12,536件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

将来の成長のタネとなる沖縄科学技術大学院大学は12年の開学ながら、英科学誌「ネイチャー」発行会社の調査で国内大学トップになるなど高評価を得ており、波及効果も期待される。 &...

労働市場や科学技術イノベーションをめぐる法政策研究に従事し、京大大学院法学研究科助教、米ハーバード大学フェアバンク研究センター客員研究員、政策研究大学院大学台湾フェローを経て、19年秋より現職。...

北海道大学大学院の桂真也助教と青木稔弥大学院生(当時)らは、2018年の北海道胆振東部地震で発生した斜面崩壊における水の役割を解明した。

東京農工大学大学院の堀口元規助教(研究当時)と岡田洋平准教授らは、燃料や下水汚泥などの燃焼プロセスの高効率化および安定運転に向け、燃焼灰の高温付着性を下げる技術を開発した。

04年ケロッグ経営大学院卒業、同年米ゼネラル・エレクトリック(GE)入社、08年楽天入社、09年丸紅再入社、19年次世代事業開発本部副本部長兼新事業開発部長。

東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座助手、同講師、米国スタンフォード大学医学部研究員を経て、2016年から現職。

北陸先端科学技術大学院大学の金子達雄教授、海洋研究開発機構の若井暁副主任研究員、島津製作所などのグループは、紫外線を受けると水溶性になり微生物分解するナイロン新素材を開発し、分解特...

ユニークなのが沖縄科学技術大学院大学のスタートアップ支援プログラムだ。

長岡技術科学大学大学院工学研究科の磯部浩已教授は、超音波振動によるテクスチャリング(表面粗し加工)技術の用途開発を進めている。

歴史的な出来事が次々に起こる中で、ハーバード大学経営大学院の学生たちはどんなことを学んだのだろうか。... 01年米コロンビア大学経営大学院修了(MBA)。

【北九州】九州工業大学は、大学院工学研究院に所属する日本、ジンバブエ共和国、ウガンダ共和国の3カ国の学生で超小型人工衛星3機を開発した。

【略歴】呉柏勲氏 01年国立台湾科技大学大学院経営情報システム学卒業、同年鴻海精密工業入社。

群馬大学大学院の平川秀忠准教授らはクレハと共同で、重度の食中毒を起こす腸管出血性大腸菌「O157」の無毒化に成功した。

(火曜日に掲載) ネットワーク研究所・フォトニックICT研究センター・光アクセス研究室...

サステナブル企業経営 持続可能性への取り組みを企業経営へ取り入れる動きが急速に進捗(しんちょく)している。ESG(環境・社会・企業統治)投資...

沖縄科学技術大学院大学の北野宏明教授・ソニーコンピュータサイエンス研究所(東京都品川区)社長は、2050年を目標にノーベル賞級の発見をするAIシステムを目指す国際プロジェクト「ノーベル...

GVC成功へ4つの論点 日機連が調査報告書 (2022/5/6 機械・ロボット・航空機)

【環境】企業は脱炭素技術開発普及を 「環境」は東京大学公共政策大学院の有馬純特任教授が報告した。

ISIDと名大、AIでEPS早期発見 重症度判定研究 (2022/5/4 電機・電子部品・情報・通信)

EPS評価尺度「DIEPSS」の開発者である名古屋大学大学院医学系研究科の稲田俊也特任教授の総括の下、EPSの重症度判定を行うAIモデルを共同で開発する。

山梨大学大学院総合研究部工学域の秦康範准教授は「物流は長期間、完全に止まる。... 災害社会科学などに詳しい東京大学大学院情報学環・学際情報学府の関谷直也准教授は、「まず従業員の安全を守ることは企業活...

研究責任者である同大大学院医療情報処理技術応用研究分野の小林泰之教授は「理想の病院たる条件の一つとして、患者さんの居心地を良くするためにロボットをどう役立てられるかを探ろうと考えた」と狙いを明かす。&...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる