電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

持続可能な有機農業追求 坂ノ途中(京都市南区、小野邦彦社長)は、「持続可能な農業」をテーマに農産物販売などを手がけるスタートアップ。... 原料のカスカラ自体の引き合...

坂ノ途中(京都市南区、小野邦彦社長)は、双日と資本業務提携した。

坂ノ途中(京都市南区、小野邦彦社長)は、新たに農業を始めた「新規就農者」を支援するスタートアップ。... 新規就農者の多くが経営に苦労する理由の一つとして、小野社長は「構造的な不利」を...

そんななか、「現代農業は省力化や低コスト化が進む一方、環境負荷は大きい」と指摘するのが、坂ノ途中代表の小野邦彦だ。... 小野がことあるごとに口にする言葉だ。... 25歳の若さで起業した小野。

「起業のチカラ」第5回は、農薬や化学肥料を使わず育てた野菜の販売を通じ、持続可能な農業の普及を目指す小野邦彦さん。

第5回は、農薬や化学肥料に頼らずに育てた野菜を売ることで持続可能な農業の普及を目指す小野邦彦さんと、兵庫県淡路島を中心に農業分野の人材育成に取り組むパソナグループの南部靖之氏。... ・・・・・・・・...

受賞したプランは起業準備中の小野邦彦氏(京都市左京区)の「双方向型農作物流通システム“dododo”」と、シンク(大阪市北区、長尾二郎社長)の「マンガ作成ソフト『マンガ...

京都大学出身で「坂ノ途中」を7月に設立したばかりの小野邦彦さん(第8回大会)は「応募時のプレゼン経験が創業に役立った」と述べた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン