ごみ排出抑制」を掲げる。

19年4月の「海洋再生可能エネルギー発電利用促進法(洋上新法)」の施行により、日本沿岸での洋上風力発電所の建設計画をビジネスチャンスと捉えた大手ゼネコンなどによる大型SEP船への投資の...

韓国の科学技術・イノベーション(STI)政策は、5年ごとに策定される科学技術基本計画が基盤となっている。現在は、2022年5月に発足した尹錫悦政権の下で、第5期基本計画が推進されている...

ジモティー、兵庫・尼崎市でリユース啓発 (2024/2/23 中小・ベンチャー・中小政策)

そのため一般廃棄物処理基本計画を策定し、焼却するゴミの量を30年度までに19年度比で11%削減することを目標に掲げる。

今年、日本政府はエネルギー基本計画の見直しに着手することになっており、それと整合性のあるNDCを提出する、というのがいまの行政の考えのようだ。 ... 第7次エネルギー基本計画に書く...

JERAなど、インドネシアの脱炭素化計画策定を支援 (2024/2/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

インドネシアにおける2060年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量ゼロ)達成に向け、電力需要予測や電源・系統計画、火力発電の脱炭素化技術の検討を進める。 &...

累計では「第6期科学技術・イノベーション基本計画」(21―25年度)の目標額である30兆円を超えて31兆9947億円になった。... 精緻な集計は同基本計画の最終年度の25年度までに行...

電力消費に関するテクノロジーの進化、イノベーションが必要であり、いつ頃どのような技術が社会実装できるかという予測に基づき、将来の電力消費量を予測し、GX実行計画に落とし込むべきだ。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン