14,095件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

気象観測、風況調査のいずれも2022年度の実用化を目指す。 ... 22年度には1カ所からの制御で複数拠点の同時観測ができる隊列飛行システムの実用化を目指す。 .....

DED式シリーズ「LAMDA(ラムダ)」で最大造形サイズとなる機種を5月に市場投入し、造形不良を可視化する新技術も実用化した。... 「DED式では温度や湿度、レーザー出力など造形品質に多くの要因が影...

日本も目標とする要求性能を示し、参加企業同士でコンソーシアムを形成するなど、早期の実用化へ支援の手法を考えていくべきだ。

美容皮膚科のWOVEクリニック中目黒(東京都目黒区)とM&Mスキンケアクリニック(同千代田区)に同機器を使ってもらい、実用化に向けた効果と安全性を確認する。 ... 今後、美容分野だ...

ベンチャーが持つ技術やシーズを理解し、ハンズオン(伴走型)支援による資金供給を通じてリスクが大きい治験を含め、実用化を後押しする。 国が強力サポート 研究から事業化まで一貫 ...

阪大など、量子インターネットで研究体設立 (2021/6/10 大学・産学連携)

QITFは2019年5月に研究者の任意団体として発足し、このほど正式に組織化した。... 実用化に必要な技術の確立に向け、さまざまな分野の専門家の協力が不可欠のため、QITFを設立した。 &#...

分離回収の前処理不要 【新プロセス開発】 2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする政府目標の実現には、発電所や産業分野から排出される二酸化炭素(CO2)の...

健康・医療分野の基礎研究成果や臨床ニーズの実用化に向けた取り組みのうち要件を満たす開発やデータ取得事業を支援する。

橋梁インフラの老朽化に伴う維持管理費の増加や管理に関わる技術者の不足が深刻化している。... 技術の実用化に向けた課題の一つは、センサーノイズの除去。... 橋梁管理業務の効率化に貢献している。

一方、国産ワクチンが実用化されるのはまだまだ先。

リアクターは液体試薬を作る際などに利用されているが、ポリマー粒子の合成で実用化されるのは珍しい。

これまでフッ化アルゴン(ArF)液浸など旧来型の露光向けでは使用されているものの、より高い透過率が求められるEUV露光向けでは実用化に至っていなかった。 ... ペリクル実用化にめど...

5年以内、実用化目指す 東芝は9日、量子暗号通信で世界最長の600キロメートル以上を伝達する実証実験に成功したと発表した。5年以内の実用化を目指す。... 今回、二つの異なる波長の光...

車両の電動化がトラックの開発思想に変化を起こしている。... 日野自は13年に小型EVトラックの実証を始めるなど、実用化への布石は打っていた。

新東工業、事業領域拡大 車・バイオ発電・介護を開拓 (2021/6/9 機械・ロボット・航空機2)

主力の鋳造工場設備ではデジタル技術でモノづくりの高度化・効率化を提案する。... 自動化需要も取り込む。... 実用化に向けて実証試験を進める。

谷川熱技術振興基金、研究に1400万円助成 (2021/6/9 機械・ロボット・航空機2)

燃焼やエネルギー・熱利用、環境保全・省エネルギー、脱炭素など熱技術に関する基礎・実用化研究を募る。

プラズマの弾丸を多孔体にぶつけ、プラズマが穴の内部を伝搬して全体を高速で親水化する。... 装置メーカーやユーザー企業との連携で実用化を目指す。 多孔質体の親水化に向けては簡便な水酸...

「いわき市の石炭ガス化複合発電(IGCC、52万キロワット)が事業化した。広島県の大崎クールジェンはIGCCに固体酸化型燃料電池(SOFC)を併設し石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)の実証に入る。...

EV実用化は「ユーザーや架装メーカー、車両メーカーがそろって実現する」と説く。

「全固体電池は2020年代後半の実用化が目標。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる