217件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

科学技術の潮流(157)予防・診断に医療DX活用 (2022/7/29 科学技術・大学)

さらに、ゲノム情報を活用した診療が、がんや希少疾患では一般的になりつつある。近年では、大規模ゲノムコホートの国際共同研究により、がんや心疾患などの疾病への罹患(りかん)しやすさを予測す...

アステラス、米西海岸に拠点開設 細胞医療など研究開発 (2022/7/26 素材・医療・ヘルスケア2)

希少疾患や癌の患者を対象とした細胞医療と遺伝子治療の研究開発を加速する。

武田薬の酵素製剤、希少疾病用薬に指定 MLD治療に効果 (2022/6/23 素材・医療・ヘルスケア2)

武田薬品工業は22日、開発中の遺伝子組み換えヒトアリルスルファターゼA「TAK―611」が希少疾患の異染性白質ジストロフィー(MLD)に対する効能や効果があるとして、厚生労働...

その際、希少疾患などで患者数が少ない医薬品を想定した「条件付き早期承認制度」の適用を求めていたが、その後緊急承認制度に適用を切り替えて申請したため、この制度に基づいて審査される。

副腎皮質由来の神経内分泌腫瘍の一つ、悪性褐色細胞腫は、外科手術など既存の治療法では根治が非常に難しい希少疾患である。

新薬を開発・製造販売する製薬企業は、糖尿病など生活習慣病を中心とした患者数の多い疾患向けに大量生産される低分子化合物であるプライマリー領域と、がんや希少疾患など難治性疾患向けに開発されたバイオ医薬品な...

働く女性の婦人科受診促進 製薬各社、啓発・対応急ぐ (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア1)

働く女性が急増する中、婦人科疾患の啓発や受診率の向上に向けて製薬各社が対応を急ぐ。武田薬品工業は希少疾患である遺伝性の血液疾患「フォン・ヴィレブランド病」の理解促進から、早期発見と診察を支援。... ...

武田薬の通期見通し、増収増益 主力薬好調・為替もプラス (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」や希少疾患薬「タクザイロ」などの販売が引き続き伸びて増収となる見通し。... 22年3月期連結決算は主要な疾患領域の製品の販売が伸長したことに加え、...

マイシン、DCT導入加速 臨床試験にIT活用 (2022/4/27 素材・医療・ヘルスケア)

製薬企業は希少疾患をはじめ、対象を絞った医薬品開発を進めるケースが増えている。

ノボノルディスク、希少疾患領域に参入 (2022/4/5 素材・医療・ヘルスケア1)

ノボノルディスクファーマ日本法人(東京都千代田区、オーレムルスコウベック社長)は、希少な血液疾患、内分泌疾患、腎疾患領域に参入する。バイオファーマ事業本部の名称も「希少疾患事...

DMDは主に男児が発症する遺伝性筋疾患で、遺伝子変異が原因で筋肉細胞の骨組みを支えるジストロフィンたんぱく質が産生されず、筋力が低下する。... 日本新薬は泌尿器科、血液内科、婦人科、難病・希少疾患の...

製造コストや工程数の削減など製造技術に強みを持ち、これらを生かして、まだ治療法が見つかっていない疾患に対する医薬品の開発に貢献する。... 新会社では、現状普及しているmRNA医薬の標準的な製造技術に...

BUは消化器疾患(10地域)、神経精神疾患(同)、ワクチン(2地域)、希少疾患の四つの事業部とする。希少疾患事業部は、地域制ではなく、専門分野ごとのフラ...

ファイザー、遺伝子治療のサイト開設 (2022/3/8 素材・医療・ヘルスケア1)

新たな治療法である遺伝子治療について遺伝子治療が検討されている疾患、治療例、用語解説などを掲載。... 世界には7000種類以上の希少疾患が存在し、そのうち8割の約6000種類は遺伝子が原因の疾病とさ...

治験にもデジタル化の波 製薬企業、コロナで導入加速 (2022/2/8 素材・医療・ヘルスケア1)

さまざまなデータの収集・分析が容易になることから治験期間の短縮や分析精度の向上だけでなく、疾患予防など幅広い利活用が期待される。... 「希少疾患で患者数が少ない治験のフィージビリティ(実行可...

協和キリン、希少疾患の情報発信に協力 (2022/1/6 素材・医療・ヘルスケア1)

協和キリンは特定非営利活動法人アスリッド(東京都文京区)が設立した希少疾患情報コミュニティー「ステップ」に参画した。... 専門医と連携して希少疾患の病態や治療薬の研究開発、患者のコミ...

がん領域の薬剤や希少疾患領域の新薬が発売され、海外を中心に売り上げが伸びるのが主な要因。

21年4―9月期は、消化器系疾患領域、がん領域など主要な疾患領域で売り上げが伸び、各利益ともに増加した。... 希少疾患領域は同1・6%増の3001億円だったものの、その中で希少血液疾患領域は...

AROは企業単独では研究開発を進めにくい条件(国・地域や希少疾患、アカデミア研究成果など)や緊急事態下での研究者主導臨床試験など公益的な支援をすることが多い。 ...

この病気は指定難病で、心不全や肝不全など臓器の機能障害を起こす予後不良の疾患。だが、「ほとんどの医師が臨床で一生に一度みるかみないかの希少疾患」という。 「今まで良い治療法がなかった...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン