362件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

財務分析(42)ヒロセ電機 24年度ROE8%へ順調 (2022/1/20 マネジメント)

21年11月に通期業績予想を上方修正し、売上高を前年度比16%増の1560億円、営業利益を同25%増の350億円とした。... 同社は安定して20%を超える売上高営業利益率を維...

H2O傘下のイズミヤ、阪急オアシス、2021年12月に子会社化した関西スーパーの運営一体化を図り、26年3月期の営業利益を135億円と、21年度予想比約8割増を目指す。... H2O系2社(イ...

ガバナンス改革の成果は24年3月期に売上高営業利益率5%を掲げた中期経営計画を達成できるかどうかにかかっている。

ニュース拡大鏡/三和HD、欧州でシェア拡大 仏蘭企業を相次ぎ買収 (2021/11/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

買収額は非公表だが、同社の2020年度の売上高は約2400万ユーロ(約30億円)。... 三和HDは日本国内ではシャッターのシェアが5割とダントツの首位で、事業会社の三和シヤッター工業...

財務分析(30)OSG 営業利益率は回復途上 (2021/10/28 マネジメント)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた前期から急回復したが、大沢伸朗社長は「営業利益率は回復途上。... 20年11月期の売上高は1044億円と30年前の約4倍に成長。売上高営業利益率の30期平均は1...

パナソニック、8事業部門に再編 持ち株制見据え権限委譲 (2021/10/4 電機・電子部品・情報・通信)

津賀一宏前社長(現会長)は売上高営業利益率5%を掲げていたが利益目標は示していない。

三菱電機、昇降機保守で攻勢 (2021/9/16 電機・電子部品・情報・通信1)

三菱電機などの昇降機メーカーは利益率が高い保守サービスの長期契約を前提に、新設エレベーター本体を値下げして受注するビジネスモデルが一般的だ。... 三菱電機は25年度に昇降機中心のビルシステム事業の売...

IHIの回転機械事業、30年度売上高倍増 海外で収益拡大 (2021/8/5 機械・ロボット・航空機2)

これにより海外事業の売上高比率も現在の2割強から4割程度に高める。... 売上高1000億円の達成に向け、海外事業の拡大を重視する一方、国内売上高も21年3月期比約6割増の600億円に伸ばす。... ...

富士通の4―6月期、営業益51%増 ソフト・サービス堅調 (2021/7/30 電機・電子部品・情報・通信)

携帯販売代理店事業の売却など事業再編の影響で売上高は横ばいだったが、主力のソフト・サービスが金融、通信事業者向けを中心に堅調。... 全部門で採算性が改善し、売上高営業利益率は同2・4ポイント増の4・...

レント、整備拠点拡張 建機リース品目拡充 (2021/6/23 機械・ロボット・航空機1)

2023年5月期に連結売上高は21年5月期比約12%増の400億円、売上高営業利益率は8%を計画する。

新東工業、事業領域拡大 車・バイオ発電・介護を開拓 (2021/6/9 機械・ロボット・航空機2)

目標は売上高営業利益率8%(19年度は2・1%)と非鋳造工場向けの売上高比率68%(同64%)。... 新事業への先行投資と合わせ、当面...

(4回連載) ―売上高、営業利益率の目標は。 「キヤノンでは2025年を最終年度とする経営計画を策定し、売上高4兆5000億円を目指している。メディ...

20年9月期の売上高営業利益率は9・0%だった》 「まだ利益率は上げられるが、このままでは成長しない。... 営業担当の日報から顧客ニーズを分析し、商品化につなげた。

TDKの3カ年中計、7500億円投資 中型リチウム電池に重点 (2021/5/25 電機・電子部品・情報・通信1)

第5世代通信(5G)や人工知能(AI)、再生可能エネルギー関連の需要を取り込み、24年3月期の連結売上高を21年3月期比で約35%増の2兆円に、売上高営業利益率...

投資余力の確保カギ 乗用車メーカー7社の2022年3月期連結営業利益見通しはまだら模様となりそうだ。... 原材料価格の上昇や半導体不足も利益を押し下げる。......

東ソーは12%近くの売上高営業利益率となる。売上高も軒並み回復し、住友化学と旭化成は売上高が過去最高を見込む。 ... 三井化学と東ソーは営業利益が前期比で増益となり、旭化成は前期並み...

22年3月期の売上高は前期比15・7%増の9兆1000億円を見込む。... その中で22年3月期に中国合弁会社比例連結ベースで売上高営業利益率2%の中間目標を掲げたが未達を見込む。.....

横河電機、30年度売上高1兆円規模に 再生エネ関連でM&A (2021/5/12 機械・ロボット・航空機1)

横河電機は11日、2031年3月期に連結売上高を1兆円規模にすることを想定し、24年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画を策定したと発表した。売上高で年平均成長率4―6%、24年3月期の...

中長期達成目標として26年3月期に売上高1兆円(20年3月期は8105億円)、売上高営業利益率10%(同3・3%)を掲げた。 ... ...

だが、タカタ製エアバッグの大規模リコール(無料の回収・修理)などが尾を引く中で迎えた16年3月期決算は、品質関連費用が膨らみ4輪事業の売上高営業利益率は1・4%に沈んだ。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる