電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16,817件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

東芝、新棟を“生きた実験場”に 省エネ・セキュリティー研究 (2024/4/12 電機・電子部品・情報・通信)

さまざまな実証をすることで課題を抽出し、実用化に向けた研究を加速する。... 経営の混乱から非上場化した東芝にとり、「新棟を建てることで、いかに我々が世界にない技術で勝っていくのかを真剣に考えているこ...

挑戦する企業/鹿島(4)スマート生産ビジョン導入 (2024/4/12 素材・建設・環境・エネルギー)

デジタルで現場省人化 長年にわたり建設業界の課題となっている担い手不足。... また建築の3次元(3D)モデリング技術「BIM」を基軸に全プロセスをデジタル化し、作業...

中国による経済的威圧に対処するため、半導体など重要物資のサプライチェーン(供給網)を強靱(きょうじん)化する。国際情勢の緊迫化で世界経済の分断が懸念される中、インド太平...

実用化に向けては貯留地確保やコストなどの課題がある。... CCSを後押しする法制度や助成金も整備されており、日本に先行して事業化が見込まれる。

筆者は、触媒と電解質をナノサイズ(ナノは10億分の1)で複合化させたナノ複合電極を開発した。... PCFCの早期の実用化を目指し、水素社会の実現に貢献したい。

挑戦する企業/鹿島(3)光ファイバーを計測に活用 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

インフラの価値向上へ 高度経済成長期に整備された橋梁(きょうりょう)やトンネルなどインフラの老朽化が問題となる中、鹿島はケーブル状の光ファイバーを使った計測技術の研究...

3者連携により、神奈川県発の技術としてPSCの実用化を推し進める。 ... マクニカは量産化を目指して同社とともに横浜市内で実証事業を行っている。 ... PSCを...

三井化、幹細胞培養に投資 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

三井化学はコーポレートベンチャーキャピタル「321フォース」を通じ、幹細胞の高密度大量培養技術の実用化に取り組むフルステム(沖縄県うるま市)に投資した。

飯田技術士事務所、低コスト「負圧専用弁」開発 (2024/4/11 機械・ロボット・航空機2)

構造を簡素化することで部品点数や組み立て工数を減らしたほか、フィルターなどの防塵対策部品も不要にした。 ... ただ負圧状態では1気圧程度の低耐圧仕様の弁で対応可能なことから、負圧専...

東レ、ポリマー結合型抗がん剤の心毒性低減を確認 (2024/4/10 生活インフラ・医療・くらし1)

製薬関連企業などの提携先を探して臨床開発を進め、2030年代の実用化を目指す。

村田製、廃棄食品を再資源化 酵素でエタノール変換 (2024/4/10 電機・電子部品・情報・通信1)

30年度までに実用化 【京都】村田製作所は廃棄食品などの未利用バイオマス資源を酵素によってエタノールに変換する技術を開発する。... 同技術の実用化には社外と連携する方針。... 同...

ハイエントロピー合金、高表面積実現 ユニチカが合成技術開発 (2024/4/10 素材・建設・環境・エネルギー1)

実用化に向けた研究開発を進める。

クラボウとJR東海、新幹線軌道材の計測システム開発 (2024/4/10 機械・ロボット・航空機1)

すでに実車両に搭載して精度向上に取り組んでおり、2027年以降の実用化を目指す。... 高精細カメラの精度や解析システムを高度化したことで、時速300キロメートルでも軌道材料の状態を正確に計測できる。...

このうち約2割をグループの中国高圧コンクリート工業(広島市中区)が再利用し、製品化してきた。... フライアッシュと呼ばれる石炭灰に少量のセメントを混ぜて固形化したもので、微細な孔が多...

目詰まりや変調がどこに現れるか予測できず、対策できない」 ―国内では次世代原子力発電所について、30年代半ばに革新軽水炉の実用化を目指します。

鹿島と東北大、環境配慮型の建設材 実用化へ研究所開設 (2024/4/8 素材・建設・環境・エネルギー)

鹿島が持つ建設技術のノウハウと東北大の材料に関する研究データや技術を組み合わせ、二酸化炭素(CO2)の排出量低減につながる新たな建設材料の開発などに取り組み、早期の実用化を目指す。&#...

京浜ラムテック、汎用MCで金属接合 同期撹拌技術を開発 (2024/4/8 機械・ロボット・航空機2)

機械に専用ツールホルダー(写真)と接合ツールを装着すると、マイクロ波を伴う駆動によって撹拌が最適化されて反力が軽減。... 今回、新規事業としてFSWで培ったノウハウや経験をもとにSS...

エクスフュージョン(大阪府吹田市、松尾一輝社長)は、今夏から浜松市の自社研究施設でレーザー核融合の実用化に向けた実験に乗り出す。... レーザー核融合は他の核融合の...

日本でも実用化目指す 二酸化炭素(CO2)の地中貯留は気体として貯留するのが最も一般的な手法であるが、アイスランドのCarbfix社はCO2を地下の火山岩(玄...

他の方式より炉を小型化でき、実用化すれば全国に設置しやすい。... 実用化にはまだ時間がかかるが、それまでにレーザー技術を産業応用することも重要。... 商用炉の実用化に向けた技術群による供給網を国内...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン