1,103件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

大和ハウス工業は8日、6月1日に提案を始めた2種類のテレワーク専用ルームが、新築一戸建て住宅向けに1カ月間で56戸の契約があったと発表した。

【門真に大型拠点】 新西部物流センターは第二京阪道路の近くで、旧門真市立運動広場とその周辺区域を大和ハウス工業が区画整理する場所に設ける。日伝が21年から20年間、約82億円で大和ハ...

新物流センターは門真市が分譲していた旧運動広場などの敷地を大和ハウス工業が区画整理する場所に新設する。日伝が20年間、約82億円で大和ハウスから土地・建物を借り受ける。

大和ハウス工業は29日、2021年度を最終年度とする中期経営計画で、全体の投資額を当初計画比3000億円増の1兆3500億円に増やすと発表した。

さあ出番/エネサーブ社長・井上博司氏 省エネ事業育成、2本柱に (2020/6/30 建設・生活・環境・エネルギー2)

大和ハウス工業グループで環境エネルギー分野を担う1社として意欲を見せる。

新型コロナ/仕事・子育て両立 住宅各社、効率的な間取り提案 (2020/6/26 建設・生活・環境・エネルギー)

かげやまモデル 積水化学工業は教育クリエイターの陰山英男氏の考えを基にした子どもが賢く育つ間取り「かげやまモデル」を売り込む。... 大和ハウス工業はリビングと地続きの場所に仕事部屋...

ソニーや大和ハウス工業、富士フイルムホールディングス(HD)など東証上場747社(東証集計)が一斉に開催する。

【コロナ関連記事】総合2、総合3、国際・商社、自動車、機械・航空機 1、電機・電子部品・情報・通信、素材・医療・ヘルスケア、建設・生活・環境・エネルギー、商品市況、科学技術・大学、東日本・西日...

さあ出番/大和物流社長・木下健治氏 ソリューション提案重視 (2020/6/17 建設・生活・環境・エネルギー)

大和ハウス工業の建材を筆頭にモノを運ぶ物流事業を担うが、顧客の物流センター建設を含め物流課題に包括対応する事業を強化する。 連結売上高739億円のうち7割は大和ハウスグループ以外で占...

大和ハウス、IoTモデル住宅実証 神奈川・藤沢市で公開 (2020/6/5 建設・生活・環境・エネルギー)

大和ハウス工業はIoT(モノのインターネット)対応一戸建て住宅のコンセプトモデルを神奈川県藤沢市内の分譲住宅地に設置、6日に公開する。

大和ハウス、佐賀・鳥栖市に新物流施設 (2020/6/4 建設・生活・環境・エネルギー2)

大和ハウス工業は複数の企業が入居できるマルチテナント型物流施設「DPL鳥栖(仮称)」を佐賀県鳥栖市に新設する。

新型コロナ/大和ハウス、テレワーク向け住空間2種投入 (2020/6/3 建設・生活・環境・エネルギー)

大和ハウス工業はテレワーク利用を想定した2種類の住宅用空間を考案、提案営業を始めた。

大和ハウス、広島市に物流施設建設 中国・四国地域最大 (2020/6/3 建設・生活・環境・エネルギー)

大和ハウス工業は中国・四国地域最大の1フロア面積を持つマルチテナント型物流施設「DPL広島観音=イメージ」を広島市西区に建設する。... 工業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」内に開発し、進出...

奈良県立医科大学とMBTコンソーシアム(奈良県橿原市)は、大和ハウス工業などMBT会員企業3社と共同で、新型コロナウイルス感染症に対応する仮設棟「MBT感染症外来ユニット」を開発した。... 前回に連...

津田駒工業の子会社の共和電機工業(金沢市)は、4月に感染者を確認した後、工場の一部操業を止めて消毒作業を実施。... 大和ハウス工業の芳井敬一社長も「ライフスタイルの変化に対応した(住宅や商業・物流施...

大和ハウスの通期見通し、減収減益 新型コロナ影響 (2020/5/15 建設・生活・環境・エネルギー)

大和ハウス工業は14日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021年3月期連結業績予想の売上高、営業利益がいずれも11期ぶりに前年同期比で減少すると発表した。

THIS WEEK (2020/5/11 総合2)

11日(月)仏滅 ■政治・経済 ▽4月27日の日銀金融政策決定会合「主な意見」 ■産業・企業 ▽経団連会長会見 ▽4月の車名別新車販売(日本自動車販売...

新型コロナ/大手ゼネコン、建設工事を原則中断 大型連休まで (2020/4/20 建設・生活・環境・エネルギー)

他方、住宅メーカーの大和ハウス工業も新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、全国にある住宅や商業施設などの施工現場を対象に、可能な物件は5月10日まで休工とする方針を決めた。

大和ハウス工業は5月6日まで国内の全76事業所を一時閉鎖する。

JR貨物と大和ハウス、札幌のマルチ型物流施設を共同開発 (2020/4/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR貨物は15日、札幌市白石区の札幌貨物ターミナル駅構内で計画していたマルチテナント型物流施設「レールゲート」について、大和ハウス工業との共同事業として開発すると発表した。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる