20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

インタビュー/鴻池組社長・渡津弘己氏 30年売上高、「環境」30%に (2021/8/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

再生エネ・省力化施工を主軸 関西を地盤に建設・土木事業を手がける鴻池組が11月に創業150周年を迎える。... 17年にICT推進室を設け、ショベルカーなどの掘削...

エアロセンス(東京都文京区、佐部浩太郎社長)は、有線給電式の飛行ロボット(ドローン)を活用した映像撮影システムが、建設機械の遠隔操作に必要な映像制作機材として採用された。アクティオ(東京都中央区)をは...

鹿島とJAXA、建機1000km遠隔操作 無人で月面拠点建設へ (2021/5/19 建設・生活・環境・エネルギー)

鹿島と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、1000キロメートル超離れた場所から建設機械の遠隔操作と自動運転による施工実験を実施し、高い精度の施工を実現したと発表した。... 限られた通信容量の実...

コベルコ建機は26日、建設現場の遠隔操作システム「K―DIVEコンセプト」推進に向け、飛行ロボット(ドローン)システム開発のセンシンロボティクス(東京都渋谷区)と協業したと発表した。... その情報の...

災害復旧迅速化や技能人材不足への対応を狙い、建設機械の遠隔操作などに取り組む。... 第4世代通信(4G)の環境があればインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作ができるという。 ....

東京大学大学院工学系研究科の山下淳准教授らは、建設機械を遠隔操作する際に好きな視点からの映像をリアルタイムで確認でき、人や危険物を自動検知できる技術を開発した。... 4台のカメラの映像を建機内に設置...

コベルコ建機は、建設機械の遠隔操作システムの開発を加速する。... 建機の遠隔操作技術は、日本マイクロソフトと共同で開発を進めている。... 自動建機ではなく、人が建機を遠隔操縦するのがポイント。

KDDIと大林組、NECは、第5世代通信(5G)を用いて道路造成工事に必要な一連の作業を建設機械の遠隔操作や自動化で行う実証実験に成功した。... 油圧ショベル、クローラーキャリア、ブルドーザーに搭載...

5Gの早期普及により、建設機械の遠隔操作や遠隔医療、自動工場などで地方創生を目指す。

高精細映像などの大容量データを高速で遅延なく多数の機器に伝送できる5Gの特徴を生かし、建設機械やロボットの遠隔制御を実証中。... コマツとは5Gを用いて建設機械を遠隔操作する実証も行った。... 当...

5G対応携帯、23年出荷台数シェア3割 IDC予測 (2019/6/21 電機・電子部品・情報・通信1)

当初は5G対応携帯電話の普及と連動して増加するが、競技場やコンサート会場からの高精細映像のリアルタイム配信、人工知能(AI)による工場設備の予防保全、建設機械の遠隔操作など産業向けIoT(モノのインタ...

遠隔地にいる患者の患部を映した高精細映像で大学病院の医師が診察する遠隔医療、建設機械の遠隔操作、自動車の自動運転サービスなど、人手不足に悩む地方の課題の解決にも役立つはずだ。

秋にプレサービスが始まる第5世代通信(5G)を用いた遠隔医療や建設機械の遠隔操作、テレワークなども動画を交えて説明している。

従来の機械加工に比べ安定的に微細加工できる。第5世代通信(5G)やIoT(モノのインターネット)技術による建設機械の遠隔操作や自動車などにも提案する。

ソフトバンク、持ち運べる5G設備公開 可搬型基地局などセット (2018/12/4 電機・電子部品・情報・通信1)

2020年に商用化予定の5Gは、建設機械の遠隔操作など産業用途でも活用できるため、人手不足に悩む地方の課題を解決する技術としても期待される。

KDDIなど、5Gで建機遠隔操作 高精細画像で作業効率向上 (2018/2/16 電機・電子部品・情報・通信1)

KDDIと大林組、NECの3社は15日、第5世代通信(5G)を活用した建設機械の遠隔操作に成功したと発表した。... 同日、大林組の東京機械工場(埼玉県越谷市)...

OKI、視点を自在に選べる3Dサラウンドビューシステム (2017/10/26 電機・電子部品・情報・通信1)

タッチパネル操作によって同空間内で仮想カメラを前後左右に動かし、車の周辺を確認できる。... 建設機械の遠隔操作にも利用できそうだ。

建設機械を遠隔操作してロボットのように無人で作業させる“建機ロボット”が災害復旧現場で活躍し始めた。... 遠隔操作は1キロメートル離れた場所からでも可能だ。 ... 放射線量が高く...

ゼネコン各社は東日本大震災で被災した危険区域の復旧に建設機械を遠隔操作する「無人化施工」技術を活用する。... 無人化施工は建設機械操縦者(オペレーター)の安全が確保できない場所で工事を行う遠隔操作技...

1992年に長崎県の雲仙普賢岳の噴火災害が発生した時、人が入れない危険な現場で無人の建設機械を遠隔操作し、復旧工事をした。... 鹿島の植木睦央機械部技術1グループ長はシステム化の効果を強調する。.....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる