274件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

一方、山口大学は学長直轄組織でヒト・モノ・カネを動かす「リサーチファシリティマネジメントセンター」を新設した。... インタビュー/山口大学理事・副学長(学術研究担当) 上西研氏 コロナ禍契機、運用・...

岐阜大学と補強土防護擁壁の実証実験をするなど、客観性の高いデータを取得し、製品の信頼性を高める。 ... (新潟県聖籠町) 【多機能フィルター社長・丸本卓哉氏】&#...

宇宙ベンチャーのアクセルスペース(東京都中央区、中村友哉最高経営責任者〈CEO〉、03・4405・5085)と山口大学は、衛星データの利用や研究の推進に関する基本協定を結んだ。... 山口大では、地球...

山口大学は全学の研究機器共用を推進する「リサーチファシリティマネジメントセンター」を1月1日付で新設する。... 研究の機器は各研究室・学部に所属することが多いが、山口大は学内の共同利用を進めるために...

【知財本部強化を】 前任校の山口大学知財センターは、知財教育部門も持つことから著作権を専門とする教員が配置され、授業に関する著作権処理や著作権契約にも関与したことで統合運用に一定の効...

石油資源開発、バイオマス発電に参画 (2020/12/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

石油資源開発は山口県下関市におけるバイオマス発電所の建設計画を中心とする「長府バイオマス発電プロジェクト」の事業化検討に参画を決めた。事業推進主体となる特別目的会社(SPC)の長府バイオパワー(山口県...

今回、大学教員がその創作にかかわるとき、その著作者は大学になるか否かについて考えてみたい。 ... 執筆時、私は山口大知的財産センターで雇用され、教育を主な職務とし、かつ当時の上司か...

【法人保有も】 このように明らかに個人帰属が許容される著作物等が存在する一方で、大学が外部の権利主体と契約した共同研究報告書など、大学・教員双方とも権利帰属を厳密に捉えずに業務が進行...

【出版に限定】 学者が論文を大学紀要や学会誌に投稿する場合はどうであろうか。... 【規約を読むこと】 海外でも大学紀要といった法学系レビュー誌は、同様に著作権を譲...

筆者の前任校の山口大学は国際総合科学部で知財科目を手厚く配置して、カリキュラム中のPBLで生じる権利処理の能力確保を目指している。... 【学生が発案】 学生発案による総合的な対応例...

各大学は情報リテラシー教育を進めているが、著作権の基本知識提供も求めたい。前任校の山口大学では、2013年度から初年時の全学必修で著作権と産業財産権を教える「知的財産入門(科学技術と社会)」を開講して...

【金沢】山口大学と渋谷工業は9月から、共同開発している患者自身の骨髄細胞による肝臓再生療法「自己完結型肝硬変再生療法」の治験を開始する。... 山口大医学部付属病院で患者から採取した骨髄液を金沢市内の...

【京都】島津製作所は花王、協同乳業(東京都中央区)、山口県、山口市、山口大学と産学官連携し、高齢者の健康づくりがテーマの研究を始めた。山口大学医学部に開設した連携講座「地域コホート研究講座」で、高齢者...

山口大学の教授が研究シーズも紹介する。

エクサウィザーズ(東京都港区、石山洸社長、03・6453・0510)と山口大学は、人工知能(AI)技術の医療活用を加速させるために、包括的共創事業を始めた。

山口大学は優れた若手教員を、年功序列によらず教授に引き上げる新制度を始めた。... 学部の教授会の審査で適切だと認められれば、准教授と教授の人件費差額の年200万円程度を、大学本部が負担する。若手を刺...

帝京大学の木村友久教授・共通教育センター長と、山口大学の小川明子教授・知的財産センター長に、今の大学現場で重要な著作権問題について寄稿してもらう。(12回連載) 【状況に合わせて】&...

工業所有権協力センター(IPCC、東京都江東区、鈴木隆史理事長、03・6665・7850)は3日、2020年度「大学高専知財活動助成事業」の助成先として、山口大学や福井工業高等専門学校など11の大学・...

「豪州の大学では一連の授業をオンラインで提供することが多い。... この困難な時期に豪州にいるが、思いは日本の人々とともにある」(インタビューは4月24日、電子メールで実施した) 感...

世代に合わせ著作権教育 山口大など、教材・指導案開発 (2020/4/17 国際・商社・科学技術・大学)

山口大学、日本行政書士会連合会、コンピュータソフトウェア著作権協会は、小学生から社会人まで段階に応じた著作権教育の教材の開発を始めた。... 対象者は山口大知的財産センター教員による模擬授業を受け、教...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる