2,073件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

研究開発の観点から具体的に求められることとして、まずは新興・再興感染症に対する治療に関する研究を平時から進めていくことである。... 従って医師主導治験の枠組みの事前整備、特に研究開発分野特定、汎用性...

ロードマップ策定に当たり、すでに活用されている技術と、50年に向けて基礎研究の段階にある技術は分けて考えるべきだ。 ... 基礎研究はすべてが実用化に至るわけではない。... 日立と...

大阪ガスと石炭フロンティア機構(JCOAL)は2023年度、大阪市此花区の大ガス研究開発拠点内に、バイオマス由来の高純度な水素と二酸化炭素(CO2)、電力を同時生産する...

常陽は日本原子力研究開発機構が所有する高速実験炉。... 同施設は燃料や材料の開発、安全性の実験などの基礎研究向けの実験炉。... そのため、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ&...

経営ひと言/日立製作所・東原敏昭会長「一緒に課題解決」 (2021/11/22 電機・電子部品・情報・通信)

「50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)には基礎研究から取り組まないといけない」と長期視点で環境技術を一から磨いていくつもりだ。

大学の産学・社会連携で、基礎研究に対しても大型の資金支援が出はじめている。... 大学における応用的な研究に産業界の期待は集まるが、基礎研究は社会での活用が見えづらい。自然科学系でも基礎分野は研究費が...

三井物産は人工知能(AI)を活用して創薬の基礎研究を行う新会社「ゼウレカ」(東京都千代田区)を設立した。... 製薬業界では一つの新薬を開発するのに総額1000億円以上...

激動の経営/ホーユー(4)「アレルギー」事業化構想 (2021/11/16 中小・ベンチャー・中小政策)

社長の水野真紀夫が力を込めて語るのは、基礎研究として力を入れる「アレルギー」の事業化構想だった。 ... 同社は発症しにくくするための基礎研究を重ね、安全性向上を進めている。... ...

小野薬品は京大が設立する「小野薬品・本庶 記念研究基金」へ寄付し、基礎研究や若手研究者育成を支援する。 ... 本庶氏は和解を受け、「企業から還流される資金や善意の...

基礎研究から実用化まで最短距離で走り抜けるチームが生き残る。 ... 競争が前提となっているのは、生分解性スイッチング技術が、まだ基礎研究段階ではあるものの、素材産業に必須の基盤技術...

中国電、ミライエに出資 廃棄物の堆肥化装置製造 (2021/11/5 建設・生活・環境・エネルギー)

ミライエの装置は島根、鳥取両県の公設研究機関の基礎研究応用や共同研究で生まれた。

日本べーリンガーインゲルハイム、研究助成プログラム募集 (2021/11/4 素材・医療・ヘルスケア2)

日本べーリンガーインゲルハイムは日本呼吸器学会とべーリンガーインゲルハイム研究助成プログラムの募集を始めた。間質性肺疾患に関する基礎研究と臨床研究を対象にする。

今回の受章を励みに、今後も引き続き、量子の不思議な世界をより良く理解するための基礎研究を追求していきます。... これまで東京大学並びに基礎生物学研究所において、私たち研究チームの研究活動を支えてくだ...

基礎研究、環境整えサポート ―日本の科学技術の基礎研究力が低下しています。 ... 特に若手研究者には自分の興味のある研究を追求してほしい。.....

天田財団、今年度前期の助成テーマ82件(1) (2021/10/20 機械・ロボット・航空機1)

内訳は研究開発助成81件(同2億3131万円)、国際交流助成1件(同100万円)。... (敬称略) 【研究開発助成/重点研究開発助成 課題研究(塑性加工)】▽吉田佳典/岐阜大学工学...

「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM、プリズム)は内閣府が進める柱の一つ」と話すのは、内閣府科学技術・イノベーション推進事務局長の松尾泰樹さん。 ... ...

住友財団(東京都港区、野依良治会長)は2021年度の「基礎科学研究助成」と「環境研究助成」の助成先を決めた。... 若手研究者の基礎研究を対象とする基礎科学研究助成は、理化学研究所脳神経科学研究センタ...

2年ぶりとなる日本人のノーベル賞受賞で、環境問題への世界的な関心を高めた地球温暖化予測の基礎を築いた点で功績は大きい。... いずれも基礎研究が高く評価された。... 地球の気候変動や、それに人間が与...

同社が、ふくろうの森を設けた鴻巣研究所は、基礎研究から生産・出荷までを行う。同社の強みである研究開発から生産までの一貫体制を支える重要拠点だ。

産業春秋/真鍋氏の栄誉 (2021/10/6 総合1)

研究内容を知れば、ノーベル賞は当然と思える。... 日本はその後、基礎研究を重視するように科学技術政策を改めた。... 同時に日本人が日本の舞台で活躍できる未来のために、基礎研究の役割を見つめ直したい...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる