518件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

富士通研、AI向け特徴圧縮技術 映像伝送量を抑制 (2020/11/19 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所は、超高圧縮した映像からでも高精度に映像の内容を認識できる映像圧縮技術を開発した。

富士通研、メガビット級に対応する並列探索を開発 (2020/11/10 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通研究所は9日、カナダのトロント大学と共同で、組み合わせ最適化問題を高速に解く新しい計算機アーキテクチャー(設計概念)「デジタルアニーラ」において、メガビット(メガは100万)級の大規模問題に対応...

経営ひと言/富士通・古田英範副社長「新しい価値」 (2020/11/6 電機・電子部品・情報・通信)

「デジタル変革(DX)では多様な技術を組み合わせて新しい価値を生み出すことが重要だ」と語るのは、富士通副社長兼富士通研究所(川崎市中原区)取締役会長の古田英範さん。

経営ひと言/富士通研究所・原裕貴社長「相乗効果に期待」 (2020/10/28 電機・電子部品・情報・通信2)

「真の量子コンピューターが登場する前から、当社は既存の技術で実現できる『デジタルアニーラ』を実用化している」と、次世代計算技術に2軸で挑むのは、富士通研究所(川崎市中原区)社長の原裕貴さん。 ...

富士通、AI使いe診断 東大と遠隔産業保健システム研究 (2020/10/23 電機・電子部品・情報・通信)

富士通は22日、テレワーク下における従業員の心身のセルフケアや非対面で行う遠隔産業保健を支援する「産業保健システム」の実現に向けて、東京大学大学院医学系研究科の川上憲人教授の研究室と共同研究を始めると...

複数映像で同一人物探索 富士通研、200種類の属性推定 (2020/10/22 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通研究所は、商業施設や街中などにある複数の防犯カメラの映像から取得した人物映像を活用し、同一人物を自動で高精度に探索できる「ロバスト人物探索」技術を開発した。

富士通研究所は量子計算機の実現に向け、量子デバイスから制御装置、アーキテクチャー(設計概念)、アルゴリズムに至るすべての技術階層で国内外の研究機関とのオープンイノベーションに乗り出す。富士通研究所の原...

富士通研、データ真正を自動保証 ビジネス用仲介技術 (2020/10/8 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通研究所は、企業や官公庁などの組織間でやりとりを行うビジネスデータの真正性(トラスト)を保証する「デジタルトラスト仲介技術」を開発した。

富士通研、顔認証のなりすまし防ぐ 本物との差異を数値化 (2020/9/29 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通研究所は、顔認証において他人の写真などを提示してなりすます不正行為(偽造物攻撃)を一般的なカメラで防止できる顔偽造検知技術を開発した。

データ使いコロナ対策 横浜市・東大・富士通が連携 (2020/9/18 電機・電子部品・情報・通信)

横浜市、東京大学、富士通は17日、ウィズコロナ時代の社会課題をデータ活用と公民連携で解決するための連携協定を結んだと発表した。... 富士通研究所が開発中のイベント連動型マッチングサービスや、横浜市が...

少ないデータで審査 富士通、AI使い金融向け採点基盤 (2020/9/17 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は16日、効果的な営業活動やローン審査の効率化、不正請求や詐欺の検知などの金融業務を支援する人工知能(AI)スコアリング(採点化)基盤サービス「フィンプレックス・アンサンビズ」を発売したと発表し...

交通状況を分析・予測 富士通、車載映像の解析基盤発売 (2020/9/11 電機・電子部品・情報・通信)

富士通は10日、コネクテッドカー(つながる車)から収集するビッグデータ(大量データ)の活用を促進する車載カメラ映像解析プラットフォーム(基盤)「デジタルツインアナライザー」を発売したと発表した。......

コロナ禍で研究所も在宅勤務が日常の光景となった。「研究は在宅でも可能で、会社としては問題なく回っている状況」と話すのは、富士通研究所社長の原裕貴さん。 ... 同社は議論によるアイデ...

同時に社内でもトップ研究者を育て、とがった研究で世界一の研究所を目指す」 【記者の目/DX企業の挑戦に注目】 富士通本体の人事制度や新たな働き方をベースにしつつも、...

富士通と東京品川病院は2日、新型コロナウイルス肺炎の診断に有効とされる胸部CT(コンピューター断層撮影)検査による画像診断を支援する人工知能(AI)技術を共同で研究開発すると発表した。... 診断のカ...

富士通研究所(川崎市中原区、原裕貴社長、044・754・2613)は、有能な研究者が研究に専念できる新たな人事制度を導入する。... 富士通研は外部の人材採用にも積極的で、人工知能(AI)や量子コンピ...

富士通研、電力増幅器の設計技術開発 広帯域性能を倍増 (2020/8/5 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通研究所は4日、1台で数百メガヘルツ(メガは100万)から数ギガヘルツ(ギガは10億)までの幅広い周波数帯で信号を出力できる電力増幅器(パワーアンプ=写真)の設計技術を開発したと発表した。 ...

富士通研、基地局配置を高速計算 ローカル5Gに活用 (2020/7/23 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所は22日、第5世代通信(5G)を地域限定で用いる「ローカル5G」に割り当てられている28ギガヘルツ(ギガは10億)のミリ波帯に対応した無線基地局を自動配置するための高速計算技術を開発したと...

富士通研究所は教師データなしで、通信アクセスデータや医療データといった、分布・確率が未知の高次元データの特徴を正確に獲得できる人工知能(AI)技術「ディープツイン」を世界で初めて開発した。 &...

奈良先端科学技術大学院大学は富士通研究所や富士通、東京大学、科学技術振興機構と共同で、炭素材料グラフェンを使い、省電力で動作するリボン状半導体材料「アームチェアエッジ型グラフェンナノリボン(GNR)=...

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる