202件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日本食、宇宙へ JAXA、「宇宙日本食」44品目認証 (2020/9/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

宇宙空間を想定した使用テスト、保存性の確認、容器材質の安全性確認などJAXAの細かな要請に対応。実際に宇宙に携行するものと同じ中身、容器、包装の状態でサンプルを作り、温度や気圧などの条件を変えて保存試...

アサヒ飲料、PET樹脂の調達加速 日本環境設計に融資 (2020/9/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

アサヒ飲料は30年までに、プラスチック製容器包装の全重量のうち60%を環境配慮素材にする目標の達成を目指す。

日本は、回収やリサイクルに優れた経験を持っているが、最近は、代替素材の利用を含む製品・包装の環境配慮設計によるプラスチックの使用削減=「リデュース」を意識した取り組みが広がっている。食品業界では、プラ...

セルロースを高濃度化、CNF複合樹脂 大王製紙が開発 (2020/8/25 素材・医療・ヘルスケア)

自動車部材や家電製品、建材、容器・包装などの用途展開を視野に実用化開発を加速させる。

その結果、15年の容器包装プラスチック利用量は約450万トン、輸出を除くと家庭から約160万トン、産業から約250万トンが廃棄と推計。... また、産業におけるリサイクル率は低く、リサイクル目標達成に...

政府はリサイクルが義務付けられている容器包装プラに加え、さまざまな使用済みプラを家庭から一括回収する方針で、今後市町村と協議に入る。

容器包装プラの再資源化進む 鉄鋼大手、技術開発加速 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

容器包装プラの処理方法には、粉砕後に再成形し再生材にする材料リサイクルと、ケミカルリサイクルがある。... 容器包装プラは複合素材が多いため、材料リサイクルでは残渣(ざんさ)が約半分発生するという課題...

その3分の1にあたる容器包装用プラスチックは、その大半が1回使って捨ててしまう「シングルユース」「ワンウェイ」だ。... 2015年、3億トンのプラスチックゴミ(プラゴミ)が発生しているが、容器包装ゴ...

政府は、市町村が家庭から資源ゴミとして集めている食品トレーなどプラスチック製容器包装と共に、歯ブラシや文房具などのプラ製品も一括回収してリサイクルを推進する仕組みの検討を始めた。... 容器包装リサイ...

サントリーHDなど12社、使用済みプラ再資源化 27年実用化へ新会社 (2020/7/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

繊維、容器包装、飲料などプラスチックのバリューチェーンに関わる企業が集まった。

政府は容器包装リサイクル法の省令を改正して有料化を決めた。... また、日本人1人当たりの容器包装プラの廃棄量は世界2位であり、過剰なプラ使用も見直しが迫られる。

廃プラは容器・包装の需要や途上国の輸入制限などで国内に滞留し、社会問題となっている。

日本製鉄は、コークス炉を使う容器包装プラスチックの再資源化事業で処理量を2割増やす。... 政府は2030年までに容器包装の6割をリユース・リサイクルする目標などを掲げる。... 日鉄は年間約20万ト...

実際、海洋プラゴミ問題への関心の高まりとともに、自然環境下で水と二酸化炭素に分解する生分解性と呼ばれる機能を持つプラスチック開発や、これを容器包装に採用する動きが広がっている。容器包装に関わる300社...

この新素材を採用した容器包装は日常生活でも目にする機会が広がりつつあるが、実は構造や特性によってさまざまなタイプがあり、さらなる開発も進んでいる。... 容器包装など用途拡大見込む ...

ローソン、ヨーグルト飲料を紙カップ化 (2020/6/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

ローソンはオリジナルヨーグルトドリンク5品の容器(写真)をプラスチックから紙に切り替えリニューアル発売した。... 同社は容器包装プラスチック使用量を2030年に17年度比で3割削減し、50年には10...

容器包装プラ、50年に完全リサイクル 花王や味の素など300社以上が参加する連携組織「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)」は、2050年までに容器包装プラス...

西友、レジ袋を植物性プラ製に (2020/5/25 建設・生活・環境・エネルギー)

容器包装リサイクル法の改正で同日から、全国の小売り店でプラスチック製レジ袋の有料化が義務づけられることに対応する。

包装機械の製造販売を手がけるハナガタには、肉や魚などを入れる食品トレーやテークアウト食品用の容器などの包装に対する問い合わせが増加している。... この動きに応じて、同社は食品容器向けに専用設計した包...

鉄鋼77社、CO2削減達成率後退 昨年度73.7% (2020/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

廃プラをプラスチックの原料として優先的に使うよう定めた国の容器包装リサイクル制度に阻まれ、原料炭の代用品となる廃プラの集荷が進まなかったことも、響いたとしている。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる