電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

アルクタス、4.4億円調達 膝関節症治療にiPS細胞利用 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

資金はiPS細胞(人工多能性幹細胞)を利用した変形性膝関節症の治療法の実用化に向けた研究開発に活用する。

変形性膝関節症の痛みに対する治療薬の開発につながると期待される。 ... 変形性膝関節症を発症したマウスの膝関節内にREV―ERB刺激薬のSR9009を注射投与すると痛みが改善するこ...

輝け!スタートアップ(176)Gaudi Clinical 病院近接で細胞流通... (2023/8/25 中小・ベンチャー・中小政策)

転機となったのは14年に施行された再生医療等安全性確保法だ。... 対象は歯周組織の再生や、変形性膝関節症の治療など、患者数が多く、自由診療で受ける治療だ。... 各地からデータを集め、信頼性確保にも...

大学などが保有する細胞培養加工設備を活用する形で加工拠点も各地に設け、安全性の確認から培養加工、医療機関への輸送までを一括して受託できる体制を築く。... まず歯周組織の再生や、変形性膝関節症の治療な...

塩野義製薬は新型コロナウイルス感染症やエイズウイルス(HIV)対応を中心に成長を加速する。... ほかにもRSウイルスや侵襲性アスペルギルス症などの感染症、注意欠陥多動性障害(...

難治性潰瘍の閉鎖を指標に、レダセムチドの有効性検討を目的とした多施設共同・非盲検・非対照試験で、2月に1例目の患者への投与を始めた。... 重症の場合、食道狭窄(きょうさく)や鉄欠乏性...

塩野義、再生誘導医薬で第2相試験 (2023/4/14 生活インフラ・医療・くらし1)

18歳以上で発症から25時間以内の急性期脳梗塞患者627人を対象に、レダセムチドか有効成分を含まないプラセボを5日間投与して有効性や安全性を評価する。... 慢性肝疾患や変形性膝関節症、心筋症など向け...

半月板は膝関節のクッションの役割を担う組織。... 膝の曲げ伸ばしで痛むほか、ひどい場合は歩行困難に陥るケースもある。 ... 同細胞が半月板の損傷部に生着し治癒を促進することから、...

名古屋大学の飯島弘貴YLC特任助教らと米ハーバード大学などの国際共同研究グループは、65歳以上の高齢者の約半数がかかるとされ、痛みを伴う変形性膝関節症の発症メカニズムを解明した。... 根治療法のない...

資本提携した2社はどちらも、保有技術がHALと親和性が高い。... ひろさきLIの技術は患者の自己軟骨細胞を使用し、損傷部位に移植することで膝関節のすり減りを修復する再生医療製品。... サイバーダイ...

根本治療がない難治性の変形性膝関節症の治療に使われることを想定している。 ... 組織の安全性、有効性を分析・解析しながら治験に備えている。 ....

日本触媒、細胞培養容器を提供 (2021/6/17 ヘルスケア)

日本触媒は3次元細胞培養容器「ミコセル」を変形性膝関節症に対する臨床研究向けに提供した。... 日本触媒とそばじまクリニックは今回の臨床研究で、患者自身の脂肪由来幹細胞をミコセルで細胞凝集塊とし膝関節...

血液のがんである多発性骨髄腫、脳のがんのグリオブラストーマ、薬の耐性がついた大腸がんについて、動物実験で有効性を示す結果が得られたという。... 副作用の少ない抗がん剤が作れる可能性がある。 ...

既に台湾で変形性膝関節症を適応症とする第1相臨床試験を実施中だ。痛み軽減などさまざまな効果が期待でき、同疾患の根本的な治療薬になる可能性があるという。

王子、医薬品でレクメドと提携 (2020/12/1 総合3)

レクメドは木質資源由来の医薬品有効成分「ポリ硫酸ペントサンナトリウム」を開発し、ムコ多糖症や変形性膝関節症などを適応症とした臨床開発を進めている。

変形性膝関節症などの運動器疾患について、新規治療法の確立を目指す。

このほど同容器を変形性膝関節症の臨床研究に提供することが決まった。... 臨床研究対象の変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減るなどして膝の形が変形し、痛みや腫れを伴う。臨床研究でミコセルの安全性を実証し、...

塩野義製薬とステムリム、再生誘導医薬で臨床実施契約 (2020/7/7 素材・医療・ヘルスケア)

新たに慢性肝疾患、変形性膝関節症、心筋症の3疾患を対象とする。 ... 大阪大学などで実施された第2相臨床試験では、皮膚や粘膜のただれが生じる表皮水疱(すいほう)症へ...

膝関節症治療に活用 セルソースは再生医療現場で使われる幹細胞の抽出・培養および血液の加工を手がける。... 「幹細胞、PFC―FDともに変形性膝関節症の治療に活用...

脂肪とともに細胞を入れると、定着率が数割上がる可能性があるという。... 従来、変形性膝関節症の治療に活用してきたが、細胞の関節や脂肪との親和性が高いという特徴に着目し、乳房再建手術にも活用の幅を広げ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン