電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

図は、急速凍結したブドウ糖溶液の中性子小角散乱曲線である。一般的な測定法で得られた散乱曲線1本では、構造うんぬん以前に散乱体が何であるかも分からない。 ところがスピンコントラスト変調...

たんぱく質の分子構造を観測するX線結晶構造解析やX線小角散乱では、波長が1オングストローム(100億分の1メートル)程度のX線を用いることが多い。

今回、非破壊でその場測定できる放射光X線小角散乱(SAXS)法を用い、たんぱく質が熱変性しない10―40度Cの範囲で牛乳の構造を解析した。

中性子小角散乱測定で、電解質膜の親水相が直径2ナノメートル(ナノは10億分の1)の共連続相分離構造にあると示した。... 通常の水と重水で中性子の散乱が変わる現象を利用する。... 同...

これにマンガンを加えた物質を合成し、磁化測定、ローレンツ電子顕微鏡観察、中性子小角散乱などの実験を行ったところ、室温以上の温度で、スキルミオンを生成することが分かった。

リガク(東京都昭島市、042・545・8111)は27日13時15分からTKP大阪梅田ビジネスセンター(大阪市福島区)で「X線小角散乱セミナー」を開く。

【発展に道開く】 さて、スプリング8を使ったこの新しい結果を確認するために、物質中の密度むらを検出することができるX線小角散乱の測定を、米国の共同研究者が放射光施設「SSRL=...

物質の構造を見られる「X線小角散乱測定」で、“整った構造”が直径1ナノメートル(ナノは10億分の1)程度の大きさを持つことがわかった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン