電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

639件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

エネルギー密度が低いため長距離輸送が困難な水素は、アンモニアから水素を取り出す「クラッキング」や廃プラスチックのガス化による水素製造を検証する。

「ENEOSホールディングスと連携して全国初の家庭ゴミ廃プラスチックのケミカルリサイクルも実証実験中だ」と強調し、2050年までに国東市のカーボンネガティブ実現を推進する。

CFP、廃プラ再生で新団体 石化・商社など17社参画 (2024/5/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

【福山】CFP(広島県福山市、福田奈美絵社長)は、廃プラスチックを高温で油に戻してリサイクルする「ケミカルリサイクル」の普及に向けた団体を設立する。石油化学メーカーやプラスチックを大量...

4月を強化月間として22施設が利用客向けにプラスチック廃棄物削減などの啓発を一斉に展開した。... 今回、研修施設では海岸などに漂着した廃プラスチックを材料にしたボールペンを紹介。

貴藤買収では建設系廃棄物の廃プラスチックなどを選別し、レックスでRPFをつくる際の原料などに活用する。

約2トンの加圧能力と最大320度Cの加熱温度を実現し、エンジニアプラスチックの成形にも対応する。... フィラー入り材料からペットボトルキャップのような廃プラスチックまで幅広い材料を投入できる、新素材...

セメント、脱炭素に知恵 製造工程でのCO2排出量削減図る (2024/5/3 素材・建設・環境・エネルギー)

UBE三菱セメントはセメント焼成用の熱エネルギーについて、石炭から廃プラスチックや下水汚泥など産業廃棄物の置き換え率向上を進めている。... 現在、熱エネルギーのうち約3割に下水汚泥や廃プラスチック、...

今後は廃プラスチックや電子機器関係などとともに、建物の解体事業の比率を上げる。

鹿島地区では、三菱ケミカル茨城事業所(茨城県神栖市)で、ENEOSと廃プラスチックを油化するケミカルリサイクル(CR)設備を立ち上げる計画だ。

10年ほど前から、廃プラスチックや古畳などの回収品から発電燃料となる固形燃料(RPF)の製造を開始。... RPFには廃プラスチックや木くず、紙くず、繊維くずなど、リサイクルが難しく焼...

経営ひと言/CFP・福田奈美絵社長「廃プラ処理増強」 (2024/3/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

三井化学に廃プラスチックを原料とした熱分解油の供給を始めた。... 今後は廃プラの処理能力の増強を計画しており、CR関連の取り組みは広がる。

三井化学は花王やCFP(広島県福山市)などと廃プラスチックのケミカルリサイクル(CR)を生かした循環の仕組み作りに乗り出す。CFPが手がける廃プラを...

経営ひと言/レゾナック・高橋秀仁社長「20周年、思い新た」 (2024/3/19 素材・建設・環境・エネルギー2)

廃プラスチックを水素やアンモニアにする川崎プラスチックケミカルリサイクル事業(KPR)が20周年を迎えた。

ENEOS、東急不と連携 廃食油をSAFに活用 (2024/2/19 素材・建設・環境・エネルギー)

ENEOSと東急不動産は、廃食油を持続可能な航空燃料(SAF)の原料として活用する取り組みで基本合意した。... ココノススキノでは施設で発生する廃食油全量をSAFに活用することを目指...

レゾナック、脱炭素・DXへの取り組み加速 新たな付加価値創出 (2024/2/9 素材・建設・環境・エネルギー)

脱炭素関連では、川崎事業所(川崎市川崎区)で廃プラスチックから水素やアンモニアを作るケミカルリサイクル(CR)や、日本製鉄などと連携し工場排ガスに含まれる低濃度二酸化炭...

丸紅は九州大学やレゾナックなどと連携して、プラスチックのリサイクルの仕組みを構築する。九州地域で企業や自治体から排出されるプラスチックを収集・分別し、基礎化学製品の原料として再資源化する。... 九州...

ENEOS、家庭のプラゴミ再生 大分で実証 (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

ENEOSホールディングスと大分県国東市は、家庭ゴミ廃プラスチックを使用したケミカルリサイクルに向けた実証実験を始める。家庭ゴミ廃プラを収集して油に戻し、石油製品やプラスチック製品への循環再利用に適し...

輸出減、国内の循環利用増 プラスチック循環利用協会(岩田圭一会長=住友化学社長)によると、2022年の国内の廃プラスチック発生量は823万...

セメント大手トップに聞く(下)UBE三菱セメント社長・小山誠氏 (2024/2/1 素材・建設・環境・エネルギー2)

あるいは、廃プラスチックなど廃棄物の熱エネルギー利用を進める。

合成皮革や機能性フィルムの代替材、医療用の生体適合材としての利用のほか、生分解性も持つため廃プラスチックによる海洋汚染の問題解決への貢献も見込まれている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン