電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.079秒)

光ランダムアクセス量子メモリーに活用 横浜国立大学の関口雄平助教と小坂英男教授らは、ダイヤモンド中の量子ビットを選んで個別に操作する技術を開発した。

横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授らは、盗聴の恐れのない安全な通信網「量子暗号通信」を大規模ネットワーク化した「量子インターネット」の実現に向けた要素技術を開発した。

横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授と関口雄平研究員は、量子コンピューターや量子通信の高速化につながる光スピン制御の新原理を実証した。... 小坂教授らは、ダイヤモンド中の窒素空孔中心(...

横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授は、ドイツのシュトゥットガルト大学と共同で、量子通信に用いる光子をダイヤモンド中に「量子テレポーテーション」の原理で転写して保存する新原理を実証した。

横浜国立大学大学院工学研究院の小坂英男教授と新倉菜恵子研究員は、光の基本単位となる粒子(光子)の発光と吸収だけで、量子通信や量子計算に利用する「量子テレポーテーション」を実現する新原理...

産総研の今村裕志主任研究員とJSTの余越伸彦研究員、東北大の小坂英男准教授らのグループが開発した。

東北大学電気通信研究所の小坂英男准教授らは、粒子性と波動性を併せ持つ量子を重ね合わせた状態を半導体の電子スピン(電子の自転運動)に転写して、その状態を光で測定することに世界で初めて成功...

東北大学電気通信研究所の小坂英男准教授らは26日、絶対的な安全が保証される次世代の量子暗号通信で、通信距離を拡張する「量子中継器」の実現に向けた基礎技術を開発したと発表した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン