電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

JALと丸紅、農水畜産物産直で協業 (2024/2/26 生活インフラ・医療・くらし)

丸紅は家畜ふん尿由来の肥料を販売しているほか、水産分野においては低魚粉飼料を推進し、農水畜産業の環境負荷低減に向けて取り組んでいる。

戸田工業と連携し、二酸化炭素(CO2)が発生しない水素製造も実証中だ」 ―北海道で家畜ふん尿由来の液化バイオメタン(LBM)の実証を進めています。&#...

足元では、家畜ふん尿などを炭素源として合成する「バイオLPG」の研究が先行している。 ... グリーンLPG実証をめぐっては、古河電気工業が家畜ふん尿を使った実証を北海道鹿追町で進め...

ガス分離膜は家畜ふん尿などを由来とするバイオガスから二酸化炭素(CO2)などを除去し、燃料となるバイオメタンを抽出する用途に利用できる。

家畜ふん尿から製造した液化バイオメタンを燃料に使用し、十分な性能を持つと確認した。

帯広ガスとエア・ウォーター、LBMでのガス利用実証 (2023/8/24 素材・建設・環境・エネルギー2)

帯広ガス(北海道帯広市、内木真紀衣社長)とエア・ウォーターは、北海道十勝地方の未利用バイオマスである家畜ふん尿から液化バイオメタン(LBM)を製造し、帯広ガス供給区域内...

パナソニックインダストリーとエア・ウォーターは2025年度をめどに、家畜ふん尿由来のガス「バイオメタン(BM)」を電子部品の工場電力と製品材料に利用する体制を構築す...

インターステラテクノロジズ(北海道大樹町、稲川貴大社長)とエア・ウォーターは、次世代機の超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」の燃料に家畜ふん尿から製造した液化バイオメタン(...

エア・ウォーターは25日、家畜ふん尿由来の液化バイオメタン(LBM)の製造販売を、北海道の十勝地方で2024年に事業化すると発表した。... 乳牛のふん尿からバイオ...

宮崎県など、バイオガス発電普及で北海道企業と連携協定 (2023/4/19 素材・建設・環境・エネルギー1)

宮崎県と同県新富町は、家畜ふん尿などを原料としたバイオガス発電の普及に向け、北海道帯広市に本社を置く「バイオマスリサーチ社」と連携協定を締結した。 ... バイオガス発電は、家畜ふん...

商船三井とエア・ウォーター、LBM船運航で覚書 (2023/2/24 建設・生活・環境・エネルギー)

商船三井とエア・ウォーターは、家畜のふん尿由来の液化バイオメタン(LBM)を船舶燃料で試験利用をするため、覚書を結んだ。北海道十勝地方でふん尿から製造されたLBMを...

家畜ふん尿由来の再生可能天然ガスを改質して水素を製造。

エア・ウォーター、家畜ふん尿で液化メタン製造開始 LNG代替実証 (2022/10/24 建設・生活・環境・エネルギー)

エア・ウォーターは家畜のふん尿由来のバイオガスを利用した液化バイオメタン(LBM)の製造を始めた。... サプライチェーン(供給網)全体の...

エア・ウォーター、バイオメタンを製造・供給 北海道で実証 (2021/5/26 建設・生活・環境・エネルギー)

エア・ウォーターは25日、北海道十勝地方で、家畜ふん尿由来の液化バイオメタン(LBM)を製造・供給する地域循環型エネルギーサプライチェーンの実証を始めたと発表した。

北海道大学の増田隆夫特任教授らと古河電気工業の研究グループは、家畜のふん尿由来の温室効果ガスを液化石油ガス(LPG)に変換する技術を開発した。... 一般家庭や酪農場などでエネルギーの...

バイオガスからメタノール エア・ウォーター、プラント開発に参画 (2021/2/12 建設・生活・環境・エネルギー)

阪大の大久保敬教授の研究成果である、二酸化炭素を出さず常温常圧で家畜ふん尿から液体燃料などを作る技術を活用する。... 乳牛のふん尿や生ごみの原料から作られたバイオガスから、高効率にメタノールとギ酸を...

大阪大学先導的学際研究機構と北海道興部町は15日、家畜ふん尿由来のバイオガスからメタノールとギ酸の製造に成功したと発表した。... 農業で出るふん尿を有効活用し、燃料のメタノールとともに乳牛の飼料の添...

東和銀行は福祉施設と温浴施設の連携による木質ボイラーの導入、西日本シティ銀行は豪雨災害対策事業に対するESGを考慮した事業性評価、福岡銀行は家畜ふん尿を原料としたバイオガス製造プロジェクトを計画する。...

取り組み内容も幅広く、福島県郡山市と宇都宮市は地域電力設立、兵庫県宝塚市は家畜ふん尿によるバイオマス発電、福岡県はリサイクルによる“地域版SDGs”を目指す。

前沢工業、JA阿寒からバイオガス設備受注 排せつ物1日128トン処理 (2019/5/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

今回受注したプラントで1日当たりに処理対象となるのは、水分が高く堆積化が困難なふん尿60トン、このふん尿の濃度を調整するための尿スラリー(液体との混合物)26トン、隣接する大規模酪農家...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン