電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

しかし、疑似胚盤胞が子宮内膜に接着した後、胎盤になる細胞が子宮内膜の上皮細胞を破って浸潤し、間質細胞に融合する現象まで観察できたのは世界初だという。子宮内膜を実験容器内で血管内皮細胞や間質細胞と一緒に...

住友ファーマの子宮筋腫・内膜症薬、カナダで承認取得 (2023/10/23 生活インフラ・医療・くらし)

住友ファーマは子宮筋腫・子宮内膜症治療剤「マイフェンブリー(販売名レルゴリクス)」がカナダで承認取得した。カナダの子会社が、カナダ保健省から閉経前の女性の子宮筋腫に伴う過多月経での適応...

住友ファーマ、収益力強化 北米・アジアで製品・販路拡充 (2023/7/28 生活インフラ・医療・くらし2)

(大阪・市川哲寛) 北米では進行性前立腺がん治療剤「オルゴビクス」、子宮筋腫・子宮内膜症治療剤「マイフェンブリー」、過活動膀胱治療剤「ジ...

ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)を実験容器内で立体的に培養し、受精卵が成長した胚盤胞が子宮内膜に着床して体の基本的な構造ができる直前までの状態を模擬的に再現できたと、米エール大学の研究チー...

サルの胚性幹細胞(ES細胞)を実験容器内で培養して胚盤胞に似た「ブラストイド」を生み出し、別の雌ザルの子宮に移植して着床させたと、中国科学院神経科学研究所や清華大学などの研究チームが6...

収益源として成長を期待するのが、マイオバントの進行性前立腺がん治療剤「オルゴビクス」と子宮筋腫・子宮内膜症治療剤「マイフェンブリー」。

2005年以降、女性就業者数は東日本大震災が発生した11年と新型コロナ感染症が発生した20年を除いて増加傾向にあるが、これに伴い子宮筋腫、子宮内膜症、月経困難症、更年期障害、女性不妊症などの女性患者数...

子宮内膜症の痛みの評価や血友病など八つの臨床開発プロジェクトではデジタルバイオマーカーを用いている。

そうして生まれた受精卵は、成長しながら卵管を通って子宮へ向かう。... これが子宮壁に着床する。着床とはいうけれど、実際には地面に落ちた種子のように、子宮内膜にもぐり込んで根を張っていくらしい。...

働く女性の婦人科受診促進 製薬各社、啓発・対応急ぐ (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア1)

バイエル薬品(大阪市北区)は増加傾向にある子宮内膜症などの疾患を相談できるサービスを行う。... アプリ内のチェックリストから月経異常や止血異常について回答すると同疾患の可能性が表示さ...

富国生命は、4月に発売した医療保険に子宮筋腫と子宮内膜症、子宮腺筋症の投薬治療を保障する特約を付けた。... 妊娠や子宮筋腫などの症状の場合、異常があっても、産婦人科を受診するほどではないと捉える人も...

エーザイの子宮がん薬、台湾で承認 (2022/4/5 素材・医療・ヘルスケア1)

エーザイの抗がん剤「レンビマ」と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」の併用療法が、全身療法後に増悪した根治的手術または放射線療法に不適応な進行性子宮内膜がんに関して、台湾で承認を取得した。&...

「例えば子宮内膜症の患者とそうでない人の血液を測ると、前者からはビスフェノールAという添加剤やプラスチックの原材料が出てくるが、もう一方からは出てこない。

中外製薬、子宮内膜症の痛み数値化 デジタル評価法 (2022/1/20 素材・医療・ヘルスケア2)

中外製薬は子宮内膜症の臨床試験(治験)で患者の痛みを客観的な数値で表せる評価方法を開発する。... 患者から集めたデータを分析中で、今後、子宮内膜症治療薬...

エーザイと米メルクの日本法人MSD(東京都千代田区、カイル・タトル社長)は、エーザイの抗がん剤「レンビマ」とメルクのがん免疫薬「キイトルーダ」の併用療法が、進行性の子宮体がんの適応で厚...

エーザイの抗がん剤「レンビマ」と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」の併用療法が、いずれも進行性の腎細胞がんと子宮内膜がんに関して欧州医薬品委員会(CHMP)から承認勧告を受...

エーザイ、がん治療薬の併用療法でFDA承認取得 (2021/8/19 素材・医療・ヘルスケア1)

同併用療法は子宮内膜がんでも米国で承認されており、計2種類のがんに適応拡大したことになる。

エーザイの抗がん剤「レンビマ」(一般名レンバチニブメシル酸塩)と米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」(同ペムブロリズマブ)の併用療法が進行性子宮内膜がん(子宮体...

「MORAb―202」は、子宮内膜がんや乳がんなどを対象に、国内と米国で臨床試験(治験)を実施中で、2022年にも最終段階の治験に移行する予定。

注目集まる「フェムテック」 生理ケア、多様化進む (2021/5/5 素材・医療・ヘルスケア)

生理は「子宮内膜」という組織が子宮の壁から剥がれることで起こる。子宮内で赤ちゃんを育てる“布団”のような役割を果たす組織で、妊娠しない月は使わないため、剥がれて外に出て行く。... だが、子宮内膜症や...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン