469件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

眼球に人工レンズを埋め込む手術時に、レンズの度数や設置角度を医師に提案し、手術精度を高める同社製システム「ベリオン」とも接続。

三和酒類/ハイボール向け「いいちこ」 (2020/8/3 新製品フラッシュ1)

アルコール度数は25度。

缶チューハイ・カクテル市場拡大 ビール各社、新商品で競争激化 (2020/7/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

キリッと男前は、アルコール度数9%と高めで甘くなく、お酒とレモンを際立たせる味わいにした。... アルコール度数の高い「ストロング」で求められる「上質感」をコンセプトにリニューアルした。... アサヒ...

メルシャン、クラフトスパークリングワイン 1万5000ケース販売 (2020/6/24 建設・生活・環境・エネルギー)

同商品は容量500ミリリットルと通常よりも小さく、アルコール度数も抑えたのが特徴。

IoTにより日本酒や焼酎の麹(こうじ)の温度や蒸留装置でのアルコール度数などを管理する仕組みを構築。

吉乃川では、発酵過程での温度やアルコール度数の計測に加え、熟練者が「におい」で発酵の進行具合をみている。 ... 通信ネットワーク環境の整備を行うNTT東日本も協力し、取り組みの第1...

度数70度、手指消毒液の代替 木内酒造 高濃度アルコール製品 木内酒造(茨城県那珂市、木内洋一社長、02...

厚生労働省もアルコール度数の高い飲酒用の酒を消毒液の代わりにすることを特例として認めている。 ... アルコール度数77%の酒で、手指の消毒に活用できる。

メルシャン、新製法のスパークリング投入 (2020/4/23 建設・生活・環境・エネルギー)

ワインに比べアルコール度数を抑え、容量を500ミリリットルと飲みきりサイズとすることで、手軽に飲める「カジュアルスパークリング」という新たなカテゴリーを創出し、ワイン市場の底上げにつなげる。

ニュース拡大鏡/化学、センサー関連技術の開発加速 (2020/4/22 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成、「におい」で酒造効率化 旭化成などは第1弾として、「におい」からアルコール度数を推定・可視化する実証実験を5月下旬まで行う。... これを分析し、アルコール度数を推定する。....

それには、まず濁度数百程度までは沈降池に凝集剤をまいて固形分を沈降させる等の一次処理が必要になる。

手術前に眼内レンズの度数や埋め込みに最適な角度を算出し、手術中はリアルタイムで目の状態を計測。... 手術計画の立案を支援するベリオンは、術前検査のデータに基づき最適なレンズの度数や設置角度を提案する...

「メガネ オン メガネ」は、度数が強い視力矯正眼鏡を装着している人を想定したサービス。

同装置と連動して使うパソコンには計測後の結果として平面から上下方向へ乖離(かいり)の実数値や測定点数、これらから割り出された平面度数値に加え、フルカラーで高低のバラつき状態を表示する。

アルコール度数を5%に抑えたほか、容量を500ミリリットルとして気軽な飲用をアピールしている。

これが成功した例は、物質・材料研究機構(NIMS)が中心として開発した嗅覚センサー(MSS)を用いたアルコール度数推定の研究である。 においを高感度に検知し電気信号に変換できるMSS...

容量500ミリリットル、アルコール度数50度。

黄桜/飲みやすさ追求したクラフトビール (2019/10/28 新製品フラッシュ1)

アルコール度数を5%に抑え、飲みやすさを追求。

度数はプラス1・0―プラス2・0までの3タイプあり、デザインについてはオーバルやスクエアなど4種類を用意した。

複数のアルコール度数を持つ商品の認知度が高まってきた中で、単品ごとのオケージョン(機会)訴求でまだまだ可能性がある」 ―「ご当地色」が消える一方、競争が激しい製品でどう差別化しますか...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる