214件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

電機・IT関連でも「医療現場向けフェースシールドの設計開発」(日立製作所)、「オンライン授業向け字幕システム」(東芝)、「人の混雑予測」(三菱電機)などのほか「ワクチン設計に向けた人工知能(AI)活用...

小糸製作所が主要取引先。

小糸製作所は新型コロナウイルス感染予防の支援活動として、フェースシールド1000個を製作し、静岡市静岡医師会をはじめ静岡県内にある同社事業所近隣の医師会や医療機関へ寄贈した。

【心を一つに 小糸製作所・三原弘志社長】 目の前の業務に精通し全世界の小糸グループの仲間と共に、心を一つに力を合わせ、共に未来を切り開いていこう。

サプライヤーの不安 長期ビジョン、まだ見えず マレリ、小糸製作所、矢崎総業、ニッパツ、ヨロズ―。

小糸製作所は子会社のKIホールディングス(横浜市戸塚区)を4月1日に吸収合併する。... 小糸製作所は2019年4―6月にKIホールディングスの株式公開買い付けを実施し、19年8月に完全子会社化してい...

小糸製作所は、先進運転支援システム(ADAS)向け高機能センサー「LiDAR(ライダー)」を手がけるベンチャーの米セプトンテクノロジーズ(カリフォルニア州)に5000万ドル(約55億円)出資した。.....

バス定刻運行支援のイメージ(小糸製作所の資料から) 小糸製作所は静岡県が実施する自動運転バスの実証実験...

小糸製作所はこうした次世代技術に対応するためのリソースを確保するために、検査の自動化など生産効率化にも取り組んでいる。

【大きなチャンス 小糸製作所・三原弘志社長】 自動車産業は今後とも進化、高度化し、将来に向けて拡大していく。

小糸製作所は中国の開発体制を拡充する。... 足元の中国新車市場は縮小しているが、小糸の供給先である一部日系完成車メーカーの販売は好調に推移しており、小糸の中国事業も堅調だ。... 小糸の20年3月期...

小糸製作所はインド子会社のインディア・ジャパン・ライティング(IJL)を完全子会社化する。

小糸製作所は米国子会社と共同で、2020年1月7―10日(現地時間)に米国ラスベガスで開催する「CES」に出展する。

小糸製作所は次世代のランプ商品群を拡充する。... 自動運転が進む中で運転者と歩行者との意思疎通を高め、安全性を確保するために、小糸製作所が注目するのが路面描画ランプだ。... 小糸製作所は次世代ヘッ...

※ROEは株主資本当期利益率、ROAは総資産当期利益率、EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシャフロー 「第15回企業力ランキング」調査協力企業一覧(順...

小糸製作所は24日に開幕する「第46回東京モーターショー」に世界初のヘッドランプシステム「ブレードスキャンADB(配光可変ヘッドランプ)」を出展する。

トヨタ自動車系部品会社、小糸製作所の株式買い占めでも知られ、海外から閉鎖的と批判された日本の企業社会を大きく揺るがした。 ... 89年から91年にかけては、株式の20%を取得して筆...

小糸製作所は世界初のヘッドランプシステム「ブレードスキャンADB(配光可変ヘッドランプ)=イメージ」を開発し、実用化した。

さらに「アカデミアとの共創により次世代AI技術を開発する拠点、FUJIFILM CreativeAICenter『Brain(s)』(ブレインズ)を設立」(富士フイルム)、「日立製作所とAI技術を活用...

6月だけでも小糸製作所が運転支援システム開発のイスラエルベンチャーの株式を2400万ドル(約26億円)で取得すると発表。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる