電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.037秒)

株式上場ニューフェース/QPS研究所 衛星運用、観測データ提供 (2024/4/30 中小・ベンチャー・中小政策)

大西俊輔社長は資金調達について「市場に出たことで柔軟性が高く検討できる」と説明する。... 同時並行で製作できる機数が増え、「より安定的に衛星作りを進められる」(大西社長)。 ...

「これまで支えていただいた方々に感謝したい」と思いを込めるのは、QPS研究所社長の大西俊輔さん。

九州大学発の宇宙ベンチャーであるQPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)は、曇りや夜でも観測できる小型の合成開口レーダー(SAR)衛星を開発・製造している。... Q...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とQPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)は、合成開口レーダー(SAR)のデータを軌道上で画像化す...

QPS研、衛星打ち上げ成功 (2023/6/14 西日本)

QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)の人工衛星打ち上げが13日成功した。... 大西社長は「うれしさと緊張が半分ずつ。

その上で同社の大西俊輔社長は「衛星の安定した生産システムの確立、輸送手段の確保が重要。

QPS研究所(福岡市中央区)の大西俊輔社長らが講演する。

QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)は、九州大学の小型人工衛星を開発する技術を基盤にビジネスを展開してきた。... 大西社長は「SAR衛星の衛星コンステは世界でも例が少ない。

QPS研究所の大西俊輔社長は「次号機の打ち上げに向けて歩みを止めずに取り組む」とした。

経営ひと言/QPS研究所・大西俊輔社長「支援あってこそ」 (2022/3/29 中小・ベンチャー・中小政策)

「地元企業の協力や行政の支援あってこそ」と感謝するのはQPS研究所(福岡市中央区)社長の大西俊輔さん。

QPS研究所、衛星データ事業加速 8社から38億円調達 (2021/12/10 電機・電子部品・情報・通信)

QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)は9日、スカパーJSAT、日本工営など8社を引受先として総額38億5000万円を調達したと発表した。

インドのサティシュ・ダワン宇宙センターからのモニター映像には打ち上げを見守る大西俊輔社長の姿があり、センターで交わされる声が会場に響いた。

超小型レーダー衛星1号機 QPS研、打ち上げ成功 (2019/12/13 中小企業・地域経済2)

QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長、092・751・3446)は、インドのサティシュ・ダワン宇宙センターから超小型レーダー衛星1号機「イザナギ」を11日に打ち上げた。

【福岡】QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長、092・751・3446)は、開発した小型衛星の初号機をインドのサティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げる。... 大西社長は「短期...

輝け!スタートアップ(11)QPS研究所 (2019/8/29 中小・ベンチャー・中小政策)

大西俊輔社長が入社したのは13年。... 大西氏は「良い土壌を発展させていきたい」との思いから意志を貫いて入社。... それらを実現できた要因は「設計思想が違う」(大西社長)ためだ。

九州大学発の宇宙ベンチャーであるQPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長、092・751・3446)は、2024年にも100キログラムの小型衛星36機を地球周回軌道上に打ち上げ、地球上...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン