電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

447件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JAL、SAFの価値証書化 (2024/4/12 生活インフラ・医療・くらし2)

また、この証書は第三者機関による妥当性確認を受けており、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)などが求めるCO2排出量削減の開示情報算出に使うことができる。

さらにチャプター4では、一層の利益確保のためのコストダウンの方向性を決める各種分析法の使い方、実際のプレス工程を対象とした材料費・加工費のコストダウン事例を紹介する。 中小部品製造業...

公開した1段目を出荷後に極低温点検を実施する予定だが、その時に新たに発射場に取り付けた機体把持装置の妥当性を検証する。極低温点検時は風の影響などで先端部分が揺れる課題があり、点検時の安全性を高めるため...

アイデアや技術の妥当性、社会実装された際の波及効果などを評価し、1位の研究チームには1000万円を交付する。

エアロエッジ、チタンアルミ合金量産 内製で調達負担軽減 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機2)

ブレード製造の生産性向上による加工原価の抑制のほか、チタンパウダーなど原料の使用量削減も見込める。 ... このほど独自工法の材料プロセスの妥当性の検証が完了し、事業化の検討を始めた...

フレームワークス、物流施設の整流化支援 システム7月投入 (2024/2/22 生活インフラ・医療・くらし)

データ蓄積により、計画値の妥当性や対処結果の評価などの分析がやりやすくなる。

ニュース拡大鏡/東和薬品、BCP拡充 複数工場で同品目生産 (2024/2/9 生活インフラ・医療・くらし2)

市場性ある品目や今後の需要増が見込める品目を中心に、現在生産する工場と別の工場でのデータ検証や作業プロセスの妥当性確認(バリデーション)を進める。 ...

JX金属、100%再生電気銅を来年度投入 マスバランス方式採用 (2024/2/1 素材・建設・環境・エネルギー1)

マスバランス方式を用いた商品の実現のため、実行管理体制の妥当性について第三者認証機関による検証作業も進めている。

木質バイオマスが成長過程で大気中から吸収したCO2を難分解性の炭素としてコンクリートに固定する。 ... CO2固定量の妥当性について、第三者の認証取得の準備を進めている。

東ガス、浮体式洋上風力を低コスト化 ブロック分割工法で量産 (2024/1/29 素材・建設・環境・エネルギー)

東京ガスは浮体式洋上風力発電の低コスト化に向けた浮体式基礎の量産化手法を検証し、妥当性を確認した。浮体式基礎は従来、造船所ドックで製造から組み立てまで一気通貫で行われてきたが、ブロックに分割して設計・...

商船三井、海洋温度差発電の取水管設置を検討 モーリシャスで調査 (2024/1/24 生活インフラ・医療・くらし1)

候補地として選定された同国南南西部に取水管を設置する際の条件を調査・分析し、候補地の妥当性を検証する。

また共同配送の場合でも輸送コストや人件費、CO2排出量の観点で妥当性を検証し、効果的な共同配送計画を可能とする。

1Fの原子炉内や原子炉建屋内には今も、放射性セシウムが大量に残っており、廃炉作業によって水に溶け出したり、再び浮遊したりする可能性がある。... さらにデータベースによる解析値の妥当性を検証するため、...

おしゃれ感、独創性、屋外広告としての認知性、会員制交流サイト(SNS)などによる伝播性、妥当性の5項目で審査。

直近では2016年に検査項目の妥当性が検討されたが、具体的な見直しには至らなかった。

港湾の脱炭素“見える化” 国交省がCNP認証 (2023/12/7 生活インフラ・医療・くらし)

各コンテナターミナルが脱炭素化のために実施している取り組みの情報を収集し、評価基準の妥当性や認証機関側の判断能力、体制などを確認するのが狙い。

JFE、原料炭の価格是正に寄与 スポット取引拡大 (2023/12/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

電炉、27年度稼働は妥当 JFEスチールは原料炭価格の高止まりを是正するため、スポット市場での取引を増やす。... 一方、倉敷地区における電炉の稼働時期を27年度...

鹿島、月面施工技術の妥当性確認 水掘削・運搬を想定 (2023/11/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

鹿島は自動遠隔建設機械による月面での作業を想定した実証実験で、特定領域における施工に必要な技術の妥当性を確認した。... 月の北極や南極のクレーター内部など周囲より低く長時間日の当...

全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット、東京都千代田区、辻松雄理事長)と連携し、複数の試験工程で不具合が見つけられなかった要因、復旧対応の妥当性などを調査する。

南海、私募リート運用開始 (2023/11/6 生活インフラ・医療・くらし)

同投資法人の対象資産の概要や取引条件は非公表だが、不動産鑑定書取得で価格妥当性を確認した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン