電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5件中、1ページ目 1〜5件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

同手法は強磁性半導体以外の材料系にも適用できるため、あらゆる分野で材料開発の時間短縮や低コスト化に寄与できる。 半導体と磁性体の両方の特性を同時に持つ強磁性半導体は、信号の制御だけで...

強磁性半導体、発現を解明 原子力機構など (2020/12/11 科学技術・大学)

日本原子力研究開発機構の竹田幸治研究主幹、東京大学大学院工学系研究科の大矢忍准教授、東大院理学系研究科の藤森淳教授らの研究チームは、エレクトロニクスとスピンを融合した「スピントロニクス技術」でカギを握...

このスピントロニクス材料として盛んに研究されているものは、半導体に磁性体を少量添加した強磁性半導体と呼ばれる物質群である。しかし、多くの強磁性半導体は、室温よりも低い温度で磁石としての性質を失ってしま...

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の田中雅明教授、大矢忍准教授の研究グループは、強磁性半導体のガリウム・マンガン・ヒ素試料において、強磁性が現れる機構の理解につながる重要な構造を明らかにした。....

研究では磁石でもあり半導体でもある強磁性半導体「ヒ化ガリウムマンガン」の薄膜をガリウムヒ素基板上に作り、その上に高比誘電率を持つ絶縁膜金属膜ゲート電極を積層。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン