648件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

パナソニックは、新型コロナウイルスのワクチン・治療薬に関する研究支援のため、大阪大学と大阪府立病院機構へ合わせて2億円を5月末に寄付する。... 寄付金は阪大が研究を進める次世代ワクチンの開発などに活...

押谷仁東北大学大学院医学系研究科教授は「都市部から高齢者が多く住む周辺地域に感染が拡大すれば、高齢者の重症化や病院内感染が広がる危険性がある」と指摘。... 医療現場に防具を寄付し、医療従事者の集団感...

大阪府東大阪市は14日、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授が考案したフェースシールドの量産化に協力する市内製造業3社に感謝状を贈呈した。... 約3000万円の多額の寄付が集まり、生産数を当...

大阪大学大学院医学系研究科の林竜平寄付講座教授と西田幸二教授らはロート製薬と共同で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製したさまざまな眼の細胞を含む細胞群から、角膜上皮細胞のみを...

広島大、県内の大学、研究機関が有する研究シーズや研究者、学生らが関わるベンチャーに投資し、地域経済の持続的な発展と雇用創出による地方創生に貢献する。 ... 運用収益の一部を広島大に...

同社は長野工業高等専門学校に長年、寄付を続けてきた功績が認められ紺綬褒章を受章した。 ... 成果をもとに2004年、共同研究・寄付を始めた。

同大付属病院でカバーできていない分野の専門家を寄付講座の教授に迎え、寄付者である医療法人の病院に配置する。地域医療と病院経営を発展させ、大学の研究費・人件費に収益を回す循環を狙う。... 同大にとって...

人工知能(AI)ソフトウエア・プロバイダーの米C3.aiと米マイクロソフトは、企業、政府、社会のデジタル変革を推進する研究コンソーシアム「C3.aiデジタル・トランスフォーメーション・インスティテュー...

従来のCiRAからの供給時と同様、企業へは1株10万円、研究機関へは無償で研究用iPS細胞を提供する。... 22年度までは主に公費で資金をまかない、事業による自己収入や寄付を拡大しながら公費への依存...

オークマが建設費7億円を寄付した。産学連携により工作機械関連の基礎研究や世界で活躍できる人材の育成を強化し、寄付講座も充実させる。 ... 研究・教育用設備として、既存の工作機械4台...

NSK財団、静岡大助教など13件に助成決定 (2020/3/23 機械・ロボット・航空機1)

助成額は研究開発助成が2595万円、教育助成が1063万円など総額3908万円だった。 同財団は日本精工と関連企業の寄付により1988年に設立。これまでに598件の研究助成、41件の...

東京大学臨床生命医工学連携研究機構は、中谷医工計測技術振興財団(東京都品川区)の支援で4月1日に寄付研究部門「次世代臨床医用計測技術研究ネットワーク拠点」を設置する。... 医学の疾患研究と、工学の計...

同高専が推薦し、長年にわたる地域経済振興や社会貢献に加え、同校に多額の寄付をしてきた功績が認められた。... 伝達式で同校の土居信数校長(写真左)は「多額の寄付により教育・研究を向上できた」と感謝を伝...

内藤記念科学振興財団は第51回内藤記念科学振興賞を名古屋工業大学大学院工学研究科の神取秀樹教授(59)に贈呈すると決めた。... 同賞は人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的領域で顕著な業績を収め...

東大、講堂・ラウンジ改修 長谷工寄付で (2020/2/6 大学・産学連携)

東京大学大学院工学系研究科は、長谷工コーポレーションの設計・施工を寄付で受け、講堂・ラウンジを大規模改修(リノベーション)した「HASEKO―KUMA HALL=写真」を開設した。... 講堂でのレク...

国立大学の施設整備を、地域や産業界からの寄付などで賄う事例が出てきている。... 大阪大学も企業の建物の寄付で、共同研究拠点を整備した。... トップクラスの国立大と国立研究開発法人で、人工知能(AI...

京都大学や同志社大学、立命館大学に研究施設「ローム記念館」を寄付するなど科学技術振興にも熱心だった。

キーワード/子会社による国立大の収入 (2020/1/23 大学・産学連携)

A 大学の研究成果を社会で活用するための技術移転機関(TLO)、ベンチャー投資を行うベンチャーキャピタル(VC)がそうだ。... 今回の子会社が、親である大学に、配当や寄付で報いるのは、どの程度のもの...

大学は、株式の配当や寄付による自由度の高い収入増が期待できる。... 大学などは基礎・学術研究を中心とするため、産学連携に熱心な研究者が報われる仕組みが乏しい。... 出資金は、大学の寄付金や運用益な...

沈黙を続けてきた韓国は最近になり日韓の企業と個人の寄付で新たな基金を創設する動きを模索するが、日本は日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとする立場。... 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの鈴木明彦...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる