電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

【展開】海外売上高比率倍増、20%に 極東開発の歴史は日本海軍の傑作機「紫電改」を生んだ川西航空機にさかのぼる。川西航空機は現在の新明和工業。川西航空機が戦後にダンプトラック...

大和工業は戦後、工場に鉄スクラップを溶かす電炉や最新の圧延機を導入し、建築資材や軌道部品など幅広い鉄鋼製品を高品質に作れるようになった。 ... 【企業メモ】太平洋戦争中の1944年...

不撓不屈/イワフジ工業(3)林業機械に特化 (2016/3/31 中小企業・地域経済1)

実は新明和工業の前身も戦前の航空機メーカーである川西航空機だ。創業者・川西清兵衛は中島飛行機の創業直後、同社に出資。その後、自社で航空機生産に乗り出した歴史がある。

航空機事業は同社の原点だ。前身の川西航空機では戦前、戦中と小型航空機や大型飛行艇などを製造。... 航空機分野は全事業の売り上げの約2割を占める。

飛行艇「二式大艇」や、戦闘機「紫電改」などの名機で知られる川西航空機が前身の新明和工業。航空機事業では自衛隊向け救難飛行艇や民間機向け部品を手がけるほか、ダンプトラックなどの特装車事業、下水道用ポンプ...

新明和工業の航空機事業の協力企業でつくる「甲友会」は1960年の発足。... 甲友会設立のきっかけも対潜哨戒機開発の計画が持ち上がったのを受け、前身の川西航空機が手がけていた飛行艇生産を復活させたいと...

「飛行機を丸ごと製造する技術は簡単に養えない」というのは新明和工業営業統括本部航空機営業本部副本部長の川西康夫さん。... 「航空機産業はすそ野が広い。... 川西さんは二式大艇などの名機を生んだ同社...

戦前に軍用機を生産していた川西航空機の流れをくむ同社は、60周年記念式典を本社で開いた。 特装車やポンプで戦後のインフラ整備に貢献し、かつての航空機製造も復活した。

【完成機メーカー】 新明和工業は数少ない国内航空機メーカーの一つ。前身の川西航空機では、太平洋戦争中に戦闘機や飛行艇などを製造していた。... 完成航空機メーカーである一方、民間航空機向けコン...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン