28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

この例のように我々は地上で暮らしながら、人工衛星などによる通信や測位、気象観測、災害把握などに宇宙からの情報を利用している。 ... これら熱圏と電離圏では、地上の天気と同じように日...

このため情報通信研究機構(NICT)では「宇宙天気予報センター」を設置して、太陽と地球を取り巻く宇宙環境、すなわち「宇宙天気」の監視・予報を行っている。... また、宇宙天気予報センタ...

新型コロナ/情通機構、テレワーク実施 (2020/4/9 科学技術・大学)

測定器の校正などの一部のサービスの提供を停止するが、日本標準時や宇宙天気予報、サイバーセキュリティーの運用は続ける。

私たちは、シミュレーションを用いて惑星付近の太陽風変動を求め、惑星の宇宙天気応答を調べてきた。 ... 太陽風変動予測などの宇宙天気情報は惑星科学研究において重要であり、将来の安全・...

地上で妖艶なオーロラが出現しているとき、まさに宇宙は危険な状態にあるのである。... 情報通信研究機構(NICT)では、宇宙機の安心安全な運用を支えるため、地球周囲の宇宙空間のプラズマ...

情報通信研究機構(NICT)は、宇宙天気予報・警報を発信している国内唯一の公的機関である。近年、通信、測位をはじめとするさまざまな分野で、この宇宙天気情報の必要性が高まりつつある。&#...

私たちは毎日、宇宙天気の予報を行い、情報配信をしている。宇宙天気とは、太陽フレアに伴う宇宙嵐現象から社会インフラ影響までの全体を指す。日本では電離層よりも下層大気に対する予報を天気予報、それ以外を宇宙...

「宇宙天気の情報を幅広く発信している」と語るのは、情報通信研究機構理事長の徳田英幸さん。情通機構には太陽活動などを予報する宇宙天気予報センターがある。 ... 宇宙天気の研究は大学や...

情通機構は国際民間航空機関(ICAO)グローバル宇宙天気センターに認証されている。... ワサビーズで放射線量の増加が確認された場合、グローバル宇宙天気センターを介して航空会社に情報が...

過去の宇宙天気現象を把握することで、人工衛星の通信などに影響を及ぼす宇宙天気の知見として役立つ可能性がある。

さらに人工衛星の運用に関わるような地球近傍宇宙の電磁環境を示す「宇宙天気」を予報するための知見となる可能性もある。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、科学衛星「あらせ」の観測と地上観測網との協調観測の結果から、地球周辺の宇宙空間(ジオスペース)に存在する放射線帯「ヴァン・アレ...

宇宙機器や人体などへの影響を調べることは宇宙探査のための重要な研究テーマだ。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)研究開発部門第一研究ユニットの東尾奈々研究開発員は、宇宙...

NICTでは宇宙天気予報を毎日発表しており、このシステムを日々の予報業務に応用することを目指している。 (火曜日に掲載) ◇情報...

雲を越えた空のずっとむこう、いつしか宇宙に変わり、国際宇宙ステーションや人工衛星が飛翔し、オーロラや流星が光るところ。... この「宇宙への入り口」とも言える電離圏は、短波帯の電波を反射したり、人工衛...

「宇宙天気」とは、主に太陽を起源とする地球近傍宇宙の電磁環境を指す。... これら社会インフラに影響を与える諸現象を宇宙天気と呼び、その予報を行うことを宇宙天気予報と呼んでいる。 ....

初代はやぶさの技術をさらに発展させた深宇宙往復探査技術の実証も、今後の宇宙探査に大きな意義を持つ。 ... ドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究セン...

「落ち込みますね」と心境を明かすのは情報通信研究機構宇宙環境研究室長の石井守さん。宇宙天気予報の責任者を務め、9月上旬に通常の1000倍の太陽フレアと磁気嵐に警戒するよう予報を出した。 ...

宇宙の現象が通信などに悪影響を与える「宇宙天気」の予報精度の向上が期待される。 ... 欧州宇宙機関(ESA)の地球重力場観測衛星「ゴーチェ」を利用し、電離圏で波長1...

宇宙天気の影響による災害に素早く対応できる可能性がある。 ... 研究チームは、複数の機械学習の手法を太陽観測データに適用し、宇宙天気を予測する技術を開発した。... 宇宙天気の予測...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン