電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

93件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

課税所得が生じる黒字企業が対象で、控除限度額を超えた分は最大4年間繰り越し控除が可能。... このほか法人事業税の一つである「外形標準課税」では、資本金1億円の現行基準を維持することに加え、資本金と資...

争点の一つが「資本金1億円超」を基準としている外形標準課税の適用拡大だ。... (小林健人) 経産省は「大企業が減資や分社化によって外形標準逃れを行うことへの対策は必...

大企業が資本金を意図的に減らして法人事業税の外形標準課税から逃れる動きの対策も議題となる。

総務省の地方財政審議会は14日、資本金1億円超の大企業に課す外形標準課税の見直しに関する意見書を鈴木淳司総務相に提出した。... 外形標準課税は、都道府県が企業に課す法人事業税の一部で2004年度に導...

「外形標準課税」の適用対象を拡大する議論が、総務省の有識者会議で行われている。... 外形標準課税は、企業が都道府県に納める法人事業税の課税方式の一つで、資本金1億円超の企業なら赤字企業でも納税義務が...

総務省の有識者検討会は6日、資本金1億円超の大企業を対象とした法人事業税の外形標準課税の見直しについて議論を行った。資本金を意図的に減らして課税を逃れるケースを防ぐため、資本金と資本剰余金の合計が一定...

大企業が資本金を減資し、法人事業税の外形標準課税の対象から外れる事例が相次いでいることをめぐり、総務省の有識者検討会は12日、制度の見直しに向けた議論を行った。... 外形標準課税は資本金1億円超の大...

大企業は赤字でも外形標準課税を負担する必要がありますが、中小企業は免除されるなど税制優遇のメリットがあります。

日商がこうした大規模な大会を開催するのは法人事業税への外形標準課税導入への反対を表明した2002年以来、15年ぶり。

消費税率引き上げに対し、個人消費喚起など有効な対策を講じることを要請したほか、事業承継時の税制優遇措置、中小企業に対する外形標準課税導入への反対などを表明した。

「外形標準課税や留保金課税など、大企業は別として、中小企業は受け入れる余地がない」としている。

また、中小企業の特性に着目した税制では軽減税率の維持延長、中小企業投資促進税制の上乗せ措置を含めた延長を求めるとともに、外形標準課税の適用拡大や減価償却制度の定額法への統一などに反対した。 &...

大阪の4団体、中小再生支援策で政府へ緊急要望 (2016/9/16 中小企業・地域経済1)

一方、税法上の中小法人の定義縮小や外形標準課税などの中小企業への課税強化には反対した。

地方強化の税制整備を 承継促進など中経連が意見書 (2016/9/6 中小企業・地域経済2)

事業所税や外形標準課税は雇用を抑制するとして廃止すべきだとした。

仁張工作所(大阪府東大阪市)の仁張正之社長は「税負担では大手と中小の不公平感が現状あり、それを助長しないでもらいたい」と、消費増税先送りの代替財源として外形標準課税など中小企業にしわ寄...

東京五輪を商機に−都中央会が「アイデア大賞」創設 (2016/7/8 中小企業・地域経済2)

また、全国大会への提出案件では、海外経済の不確実性の高まりや、熊本地震の経済に与える影響もあり、わが国経済の礎である中小企業・小規模事業者をより重視した施策を大胆かつ迅速に講じることなどとともに、中小...

増税再延期に伴う財源確保のため、中小・小規模企業の負担増につながる外形標準課税の適用拡大のないよう求めている。

また自動車取得税の17年度廃止に伴う代替税源も勘案し、取得税より低率な環境性能課税を導入することで実質減税とする。 ... 法人減税の代替財源として法人事業税である外形標準課税を拡大...

16年度の29・97%に続く2段階の引き下げに必要な1兆円規模の財源を確保するため、赤字企業にも課税する外形標準課税の拡大、赤字を翌期の黒字と相殺できる繰越欠損金制度の控除限度額縮小、租税特別...

■代替財源1兆円 一方、法人実効税率の引き下げで目減りする税収を補うため、赤字企業でも事業規模に応じて課税する外形標準課税を拡大するほか、先端設備の投資を促す「生産性向上設備促進税制...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン