5,143件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

京浜地区に残るのは下流工程で、首都圏向けの建材や建設機械用厚板、溶接管などを手がける。... 手こずった仕事もあったが、これが製鉄所の機械部品かと実感した。

「産業機械・造船・車両」の分類では、12社中8社が増額したと回答。... 「建設・住宅・不動産」の分類は、7社中6社が増額。... さらに「農業機械の自動運転技術」(クボタ)、「建設機械の自動化・遠隔...

建設機械大手4社の2020年4―6月期連結決算は、全社の売上高が前年同期比2割を超える減少となった。... 「新型コロナ感染防止策として自動化、無人化や遠隔操縦ニーズが一層高まる」(小川社長)とみて、...

第5世代通信(5G)を地域限定で用いる「ローカル5G」を使い、遠隔から建設機械の操作、無人施工を実証し開発を促す。... 新型コロナを受けて、国交省が省横断で取り組むインフラ分野の非接触・リモート化に...

建設機械や産業機械は関連需要の悪化で国内外ともに新規案件が低迷。... 機械構造用炭素鋼(SC材)の実勢価格は、ベースサイズでトン当たり11万5000円―12万円どころを横ばい。

国土交通省が推進する、情報通信技術(ICT)を活用した建設現場の生産性革命「iコンストラクション」を東南アジアに広めようと、民間企業約50社が6日に新組織を立ち上げる。測量や建設機械、ゼネコン、情報処...

建設機械に取り付けるアタッチメントなどを手がける建機事業やグラインダーなどのエアーツールを扱う空機事業などの事業部門も持つ。

トピー工業は米キャタピラーの2019年のサプライヤー認証制度で、鉱山機械用ホイール部門において最高位の「プラチナ認証」を8年連続で取得した。... 鉱山機械用ホイールの他に、建設機械足回り部品でも取得...

新型コロナウイルス感染症で国内は農業機械の販売が停滞。... 海外は小型建設機械やトラクターなどが減少した。

アズミー/特殊車両の事故低減システム (2020/8/3 新製品フラッシュ2)

建設機械やフォークリフトなど死角が多い特殊車両の事故低減を図り、清水建設の協力を得て開発した。

6月の建機出荷23%減 内需は微減、輸出低迷長引く (2020/8/3 機械・ロボット・航空機1)

日本建設機械工業会(建機工)がまとめた6月の建機出荷額(補給部品含む)は、総合計が前年同月比23・3%減の1775億2200万円と9カ月連続のマイナスになった。... 建設用クレーンは総合計が同26・...

造林では機械の活用が進んでいないほか、人手に頼るにも重労働だ。機械化によって作業負担が軽減され、林業の担い手確保につながると期待する。 ... 6月には建設機械のレンタル会社によるレ...

神鋼では広い視野を持つこと、世に役立つ商品を作ることを訴えてきた》 「建設機械業界で当社は中堅クラス。

パナソニック、溶接ロボの稼働可視化 最大32台接続 (2020/8/3 機械・ロボット・航空機1)

自動車や建設機械業界向けを中心に提案する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込む建設機械需要が、国内や欧米は10月以降、中国を除くアジアやオセアニアなども21年1月以降に回復基調に入ると見込む。... 建機以外の産業機械部門は、半導体業界...

三井物産では機械部門を長く歩み、コロンビア、メキシコ、豪州、ペルーなど半分以上を海外で過ごした。 2004年にペルーの建設・鉱山機械販社の社長時代、社員と一体感を高めるためスペイン語...

生産性向上、ニーズに応える 独自シェルマシンで成長 岡田シェル製作所(兵庫県淡路市、岡田敏孝社長、0799・62・6098)は、建設機械や農業機械、産業用ロボット向けなどの鋳物の内側...

大成建、建設現場施工状況を可視化 IoT・映像データ活用 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

大成建設は27日、工事関係者間で遠隔地からリアルタイムに情報共有できる現場管理システム「T―iDigital Field」を開発したと発表した。... これにより、建設機械稼働状況や作業進捗(しんちょ...

サコスはレンタカー会社と組むことで、本業の建設機械レンタル以外の個人客を開拓する。

ICT建機、普及後押し 2019年度の国内建設機械本体出荷額は8955億円。直近10年間で最高額となる中、同年度の土木建設機械リース取扱高および割賦・延べ払い契約高は5274億円(中...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる