142件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

宇宙科学の潜在力を国民に分かりやすくアピールしたい」(冨井哲雄) インタビュー/科学技術担当相・井上信治氏 社会課題解決に「総合知」 ―科学技術の...

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

民間参画、計画持続のカギ 宇宙は未開拓資源とともに、新たなビジネスチャンスの宝庫だ。国際競争は激化し、米国は月や火星の資源探査を本格化させるアルテミス計画を展開。... 日本も昨年、...

2021予算/宇宙開発、23%増4496億円 (2020/12/28 科学技術・大学)

2021年度の政府全体の宇宙開発関係予算案が20年度比23・1%増の4496億円となることが分かった。... 井上科技相は「宇宙基本計画改定後の最初の政府予算案としてふさわしい力強い結果となった。宇宙...

2024年にも月面に宇宙飛行士を送る米国の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に日本が参加を決めてから1年がたつ。... また、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「宇宙基本計画」が5年...

政府の宇宙政策委員会は3日、国の宇宙開発計画実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂案を示した。5年ぶりに改訂した「宇宙基本計画」の実行に向けた取り組みの具体化と加速を進める。... 宇宙状況監視...

三菱重工、データ中継衛星の打ち上げ成功 (2020/12/1 科学技術・大学)

宇宙空間での光通信技術「光衛星間通信システム」の開発につながる。 井上信治科学技術担当相は「宇宙基本計画の大きな柱である安全保障強化や基盤技術強化が着実に推進する」と期待を込めた。

内閣府宇宙開発戦略推進事務局がまとめた。... 5年ぶりに改定された宇宙基本計画の課題に対応した要求を各省庁が行った。... 宇宙科学・探査は、文科省が宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国の「アルテミス計...

5年ぶりに改定された宇宙基本計画のキャッチフレーズである「独立した宇宙大国」を目指し、宇宙開発の促進が期待される。 文科省は、24年に宇宙飛行士の月面着陸を目指す米国の「アルテミス計...

今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「宇宙基本計画」が5年ぶりに改定された。... (飯田真美子) 人工衛星の役割拡大 AI活用、新たな産業創出 宇...

また、日本は「有人」での探査などは計画されておらず、すべて無人で行われるため宇宙に人が行く機会が少ない。... 他国で人が宇宙に行く計画が進んでいるだけに、日本の宇宙に対するビジネスセンスのなさを感じ...

“自立した宇宙利用大国”となるには、産業界との連携強化が不可欠だ。 政府は今後10年間の宇宙政策を示した「宇宙基本計画」を策定した。安全保障や災害対策、宇宙探査などの分野で衛星利用を...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は29日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」改定案を決定した。... 同計画は2009年に初めて策定され、5年ぶりに...

月や火星にロケットなどを作る宇宙工場を作れれば、地球上とは別の作り方を提案できるかもしれない」 ―アルテミス計画に日本も参加します。 「アルテミス計画への参加のため...

内閣府の宇宙政策委員会は30日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」の原案を示した。... 情報収集衛星などの体制の確立や宇宙状況把握システムの運用開始などといった...

内閣府の宇宙政策委員会は10日、20年先を見据えた今後10年間の国の宇宙政策の基本方針となる次期宇宙基本計画の素案を示した。... 米国提案の国際宇宙探査に向けて国際ミッションを主導するなど宇宙科学・...

内閣府の宇宙政策委員会は28日、国の宇宙開発計画実施方針「宇宙基本計画工程表」の改訂版の原案を示した。... 12月に政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)で改訂版を正式決定する。 &...

JAXAなどの「イプシロン」と同じ固体燃料を利用する専用ロケットは19年内に基本設計を終え、20年から試験・製造段階へ移る計画だ。... 【政府も積極的】 日本政府は米国が進める月近...

政府は2020年6月にも宇宙開発の長期計画となる「新宇宙基本計画」を策定する。... 現行の宇宙基本計画は20年先を見据え、今後10年間の計画をどうするかを検討し、毎年12月に改定を実施している。&#...

今では活動の場が宇宙にまで広がり、海や宇宙にまでゴミをまき散らしている。... こうした宇宙開発の動きに清掃ビジネスを展開するのが、宇宙ゴミ除去ビジネスの宇宙ベンチャーであるアストロスケールホールディ...

宇宙ゴミは軌道上の人工衛星や宇宙機と衝突することで破壊につながる可能性がある。... 一方、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、19年度から宇宙空間に漂う大型の宇宙ゴミ除去技術の実証に向けた取り組みを...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる