540件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

PLMでは、富士通製の3次元CADや構造解析システムなどを新たにサブスク化した。... 加えて、富士通研究所が開発したデータ圧縮技術「レベック」を用いた高速リモートデスクトップサービスもサブスク化し、...

富士通、人と社会丸ごと分析 デジタル技術・人文社会科学融合 (2021/10/13 電機・電子部品・情報・通信1)

7月に富士通へ移籍し、富士通研究所を含め、技術戦略全体を内外一体で統括している。... 研究領域はハード・ソフト、アルゴリズム、アプリケーション(応用ソフト)など包括的に取り組むため、理化学研究所や東...

富士通研究所にて画像処理などの研究開発、富士通にて経営企画、情報通信研究機構(NICT)にて産学連携の業務を経て現職。

富士通は、外資系ITベンダーからの人材登用をテコにデジタル変革(DX)を加速する。2019年に時田隆仁社長が就任して以降、外資系出身者らが続々と富士通に入社し、“DX請負人”として活躍している。......

新役員/富士通 執行役員常務・梶原ゆみ子氏ほか (2021/6/2 電機・電子部品・情報・通信1)

10年富士通入社。... ■エグゼクティブフェロー 富士通研究所研究本部担当 森田俊彦氏 【横顔】幅広い技術領域をカバーする研究リーダー。... 【略歴】もりた・としひこ=84年(昭...

富士通研究所にてロボットの研究・開発に従事後、スーパーコンピューター「京」の開発や研究所技術事業化のためのマーケティングを担当。

【問題点を改善】 従来は手作業で行っていたこうした映像の分割業務を自動化する目的で、富士通研究所(川崎市中原区)は現場で撮影した映像データから個々の作業を分割して...

多種多様な異常検出 富士通研、「教師」不要の画像検査AI (2021/3/30 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通研究所は29日、製品の異常についての画像の教師データとして準備しなくても、人工的に異常を付加した製品の画像を生成しながら人工知能(AI)モデルを学習させることで、製品の外観異常の箇所を高精度で検...

富士通研、工場全体の大量映像解析 ローカル5Gで現場改善 (2021/3/29 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所は、第5世代通信(5G)を地域限定で利用できる「ローカル5G」を活用して広大な工場全体に設置される多数のカメラで取得した大量の映像データを高速に解析可能なシステムの自動設計技術を開発した。

富士通研究所にて画像処理などの研究開発、富士通にて経営企画、情報通信研究機構(NICT)にて産学連携の業務を経て現職。

東北大学と東京大学、富士通研究所の研究グループは、富岳の津波シミュレーションを基にAIモデルを構築し、リアルタイムな津波浸水予測システムを開発した。

数分で放射線治療計画 富士通研がアニーラ活用の新技術 (2021/3/9 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通研究所は、カナダのトロント大学と共同で、量子コンピューティング技術を応用して「組み合わせ最適化問題」を高速に解く技術「デジタルアニーラ」を用いて、ガンマナイフの放射線治療計画を短時間で生成する技...

富士通研、汎用AIモデル 集中度を定量的に推定 (2021/3/4 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通研究所は、人がさまざまなタスク(作業)を実行している時の集中度合いを定量的に推定可能な汎用人工知能(AI)モデルを開発した。

富士通研究所(川崎市中原区、原裕貴社長、044・754・2613)は、工場などの作業現場で撮影した映像データから、個々の作業を分割して検出する人工知能(AI)技術を開発した。... 製造業のほか、物流...

東北大学と東京大学、富士通研究所の研究グループは、スーパーコンピューター「富岳」と人工知能(AI)を利用し、高解像度でリアルタイムに津波による浸水を予測するシステムを開発した。

最適解をAIが判断 富士通研・北大、手順を自動提示 (2021/2/5 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所と北海道大学は4日、人工知能(AI)が自動判断した結果を基に、望む結果を得るために必要な手順を自動で提示できる技術を世界で初めて開発したと発表した。

富士通、4月にSI系15社を吸収合併 富士通研は統合 (2021/1/29 電機・電子部品・情報・通信)

富士通は28日、4月1日付でシステム構築(SI)系の完全子会社15社を吸収合併し、併せて、富士通研究所を統合すると発表した。... 15社のうち、富士通ソーシャルサイエンスラボラトリなど11社・計74...

富士通研究所は21日、顔情報と手のひら静脈を組み合わせて本人を特定する非接触のマルチ生体認証において、マスクを着用していても、マスク着用なしと同等レベルの99%以上の高精度で本人特定が可能な認証技術を...

富士通研、AIで因果関係発見 がん遺伝子で実証 (2020/12/18 電機・電子部品・情報・通信)

富士通研究所は17日、ヒトやモノなどに関するさまざまなデータの一つひとつが持つ特徴的な因果関係を人工知能(AI)で発見する技術を開発したと発表した。

仮想ルーター高速化 富士通研が新技術 (2020/12/9 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通研究所は、仮想環境におけるネットワーク処理の主要機能である仮想ルーターを高速化する技術を開発した。

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる