148件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

浜松ホトニクス、イオン化支援基板増強 質量分析装置用 (2020/11/23 機械・ロボット・航空機2)

植物組織や工業材料に含まれる異物など、小さい試料に適したサイズの質量分析イメージング用を2種追加。

工業材料12月号/機能性粉体の最新加工技術 (2020/11/12 機械・ロボット・航空機2)

13日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料12月号」では「機能性粉体の最新加工技術」を特集する。 ... 続いて、微粒子シリカ、酸化チタンの基本特性、メカニズム、用途につい...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料11月号」では「JASIS2020から探る分析・評価・計測技術の最前線」を特集する。... 毎年、「環境」「食品」「材料」の各分野から注目度の高いテ...

新役員/東レ 取締役専務執行役員・萩原識氏ほか (2020/9/21 素材・医療・ヘルスケア)

07年岐阜工場長、11年工業材料事業部門長、12年取締役、14年常務取締役。... 取締役専務執行役員複合材料事業本部長兼トーレ・カーボン・ファイバーズ・ヨーロッパ会長 吉永稔氏 【...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料10月号」では「SDGsの達成に向けた新たなプラスチックの技術開発と課題」を特集する。

輝け!スタートアップ(45)ボナック (2020/9/3 中小・ベンチャー・中小政策)

林社長はボナックを設立する2010年以前、化学工業材料を扱う会社にいた。... 同じ材料でも、大学向けは少量になるため単価が高くなり利益を確保できる。... 事業を開始すると早々に、大木会長は新しい核...

ナノ材料を使った太陽熱生成の魅力は、ナノ材料の近傍を局所的に加熱し、水を蒸発できることである。... 【TiN粒子】 TiNは切削工具のコーティングに使われる工業材料だが、TiN中の...

12日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料9月号」では「次世代モビリティを支えるパワー半導体の開発動向」を特集する。 ... 中でも従来のシリコンウエハーを使用したパワー半...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料8月号」では「構造用セルロースナノファイバーの動向と自動車への応用」を特集する。... 環境に優しく、持続可能な社会の実現に寄与するものとして期待を...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料7月号」では「3Dプリンター用材料の新たな展開」を特集する。... その材料も樹脂や金属に加えて新たな材料を用いる例が増えてきた。... 特集では、...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」6月号では「マルチマテリアル時代における異材接合のための接着技術」を特集する。異なる材料を複合化して接合することで性能とコストを両立させるアプロー...

工業材料5月号/スポーツの可能性を広げる材料とその適用 (2020/4/14 機械・ロボット・航空機2)

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」5月号では、「スポーツの可能性を広げる材料とその適用」を特集する。 ... その重要な要素に材料がある。 .....

日立ハイテク、子会社の社名変更 (2020/3/24 電機・電子部品・情報・通信2)

燃料や工業材料などの販売が主力で今後、デジタル技術を融合したサービス事業を展開する。

工業材料4月号/次世代電池技術の進展を探る (2020/3/12 機械・ロボット・航空機2)

14日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」4月号では、「次世代電池技術の進展を探る」を特集する。

工業材料3月号/拡大するCFRPの適用分野と可能性 (2020/2/13 機械・ロボット・航空機1)

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」3月号では、「拡大するCFRPの適用分野と可能性」を特集する。本特集では、軽量かつ高強度の材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の適用分野...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」2月号では、「新境地を切り開く めっき・表面処理技術の最前線」を特集する。本特集は、メッキ技術をはじめ、わが国の表面処理技術の研究をリードしてきた...

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」2020年1月号では、「自動車電動化で需要高まる静音・放熱のための材料技術」を特集する。 自動車の電動化の進展は、自動車材料の特...

工業材料12月号/応用拡大する光触媒技術の新展開 (2019/11/14 機械・ロボット・航空機2)

15日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「工業材料」12月号では、「応用拡大する光触媒技術の新展開」を特集する。 ... 続いて、光触媒を応用した歴史的建造物保護の取り組み、光触媒...

イタコン酸は植物由来の再生可能な工業原料のため、今後の需要拡大に向けた生産量の確保が期待される。... 微生物が作る新たな工業材料の開拓につながる。

日刊工業新聞社人事・機構改革 (2019/10/29 総合2)

(11月1日)【機構改革】(1)本社出版局雑誌部を雑誌編集部と雑誌広告部の2部体制とし、編集と営業部門の職責を明確化(2)大阪支社編集局の産業部を廃止し経済部に統合 【人事】▽出版担...

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる