電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3件中、1ページ目 1〜3件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

リコーの青木惇季研究員と山科亮太グループリーダーと九州大学の倉爪亮教授は、機体は障害物に脚をとられていても操縦者の視点は意図通りに進むロボット技術を開発した。

現場に応じて柔軟対応、運用の負荷軽減 リコー基盤開発統括センターサービス・ロボティクス技術開発グループの保坂健人氏と山科亮太グループリーダーは、現地で地図情報や走行経路を作成しなくて...

リコーの山科亮太シニアスペシャリストは、「シミュレーションでいじめにいじめ抜いて制御動作を獲得させ、現場で数回操縦して順応させる」と説明する。 ... 山科氏は「操縦する人間もロボッ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン