電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

333件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

ファイルいい話/日本カーリット 電池試験所 (2024/2/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

電池性能に関わる評価試験の需要に対応できる体制を強化する。 ... 次世代電池を含めた評価試験の需要も高まるとみている。 日本カーリットでは電池のクギ刺しでの安全性...

政府は14日、経済産業省傘下の情報処理推進機構(IPA)に人工知能(AI)の安全性評価などを行う専門機関「AIセーフティ・インスティテュート(AISI)...

情報処理推進機構(IPA)は1日、人工知能(AI)の安全性評価などを行う専門機関「AIセーフティ・インスティテュート(AISI)」の...

日本郵船は船舶で利用されるバイオ燃料の多様化に対応するため、千葉県内に同燃料の安全性評価を行う試験用エンジン設備(テスト・エンジン)を設置する。

イオン、イチゴ栽培実証 ゴミ処理施設のCO2利用 (2023/11/15 生活インフラ・医療・くらし2)

タクマはCO2供給装置やシステムの開発・評価、イオンアグリ創造はイチゴの生産指導などのコンサルティングや安全性評価試験のアドバイスなどをする。

科学技術の潮流(218)医薬品 安全性評価の展望 (2023/11/10 科学技術・大学)

その中でも安全性評価は重要であり、特にカニクイザルはヒトに近縁で生理機能が似ていることから広く利用される。... 22年、米国食品医薬品局(FDA)は、創薬の安全性評価における動物使用...

【ワシントン=時事】バイデン米大統領は30日、高度な人工知能(AI)の安全性確保に向けた大統領令を発表した。安全保障や公衆衛生に関わるAIを使った基盤システムの開発者に対し、開...

千代化、ENEOSから大型蓄電池の設置工事受注 北海道と千葉 (2023/10/25 機械・ロボット・航空機2)

世界最大級の蓄電池設備の建設実績や、設備安全性評価手法による最適設計の実績などが評価された。

木質バイオマスの燃焼ガスから、ハウス栽培で問題なく使える水準の安心・安全なCO2を取り出し、農作物の光合成を促進する。 今後は実用化に向け、ハウス内の作業者の安全性評価や農作物の生育...

デンカなど、次世代mRNA活用 インフルワクチン共同研究 (2023/10/5 素材・建設・環境・エネルギー2)

デンカとVLPセラピューティクス・ジャパン(東京都千代田区)、阪大微生物病研究会(BIKEN財団、大阪府吹田市)は、「レプリコン(次世代mRNA)」技術...

激動の経営/布目電機(3)安全認証取得に奔走 (2023/9/26 中小・ベンチャー・中小政策)

何とかできないか」という顧客の要望から、安全性に関する認証取得に向け動き始める。... 日本で初めて、ドイツの第三者試験認証機関テュフズードジャパンでのトランスの安全性評価試験を受けることにした。.....

また伊藤忠はこのほど、欧州の海運大手などとの間で毒性の強いアンモニアのコンテナ船への補給時における安全性評価を共同検討する覚書も締結した。

秘密計算で国際標準 NTT、安全性評価軸など規定 (2023/9/21 科学技術・大学2)

秘密計算技術の定義や安全性評価軸、ユースケースを規定した。安全性の評価軸などが定まったことで分野を超えて共通認識が持てるようになる。... この用語定義や安全性評価などを国際標準化した。

MHIET、来年度に水素エンジン実証 脱炭素加速 (2023/9/13 機械・ロボット・航空機2)

安全性評価、26年製品化 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET、相模原市中央区、古殿通義社長)が脱炭素に対し、製品ごとに異なる戦略を取っている。.....

V-Driveとソニーセミコン、高度に自動運転の安全性評価 (2023/9/6 電機・電子部品・情報・通信2)

V―Drive Technologies(東京都江東区、宮地寿昌社長)は、仮想空間上で自動運転車の安全性を評価するプラットフォーム(基盤)「DIVPシミュレーシ...

日本カーリット、電池試験設備を拡充 25―27年度目標 (2023/8/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

安全性評価を含む一貫試験体制の強化にもつなげる。 ... 特に電池試験所と電池のクギ刺しでの安全性評価試験などを手がける赤城工場(群馬県渋川市)で...

産業技術総合研究所(産総研)は、2017年から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として、CNFの安全性評価に取り組んできた。... 各種のCNFの...

安全性の評価方法を検討 日本財団が主導する「MEGURI2040」では、どのように2025年の無人運航船の実用化までレベルアップを図るのか。... それにはまず船の安全性を示す必要が...

実際の走行環境で変形がタイヤを伝わる様子を評価できる。走行性能や安全性評価に提案していく。 ... この振動を解析するとタイヤの衝撃吸収性能などを評価できる。

キユーピー、ドレッシング容器に100%再生PET樹脂採用 (2023/7/12 生活インフラ・医療・くらし2)

対象は「テイスティドレッシング」シリーズの全7品と機能性表示食品のドレッシングの全5品。... 再生PET樹脂のリサイクル容器は飲料で採用が広がっているものの、調味料は油や酢など原材料の種類が幅広いな...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン