電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

398件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

従来工場だけでは自動化設備を置くには手狭で、増築により工程間をスムーズに連携できるようになった。

今後は工程間の移動を自動化し、生産性を引き上げたい」 ―どのような人材育成をしていますか。 「1人の社員が1工程だけでなく、複数の工程を担当できるように教育している...

「電気自動車(EV)の製造工程において、モジュール単位での供給はOEM(完成車メーカー)の組み立て工数削減につながる。... 自動化工程を開発する部隊を立ち上げ、からく...

ロボが工程間搬送・梱包自動化 【東大阪】フジキン(大阪市北区、田中久士社長)は、既存の大阪工場東大阪(大阪府東大阪市)の近隣に半導体向けバルブ機器の工...

企業研究/ミクニ(3)”見える化”で生産性・品質向上 (2024/2/21 自動車・モビリティー)

生産性向上に向けて2018年から取り組むのが、モノと情報の流れをつなげることで生産工程の正常と異常を可視化する「見える工場」化だ。... 材料投入から完成品入庫までのリードタイム短縮、工程間を連結して...

UEL、3Dモデル活用ツール刷新 SaaS形式で提供 (2024/2/7 機械・ロボット・航空機1)

工程間の情報共有/大容量データも円滑 UEL(旧日本ユニシス・エクセリューションズ、東京都江東区、長広勲社長)は、3次元(3D)モデルの閲覧...

ものづくり現場のリアル英会話(8) (2024/2/8 マネジメント)

たとえば、2つの工程間に適切な距離を確保します。 ... 部品を運ぶためだけに工程間を歩き過ぎるのは不合理ですから。 ...

また車体構造を一体成形する生産技術「ギガキャスト」や、車台が自ら工程間を移動する「自走組み立てライン」など新技術の開発に尽力した。

堀場、京都に新工場 半導体装置用MFC増産 (2023/12/13 機械・ロボット・航空機1)

MFC自動化生産ラインや工程間をつなぐ搬送ロボットなど最新設備を導入し、自動化と効率化も推進。

2023国際ロボット展/高性能・使いやすさ追求 (2023/11/30 機械・ロボット・航空機1)

コボッタが秤量や濾過、分注といった繰り返し作業や長時間の作業を工程ごとに担う。自律移動ロボット(AMR)に載せたコボッタプロが各工程間をつないで自動化する。顧客は必要な工程を自由に組み...

工程間の自動化による生産性向上につながる。... 工程の時間短縮やコスト削減が見込める。 従来工程では研削や研磨の工程ごとに専用装置が処理しており、工程間で加工対象物(ワーク...

2023国際ロボット展/紙上プレビュー(3) (2023/11/14 機械・ロボット・航空機1)

【ダイドー/後付け工程間自動搬送システム】 ダイドー(名古屋市中村区)は、既設ラインへの後付けで自動化を実現する工程間自動搬送システム(イメージ&#...

新・工場の英会話(40) (2023/11/9 マネジメント)

工程間には、それほど多くの仕掛品在庫はないように見えます。 ... 作業者は、それぞれの工程で異なる機械を扱います。多工程持ちは、1人の作業者がもののでき上がる順を追った複数の工程を...

工程間の段取り替え作業を削減し、少量多品種生産の効率向上につながる。... ワークの脱着が必要なのは事前の段取りと工程完了時のみで、ワークが変わるごとに治具を調整する手間がかからない。

新・工場の英会話(39) (2023/11/2 マネジメント)

次の工程では、もう1人の作業者も2、3台の機械を動かしています。 ... えぇ、これは(作業者が)1工程(だけ)を担当する例ですね。 ...

ABB、ロボ5割増産 スウェーデンに新工場 (2023/9/25 機械・ロボット・航空機2)

新工場では工程間の製品搬送に自律移動ロボット(AMR)を活用するなど自動化を推進。

新・工場の英会話(29) (2023/8/24 マネジメント)

かんばん方式を採用すると、工程間に在庫が少なくなるのがわかります。 ▶inventory:在庫 &#...

新・工場の英会話(27) (2023/8/10 マネジメント)

かんばんシステムは、それぞれの生産工程で、もののジャスト・イン・タイム供給をコントロールします。 ... かんばんには、必要なもの、必要なとき、必要な数量などが明記されており、各工程...

コンベヤーや工程間搬送の自動化、ロボットシステムの周辺・ハンド設計、部品・素材供給、自動箱詰め、自動検査・仕分けをカバーする。

オムロン、移動ロボに中可搬タイプ追加 自動車業界向け (2023/7/20 機械・ロボット・航空機2)

使用例として、製造現場の工程内搬送で同60キロ―250キログラム対応の小・中型モデル、材料や完成品などの搬送では同650キログラム、同1500キログラムまで対応できる中・大型モデルを想定する。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン