32件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

磁気圏は、太陽から流れてくる電子や陽子で構成される電離ガス(太陽風)の侵入を妨げるバリアーの役割を担っている。 ... 閉じ込められている電子は、太陽風の影響で磁気圏...

JAXAとESA、探査機3台で金星観測 (2020/10/13 科学技術・大学)

水星探査機には五つの科学観測装置が搭載されており、惑星の固有磁場や太陽風による周辺の環境を観測できる。

太陽風と呼ばれるプラズマ流もその一つである。 地球をはじめ太陽系の惑星には、太陽風が常に吹きつけている。... 太陽風の典型的な速さである毎秒400キロメートルでは、太陽風が天王星に...

太陽は光だけではなく、太陽風と呼ばれる磁場とプラズマからなる超音速の風も放出している。... 地球の場合、上層大気は太陽光によって電離され「電離圏」を、磁場は太陽風によって変形され「磁気圏」を形成して...

地球周辺のプラズマは主に太陽から供給されるため、太陽活動に応じてプラズマの量や状態は大きく変動する。... オーロラアラートは、太陽風の観測データを利用することで数時間先までのオーロラ活動度を予報して...

太陽系の水の分布や小惑星の起源、地球の水や生命の起源の解明につながる。 ... さらに太陽風や微小隕石(いんせき)の衝突などが原因と考えられるエネルギーが含水鉱物を加...

【ワシントン=時事】米航空宇宙局(NASA)は10日、1977年に打ち上げられた無人宇宙探査機「ボイジャー2号」が11月5日に、太陽から高速で吹き出る粒子「...

人工構造物として史上最接近 4300万km内通過 【ワシントン=時事】米航空宇宙局(NASA...

太陽に最も近い高温の極限環境にある水星の解明が進めば、惑星の標準モデルの再構築につながる可能性がある。... 五つの科学観測装置を搭載し、水星の固有磁場や、磁場や太陽風などによる周辺の環境、大気などを...

過去のどの探査機よりも太陽に接近し、太陽を薄く包む高温のガス「コロナ」を通過。高速で噴き出る粒子「太陽風」などを観測する。 ... 太陽周辺の軌道を7年間で24周し、太陽表...

オーロラ嵐は、プラズマの風「太陽風」のエネルギーが地球磁気圏に蓄えられ急激に解放されて起きる現象。

このように太陽の外層大気(太陽コロナという)ではしばしば爆発現象が発生し、それに伴って太陽から外に向かってガス(プラズマ)の塊が放出される。... しかし、実際の伝搬所...

太陽に最も近く高温の極限環境にある水星の解明が進めば、惑星の標準モデルが再構築されるかもしれない。... 【磁場・大気観測】 JAXAの開発するMMOは、五つの科学観測装置を搭載し、...

木星周辺の高エネガス、理研が輸送機構解明 (2017/5/24 科学技術・大学)

さらに木星から700万キロメートル以内の場所に蓄積された火山ガスと木星の磁場のエネルギーに太陽風が加わることで高エネルギーガスが発生し、そのガスが木星まで運ばれた可能性を示した。

さらに太陽風により鉱物表面に水素やヘリウムが入り込み作られた“水ぶくれ”構造や、粒子同士がこすれて摩耗した模様も見つかった。

地球内部では液体の外部コアが対流して地磁気を発生させ、太陽風から地表を守っている。

太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどによる発電施設を増やし、地中熱や太陽熱なども組み合わせながら、2040年をめどに県内の1次エネルギー需要に相当する再エネを大量導入する。... 地域イノベーショ...

木星の磁気圏活動と太陽風との相互作用を調べるという大がかりな観測で、木星などの惑星環境の謎に挑んでいる。

太陽から吹き出す高温で電離したプラズマである太陽風と関係する惑星大気の流出メカニズムなどの研究に役立てる。

太陽から吹き出す高温で電離したプラズマである太陽風と関係する惑星大気の流出メカニズムなどの研究に役立てる。... 衛星には自由に折り曲がるシート状の高効率薄膜太陽電池セルや、温度範囲がマイナス20―8...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン