電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,001件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

激動の経営/DAIZ(1)新社長に河野淳子氏 (2024/2/20 中小・ベンチャー・中小政策)

研究者約200人を擁し、株主には、日本鉱業(現ENEOSホールディングス)、宇部興産(現UBE)など大手が名を連ねた。

大日印、UBE子会社を買収 素材分析で価値創出 (2024/1/29 電機・電子部品・情報・通信)

USALは1987年に宇部興産(現UBE)の研究開発部門から分析・評価グループを分離、独立して設立した。

UBE三菱など、波板関連製品から撤退 国内需要減で (2023/7/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

UBE三菱セメントと連結子会社の宇部興産建材(東京都港区、岡崎正毅社長)は、宇部興産建材での波板と関連製品の製造、販売事業からの撤退を決めた。宇部興産建材の子会社であるウベスレート販売...

新役員/UBE 執行役員・石川博隆氏ほか (2023/5/22 素材・建設・環境・エネルギー)

【略歴】いしかわ・ひろたか=89年(平元)京大経済卒、同年宇部興産(現UBE)入社。... 【略歴】かわむら・りょう=91年(平3)中央...

関西電力、堺LNGを7月吸収合併 (2023/4/26 素材・建設・環境・エネルギー1)

2000年に岩谷産業、コスモ石油、宇部興産(現UBE)との共同出資により設立。

UBE(旧宇部興産)は、米国でのLiB電解液原料の生産に向け、ルイジアナ州を候補地に最終検討を進めている。

UBE(旧宇部興産)の直近4代の社長はさまざまな部門から就任している。順にさかのぼると、現在の泉原雅人社長は化学カンパニー、前社長の山本謙会長は宇部興産機械(現UBEマシナリー...

三菱ケミカルグループは20年にUBE(旧宇部興産)と電解液事業を統合し、生産体制や電池性能のカギを握る添加剤などの技術力を一層強化した。

CPL大手のUBE(旧宇部興産)によると、台湾などの大口需要家とのアジア契約価格は、1月に前月比100ドル安いトン当たり1550ドルに下落した。

検証2022/中堅化学が事業改革 汎用品から機能化学へ (2022/12/14 素材・医療・ヘルスケア)

UBEは4月に旧宇部興産のセメント事業を三菱マテリアルと統合させ、化学品事業に専念。

CPL大手のUBE(旧宇部興産)によると、台湾などの大口需要家とのアジア契約価格は、10月に前月比20ドル安いトン当たり1750ドルに下落した。

UBE三菱セメント、電気推進方式セメント運搬船を用船 (2022/9/5 建設・生活・環境・エネルギー)

運航はMUCCグループの宇部興産海運(山口県宇部市)が行う。

CPL大手のUBE(旧宇部興産)は、台湾などの大口需要家との5月のアジア契約価格を前月比150ドル安いトン当たり2170ドルとした。

UBE三菱セメント、“理想のオフィス”の新本社 組織力底上げ期待 (2022/5/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

従業員は当時の宇部興産と三菱マテリアルがセメント販売・物流部門を先行統合した「宇部三菱セメント」や母体2社のセメント製造部門、コーポレート部門などあらゆる組織から集まっている。 &#...

同社は4月にセメント事業を分離し、社名を宇部興産からUBEへ変更した。

新役員/UBE 執行役員・内貴昌弘氏 (2022/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

【略歴】ないき・まさひろ=91年(平3)阪大院理学研究科修了、同年宇部興産(現UBE)入社。

マツダは、10年頃からLIBの開発を始めており、18―21年には始動用12ボルトLIBで宇部興産などと共同開発を実施。

宇部興産からUBEへ社名変更し、化学事業の会社として再スタートした。

4月から…こう変わる (2022/3/31 総合3)

法制度 ▷成人年齢を18歳へ引き下げ ▷プラスチック資源循環促進法施行 ▷改正育児・介護休業法施行 ▷改正女...

宇部興産、CPL価格30ドル高2150ドル 3月アジア契約 (2022/3/25 素材・医療・ヘルスケア)

宇部興産は、ナイロン原料のカプロラクタム(CPL)の3月のアジア契約価格を前月比30ドル高いトン当たり2150ドルとした。... 宇部興産は原料の動向を踏まえつつ、4月にスプ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン