2,004件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

政府は11日、統合イノベーション戦略推進会議(議長=加藤勝信官房長官)を開き、基礎研究から社会実装までの一気通貫の強化戦略「統合イノベーション戦略2021」の原案を了承した。人工知能(AI)や半導体と...

東海大とアカデミスト、CFで研究費支援 (2021/6/11 科学技術・大学)

学内採択の研究テーマに対し、研究費の半分程度を同社のCFで寄付金として集め、残りを同大総合研究機構が補助する。... 同大は研究者と社会をつなぐ活動で研究費の獲得に加え、アウトリーチを通じた学術研究フ...

基礎研究から産業の育成・振興までの流れを見直し、政府一体で必要な体制を再構築する。... 内閣府は研究費のファンディング機能の強化を担当する。政府は研究費配分機関の日本医療研究開発機構(AMED)を活...

健康・医療分野の基礎研究成果や臨床ニーズの実用化に向けた取り組みのうち要件を満たす開発やデータ取得事業を支援する。... 対象は横浜市内に研究開発拠点や本店などを有する中小企業。

「コロナ禍でリモートワークに慣れたのを機に、著名な外国人研究者に単位付与を伴う講義や研究指導、セミナーにオンラインで関わってもらう。... 「大型研究プロジェクトは国の計画に沿って進められる。しかし競...

「大学は教育と研究の場であることを忘れてはならない。... 工学的な研究や技術に関して中長期的な基礎研究から、ある程度短期の応用研究に至るまで幅広い内容をこなし、共に研究する姿勢を持てば、学生は戸惑う...

日本の研究環境への認識は悪化している。... 基礎研究の多様性についての問いは16年の3・3から20年に2・5、基礎研究から突出した成果が出ているかの問いは同じく4・7から3・2に下げた。... 基礎...

それぞれのニーズ、シーズを持ち寄り、研究テーマを探索し、人材の交流も活発化させる。... 同フォーラム会長を務める堀場の堀場厚会長は「日本は先端基礎研究や新ビジネス創造、次世代人材育成で先進各国や新興...

NTTの通期見通し、当期益1兆円超 ドコモの非通信貢献 (2021/5/13 電機・電子部品・情報・通信1)

中長期的視点の研究開発を加速しつつ、収益源の多様化も着実に進めていけるか試される。 ... NTTには中長期を見据えた研究開発の強化も求められる。... 「研究所の基礎研究とベンダー...

産業技術総合研究所(産総研)でも、ハイブリッド航空機への超電導技術の適用による温室効果ガス排出削減を目指した研究開発を行っており、それについて紹介する。 ... *次回から大学・産学...

健康状態と密接に関わるとされる腸内細菌の研究が進む。... 基礎研究から事業化までの動向を追った。... 腸内細菌の研究を始め、疾患の要因と発症の関連を調査するコホート研究を実施。

東京大学は2020年10月に200億円分を発行し、学術・基礎研究の推進に活用する。... 学術・基礎研究の大型プロジェクトは基本的に政府が予算を手当てする。... 経営改革だけではない研究大学としての...

未来のイノベーションとなる基礎研究を担うのは大学である。... ■ ■ ■ 研究力とは研究を主宰する研究者のみならず、研究チームのコアである博士研究員(ポスドク)、博士課程院生、技官...

同フロアには藤田研究室と、共同研究に取り組む複数の企業の合同研究室をつくる。... 藤田氏は「新たな研究拠点は、大学での基礎研究と企業での応用研究を共に進めながら人材育成できる究極の『オープンイノベー...

年間売上高の12―14%を研究開発費に充てる方針。... 第6世代通信(6G)や超微小電気機械システム(NEMS)の基礎研究にも着手した。

将来的に役立つ基礎研究も行う」とニュースバルの意義を説明する。... 大学など公的研究機関だけでなく、産業界からの共同研究や共同利用も多い。 ... ニュースバルはEUVリソグラフィ...

産業界のニーズを把握し、基礎研究レベルに落とし込みたい」 ―研究開発にはデータ戦略が重要になってきます。 ... 「21年度の目玉施策として、材料研究者を中心にAI...

日本の基礎研究力や技術力の向上のために海洋機構として何ができるか。... 「基礎研究力はすぐにつけられるものではない。... 将来を担う子どもたちや学生に、基礎研究の重要性を理解してもらうことが重要だ...

【基礎研究に尽力】 こうした基礎研究で得たデータや知識は、事故が起きた場合の原因調査にも応用できる。... 事故調査を通して再発防止に資すること、そして何より事故を未然に防ぐために、...

いくつかの大手企業は、市場の将来性に期待して、すでに基礎研究や経験蓄積に努めている。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる