電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

12件中、1ページ目 1〜12件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

三菱電機は気象衛星「ひまわり」や位置測定や時刻配信などを行う衛星測位システムの準天頂衛星「みちびき」など日本を代表する人工衛星の地上設備や、「はやぶさ2」など宇宙の遠方へ向かう深宇宙探査機と通信する美...

軌道のずれを捕捉するアンテナ操作や頻繁な衛星との通信など、ダイナミックな運用になるという。... JAXAの大型アンテナ(口径34メートル、同54メートル、同64メートル)と、福井工大...

JAXA保有の口径34メートル、同64メートルのアンテナのほかで、エクレウスの電波を受信した唯一の民間基地局となる。 ... 新たなアンテナ2基を計画する中で、地球周回衛星を想定した...

電気通信機器組立工 三菱電機通信機製作所 米田 勉 氏 大型アンテナ、現地作業 三...

地域発の目玉技術では、福井県工業技術センターが太陽光発電の機能を持った糸の編み物生地や、超小型人工衛星用の伸縮アンテナなどを展示。福井工業大学は大型アンテナの整備計画など、宇宙関連の活動を発信し、福井...

畳んだアンテナを宇宙で広げ、データ送受信、発電の技術が中核となる。 シンスペクティブは小型の機体に大型アンテナを搭載した135キログラム級のSAR衛星を...

そのため、深宇宙通信では離散的な信号を扱うこととなり、そのタイミングを正確に測定することができる装置、大出力の送信機や感度の高い大型アンテナ、低雑音の受信機が必要となる。

JAXA保有のアンテナを主に、福井工大の地上局がサブの役割を担う。

他方、1989年から測地や電波天文観測に使われてきた情報通信研究機構(NICT)の鹿島34メートルアンテナのような大型カセグレンアンテナでは焦点で必要とするフィードのビーム幅が細く、広...

新報国製鉄、“ゼロ熱膨張合金”提案 宇宙関連産業向け (2018/11/29 素材・ヘルスケア・環境)

【川越】新報国製鉄は人工衛星や超大型天体望遠鏡など宇宙関連産業向けに、低熱膨張合金(インバー合金)の提案を始めた。... 新報国製鉄では天体観測だけでなく「空から波長を受けるという行為...

従来の低周波向け大型アンテナの置き換えのほか、船舶への搭載などの用途開拓を目指す。 ... 海水は、通常のアンテナを構成する金属に比べて導電性が低い。アンテナに必要な水柱の太さをシミ...

電波をとらえるパラボラアンテナは大型化するほど解像度が増す。... これで直径18・5キロメートルの大型アンテナに相当する解像度を得ようというわけだ。 ... 人類は次第に望遠鏡を大...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン