電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

85件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

リチウム電池向けコバルト、早期に海洋調査・採鉱 JAPICが提言 (2024/3/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本政府は経済安全保障政策上、日本の排他的経済水域(EEZ)内に賦存するコバルトリッチクラストの確保を重要視している。

政府の経済安全保障政策を踏まえ県内産業の振興を図る。

外交・安全保障政策で行政府が大きな権限を持つのは確かだと認めつつ、「日本は米議会や米国内で驚くべき厚い支持を得ている」として、日米連携は超党派の合意だと強調した。

政権発足後、新型コロナウイルス感染症対策や経済対策、安全保障政策の強化など、日本が直面する喫緊の課題に矢継ぎ早に対処してきた。... 安全保障政策では、防衛力の抜本的な強化に乗り出した。22年12月に...

日本商工会議所の小林健会頭も「改造内閣には、国民と企業の成長期待を高める大胆な経済財政政策を一気呵成に実行していただきたい」とコメントを寄せた。... 関西経済同友会の宮部義幸代表幹事は新内閣を「新鮮...

2021年10月に発足した岸田文雄政権が骨太の方針を作成するのは2回目で、岸田政権の看板政策「新しい資本主義」を加速させることで、構造的な賃上げの実現による分厚い中間層の形成を目指す。... 第3章は...

歴史の転換期を迎えた安全保障政策の議論が本格化する。 ... 政府は22年12月に閣議決定した「国家安全保障戦略」「国家防衛戦略」「防衛力整備計画」の安全保障関連3文書に反撃能力の保...

新時代の防衛力強化、一里塚 2022年12月16日、政府は「国家安全保障戦略」「国家防衛戦略」「防衛力整備計画」の安全保障3文書を閣議決定した。岸田文雄首相は「3...

岸田首相は防衛力の抜本的強化について「今回の決断は、日本の安全保障政策の大転換」と述べた。反撃能力の保有や南西地域の防衛体制の抜本強化、サイバー・宇宙など新領域への対応、防衛産業の基盤強化、研究開発成...

「強力なエネルギー安全保障政策がとられる。... 石油危機時の対応はエネルギー安全保障に集中したが、今回は両立が求められる。... 「新技術などでエネルギー安全保障と脱炭素の両立を図り、将来の長期的な...

安全保障政策の根幹は抑止力の強化とともに、安全保障環境を良くする外交的努力でなければならない。

近年の東アジアの安全保障環境について、政府は「戦後、最も厳しく複雑」と分析する。このため防衛力を大幅に強化すると同時に経済安全保障など各種の施策を動員。... こうした厳しい現実の前に、政府の安全保障...

安全なソフトウエア開発のための手法や必要な対策についてのガイドラインが整備されるとともに、連邦政府機関が調達するソフトウエアは本ガイドラインに準拠していることを条件とする要請を行っている。 &...

経済安全保障への対応 コンソーシアムで支援要望 経済安全保障への対応が研究開発にも求められるようになっている。... 大企業...

中長期的には、脱炭素に向けた産業構造の転換が迫られ、半導体など経済安全保障の体制強化、スタートアップ支援も欠かせない。... 足元ではエネルギー安全保障の確保が最重要課題だ。... 厳しい国際情勢を念...

インタビュー 経済安保の実効性高く 衆議院財務金融委員長(元首相補佐官)・薗浦健太郎氏 &...

研究動向・産業の急所押さえる 科学技術分野で経済安全保障を実践するには、重要技術を見極めて育てる〝攻め〟の戦略と、技術流出を防ぐ〝守り〟の体制が必要になる。... 経済安保は産業振興...

日本は国内需要の大半を中国などからの輸入に頼っており、国内で安定供給できる体制を整備し、国の経済安全保障政策に応える。

中長期的な政策論争期待 第26回参議院選挙が22日、公示された。物価高騰対策や外交・安全保障政策などが争点で、7月10日の投開票日に向けて18日間の選挙戦がスタートした。... ウク...

これに先立ち、与野党9党首は21日、東京都内で日本記者クラブ主催の討論会に臨み、ウクライナ危機などを踏まえた物価高対策や安全保障政策を中心に論戦を交わした。... 物価高対策に関し、首相は「エネルギー...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン