89件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

きょうの動き (2020/2/14 総合3)

■政治・経済■ ◇参院本会議(10時) ◇雨宮日銀副総裁講演(19時、東証) ■産業・企業■ ◇決算=日本郵政、キリンHD、大塚HD、リクルートHD、クボタ、SOMPO...

中国が米国産農産物を大量に購入する代わりに、米国は2月中旬にも対中制裁関税の一部を引き下げる。... 一方、米国は署名から30日後、2019年9月に発動した対中制裁関税第4弾の税率を現行の15%から半...

同時に、9月1日から実施されている追加関税第4弾リストA(1200億ドル相当)に対する追加関税率は、従来の15%から半分の7・5%へと引き下げられる。... 今回、米中間で合意に達した背景としては、米...

「米国第一」を振りかざし、多国間主義に否定的なトランプ政権が継続し、米中のような直接交渉が跋扈(ばっこ)することとなれば、WTO体制は機能不全から形骸化にさえ進む懸念を秘める。 .....

米中両国は「第1段階」の通商協議で合意に達し、米国が15日に予定していた中国への追加制裁関税「第4弾」の発動を見送った。... 米国は15日に予定した1600億ドル(約17兆円)分の対中追加関税を見送...

「第4弾」見送る可能性 米中対立が貿易問題から香港やウイグル族をめぐる人権問題に波及している。... 15日には対中制裁関税「第4弾」の発動を控えるが、米中ともに...

米国による対中制裁関税「第4弾」の発動予定日である15日が迫る中、大詰めを迎えている両国の貿易協議に絡んだ動きが引き続き注視されている。 市場関係者によると、新たな関税発動の見送りに...

東京株式市場で米中対立への警戒が強まり、4日の日経平均株価終値は前日比244円58銭安の2万3135円23銭と続落。... (国際・商社に関連記事) 米国による対中追加関税第4弾の発...

新たな対中制裁関税の発動が今月15日に迫る中、景気が減速する中国に譲歩を促す狙いとみられる。... (総合1参照) 貿易協議は第1段階の年内合意に向けて大詰めを迎えていたが、中国は「...

米中貿易摩擦の影響などから輸出は前期比0・7%減だった。... 半導体サイクルは底打ちの兆しがあり、第5世代通信(5G)需要で持ち直すだろう。... うるう年による消費の伸び、米国の対中制裁関税第4弾...

トランプ米大統領は12日(現地時間)にニューヨークで講演し、米中貿易協議に関する合意の見通しについて「(第1段階の合意文書の署名を)近いうちに実現する」と語った。... 中国は米国産農産物の輸入拡大や...

米政権は同3月に中国製などの鉄鋼・アルミニウムに追加関税を、同7月以降は知的財産権侵害を理由とした対中制裁関税1―4弾をそれぞれ導入した。中でも、今年9月1日に発動した第4弾の打撃は大きく、同月の米連...

対中関税第4弾、米が一部撤廃検討 (2019/11/6 国際・商社)

【ワシントン=時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は4日、トランプ米政権が対中制裁関税第4弾の一部撤廃を検討していると報じた。貿易協議「第1段階」合意の署名に合わせ、9月1日に導入した輸入品約1...

トランプ米大統領は大統領選を見据えて対中貿易戦争を一時休戦し、農産品の対中輸出拡大などの成果を有権者に示したい意向だ。... 中国が米農産物の輸入拡大や知財保護を受け入れる見返りに米国は10月15日に...

米国は15日に予定する対中制裁関税の引き上げを前に中国から譲歩を引き出したい考えだ。... 協議が決裂すれば米国は予定通り15日、発動済みの対中制裁関税の税率を現状の25%から最大30%まで引き上げる...

部分・暫定合意も選択肢 米国は9月1日、対中制裁第4弾(3000億ドル)の一部品目に15%の追加関税を賦課した。さらに10月15日(当初予定の1日を延期)には、発動済みの第1―3弾(...

米国はこのほど中国からの輸入品に15%の関税を課す対中制裁第4弾の一部を発動した。... さらに残りの部分についても今年中に関税引き上げを発動する構えで米中貿易戦争は収まる様子がない。 ...

それによると、中国からの輸入品に課す制裁関税について、63%が「米国が中国より痛手を負う」と回答。... 調査担当者はヒルに対し、「人々は対中関税が雇用や物価に悪影響を及ぼすと自覚しているが、戦うこと...

6月末の米中首脳会談後には、中国から譲歩を引き出すため制裁緩和の可能性に言及していたが、米政府調達からの排除や輸出禁止措置を続ける方針を強調した。  ... トランプ氏は、7月末に中...

米国は対中制裁の第4弾を発動し、追加関税の対象をほぼ全ての中国製品に拡大する。... 一方の中国は米国産農産物を大量に購入する代わりに、双方が制裁関税を止めるよう求めている。... 一方の中国は201...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる