674件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

実現すれば、地上の電子機器だけではなく、宇宙空間にもセンサーの応用可能性が広がるかもしれない。... また、宇宙空間においても、放射線により個別のセンサーに異常や故障が起きても、他の多数のセンサーが正...

パナインダストリーの電子回路基板材料などを対象に宇宙空間での曝(ばく)露実験を実施し、地球帰還後の材料特性を評価。... パナインダストリーはSpaceBD(東京都中央区...

地球と小惑星では環境が異なり、カメラの校正には宇宙空間と同じ“黒さ”が必要だ。... 特殊な加工技術で惑星探査に必要な宇宙空間での観察技術を支えた。(飯田真美子) &...

同社の常間地CEOは「宇宙空間の光通信ネットワークを整備し、宇宙開発を通信分野から支えたい」と意気込む。 低軌道にある人工衛星のデータ通信を円滑にすることが目的で、宇宙空間で高速光通...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」で採取し、地球に持ち帰った砂から、生命を形作るたんぱく質の材料となるアミノ酸が20種類以...

ソニーグループは宇宙光通信事業を行う新会社を設立した。宇宙空間には約1万2000機の人工衛星があり、利用可能な電波による通信量にも限界が指摘されている。

マッハコーポレーションは宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で2019年にモノクロの耐放射線カメラを開発。... 200万グレイ以上の放射線に耐えられるため、福島第一原発や宇宙空間の...

ワープスペース(茨城県つくば市、常間地悟最高経営責任者〈CEO〉)は31日、宇宙空間での人工衛星向けの光通信ネットワークサービスを2024年冬―25年春に...

航空宇宙はもとより、真空引きが必要になる産業向けに幅広く採用されている。... 宇宙空間と同じ10万分の1パスカルという真空環境を実現する。... TMPははやぶさ2で評価されて以降、宇宙分野を手がけ...

三菱電機は17日、宇宙空間で3Dプリンターを使い人工衛星用アンテナを製造する技術を開発したと発表した。... 衛星や打ち上げ用ロケットの大きさに制約を受けずに大口径、薄型、軽量のア...

理化学研究所や欧米中などの国際研究グループは、鉄より重い元素が宇宙で作られる仕組みの解明に向け、100万分の1秒以下の寿命の粒子の質量を計測する手法を開発した。... 宇宙での重元素の成り立...

同衛星は18日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)に引き渡され、今夏にも宇宙空間に放出される。... 指導した宇宙システム工学研究系の趙孟佑教授は「バーズプロジェクトは多国間ネットワーク...

5月上旬に宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ引き渡し、ロケットで年内に打ち上げる計画。... 宇宙空間における衛星の位置特定など反射材の特性を検証していく。... 近畿大は学生の宇宙人...

届けられた試料は宇宙空間と同じ環境の真空チャンバーに運んだ後、分析がしやすい窒素を充填させたチャンバーに移して作業を始めた。

民間人だけの宇宙旅行や宇宙デブリの深刻化など宇宙空間をめぐる環境変化を踏まえ、社内横断のチームが中心となり宇宙特有のリスクを切り口とする新たな保険商品やソリューションの開発を進める。同社は「宇宙産業の...

地上・宇宙間の通信の効率化により、環境や自然災害、安全保障などの問題解決につなげる。 宇宙DC事業では、観測衛星などによって収集される膨大な各種データを静止軌道衛星経由で地...

設計や熟練の加工技術が宇宙分野で輝きを見せる。... DCAM3は衝突実験の時にはやぶさ2から宇宙空間へ放たれ、衝突予定地の約1キロメートル先からその瞬間を撮影した。 ... 同社は...

インターステラ、ロケット開発プログラム 三笠製など4社参画 (2022/4/22 中小・ベンチャー・中小政策)

インターステラは宇宙ベンチャー。同社の観測ロケット「MOMO」は19年5月に国内民間企業で初めて宇宙空間に到達した。

また、放射線の飛び交う原子炉や宇宙空間で、遮蔽(しゃへい)不要な小型機器でのモニタリングと通信は、到来するグリーン時代と宇宙進出の喫緊の課題である。

同じように宇宙でも、ロケットや人工衛星のような宇宙機を構成する電子部品が故障すると、宇宙機の動作に影響を及ぼすことがある。 宇宙用の電子部品の大敵とされているものの一つが放射線である...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン