電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

398件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

コマツの4―12月期、営業益30%増 北米で販売好調 (2024/1/31 機械・ロボット・航空機1)

コマツが30日発表した2023年4―12月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比10・1%増の2兆7949億円、営業利益は同30・8%増の...

オリックスは日本産業パートナーズ(JIP)傘下で経営再建を目指す東芝への投資について、年平均の利回りを示す内部収益率(IRR)の目標を20%に設定した。... ...

いちよし経済研究所の張谷幸一常務執行役員企業調査部長は約5年間で2倍の売上高を目標とすることに対し「意欲的だ」と受け止めながら「(小口案件を数多く手がけ利益率を確保する)今までの延長線...

展望2024/IDEC会長兼社長・舩木俊之氏 特化した製品に資源集中 (2024/1/15 機械・ロボット・航空機2)

22年に発足した技術営業部隊を活用し、顧客要望に特化したシステムの開発、提案を進める」 ―経営指標として、売上高営業利益率を重視しています。 「営業利益率の向上にこ...

島田社長は重視する指標として、売上高営業利益率(ROS)を挙げ、早期に10%へ引き上げる方針を掲げる。... もうかる領域に人員や経営資源を配置すると同時に、間接部門を適切化し...

また構造改革などを通じ、現在3%台の売上高営業利益率(ROS)を早期に10%に引き上げる考えを明らかにした。

DMG森精機の1-9月期、営業益33%増 工程集約機好調 (2023/10/26 機械・ロボット・航空機1)

DMG森精機が25日発表した2023年1―9月期連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比14・2%増の3801億円、営業利益が同33・1%増の...

ツガミ、通期予想を下方修正 中国で受注調整 (2023/10/18 機械・ロボット・航空機1)

ツガミは17日、2024年3月期連結業績予想(国際会計基準)で、売上高を5月公表比90億円減の820億円(前期比13・7%減)、営業利益を同16億円減の134億...

エステー、ROE重視経営に転換 来春から新中計 (2023/10/5 生活インフラ・医療・くらし)

エステーは4日、6月に就任した上月洋社長を中心とする「新体制方針説明会」を開き、株主資本利益率(ROE)を経営指標とする2024年度から3カ年の新中期経営計画を進めると発表した。......

三光合成、車部品設計拡充 第3の柱に (2023/6/27 自動車・モビリティー)

三光合成は28年5月期を最終年度とする中長期目標で、売上高営業利益率を10%(23年5月期予想は4・1%)に高める計画。金型や自動車向け樹脂部品の製造に加え、付加価値の...

物流の2024年問題解決への道(3)企業の課題はコスト上昇 (2023/6/14 生活インフラ・医療・くらし2)

2021年に経済産業省が行なった「企業活動基本調査」によれば、主要産業における売上高営業利益率の平均値が3・2%であったことからも、物流コストは企業の関心事になるのだと考える。 ...

首位の住友電気工業には売上高で大きく離され、3位のフジクラには利益率で見劣りする。... 23年3月期の売上高営業利益率は1・4%。... 【展開】光ファイバーケーブルに重点 ...

同市場の需要拡大を見込み、26年度までに国内売上高で100億円の達成を目指し、海外展開も視野に入れている。 ... 最低でも売上高営業利益率20%を確保したい」と述べた。

ツガミの通期予想、営業益10%減 受注調整局面続く (2023/5/12 機械・ロボット・航空機)

ツガミは11日、2024年3月期連結業績予想(国際会計基準)で、売上高が前年同期比4・2%減の910億円、営業利益が同10・5%減の150...

後工程のダイサーやグラインダーで高シェアを握るディスコがこれに当てはまる。 ... 「(前工程の)東京エレクトロンの連結営業利益も24年1―3月期から前年同期比でプラ...

デンカの21年度連結業績は売上高3848億円、営業利益401億円で、売上高営業利益率は17年度の8・5%から10・4%に向上。また、18年度以降は減価償却を大きく上回る設備投資を行って...

太平洋工業、31年3月期 ROEなど10%超に 経営構想 (2023/5/1 自動車・モビリティー)

【岐阜】太平洋工業は2031年3月期に売上高営業利益率と株主資本利益率(ROE)を10%以上とする中長期経営構想を策定した。... 売上高と利益の目標に加え、多様な技術による価...

売上高営業利益率は同0・7ポイント上昇の14・5%を見込む。為替を1ドル=134・8円から125円に見直したことで、売上高で2340億円、セグメント利益で335億円の減少要因となる。....

意識する指標は「売上高営業利益率7%」。... 指標を売上高営業利益率に絞る一方、顧客別ソリューションやサービスの単位で粗利を把握する「プロジェクト管理」を徹底する。... 一定の利益率で売上...

売上高営業利益率5%を目指す」 ―成長を期待する機能商品事業部では。 「京都工場(京都府長岡京市)、高砂工場(兵庫県高砂市...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン