1,637件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JR西の22年3月期の業績は2期連続の当期赤字となる見通し。

石油資源開発の通期見通し、当期赤字1140億円 特損計上で拡大 (2021/8/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

石油資源開発は10日、2022年3月期連結業績予想を5月発表時から修正し、当期損益はカナダのオイルサンド(油砂)子会社売却に伴う特別損失計上などで、赤字幅が857億円増加し1140億円に膨らむと発表し...

JALの4―6月期、当期赤字579億円 供給調整でコスト減 (2021/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本航空(JAL)が3日発表した2021年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、当期損益が579億円の赤字(前年同期は937億円の赤字)と赤字幅が縮小した。... 本業のもうけであるEBIT(利払い・...

先週も日揮HDと千代化が協業した豪州のイクシスLNGプロジェクトの遂行でかさんだ費用の支払いをめぐり、両社とも22年3月期連結業績が当期赤字に転落することを発表。

千代化の4―6月期、当期赤字172億円 特損204億円計上 (2021/8/3 機械・ロボット・航空機1)

千代田化工建設が2日発表した2021年4―6月期連結決算は、当期損益が172億円の赤字(前年同期は44億円の黒字)だった。... 22年3月期の当期損益は140億円の赤字を見込む。

日揮ホールディングス(HD)と千代田化工建設は、2022年3月期連結業績予想の当期損益が赤字に転落する見通しだ。... 22年3月期の当期損益は日揮HDが期初予想の130億円の黒字から460億円の赤字...

JR3社の通期見通し、東海・西が下方修正 需要回復遅れ (2021/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

JR東海は売上高が1兆1150億円(従来予想は1兆2340億円)、当期利益が150億円(同900億円)に下方修正した。JR西日本はレンジ形式で開示し、売上高が1兆520億―1兆890億円(同1兆257...

ANAの4―6月期、当期赤字511億円に縮小 (2021/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

ANAホールディングス(HD)の2021年4―6月期連結決算は、当期損益が511億円の赤字(前年同期は1088億円の赤字)と赤字幅が縮小した。

東電の4―6月期、7年ぶり当期赤字 小売り競争激化 (2021/7/30 建設・生活・環境・エネルギー)

東京電力ホールディングス(HD)が29日発表した2021年4―6月期連結決算は減収、大幅な経常減益となり、2014年の同期以来7年ぶりの当期赤字となった。 ... 原子力損害倍諸費2...

日産は半導体不足や原材料価格の高騰といったビジネスリスクの影響などで21年度の当期損益を600億円の赤字と予想している。ただ、4―5月の実績は計画を上回っていることから、内田誠社長は6月の株主総会で2...

加えてコロナ禍で中国以外の世界各地で営業活動が難しくなり、21年3月期は当期赤字となった。

同社は2022年3月期の連結当期損益を600億円の赤字と予想している。内田誠社長(写真)は4―5月の実績は計画を上回っているとし、「3年連続の当期赤字を何としても回避したい」と述べた。 ...

併せて半導体不足に伴う主要取引先での自動車減産影響を反映し、22年3月期連結業績予想で売上高を5月公表値比40億円減の1540億円に、当期損益を同子会社清算に伴う特別損失の計上などで4億円の黒字見通し...

関西エアポート(大阪府泉佐野市、山谷佳之社長)が3日発表した2021年3月期連結決算は、当期損益が過去最大の345億円の赤字(前期は335億円の黒字)となった。赤字は初めて。

ただ、リーマン・ショックが直撃した09年3月期に製造業として当時過去最大の当期赤字を計上したのを契機に、総花的なグループ経営からの脱却へかじを大きく切った。

日本の収益を見る志藤健副会長を含めた3人の会議体も新設し、情報共有を徹底する」 《主要取引先の日産の拡大路線転換もあり、2021年3月期は61億円の当期赤字。

22年3月期に3期連続の当期赤字を見込む日産。

関西私鉄4社の通期見通し、黒字転換 運輸・不動産が回復 (2021/5/17 建設・生活・環境・エネルギー)

関西私鉄大手4社の2022年3月期連結業績予想は、全社が当期損益で黒字転換する見通しとなった。... 2期連続の赤字を防ぐため、各社は構造改革を進める。... 21年3月期はコロナ禍で、各社とも輸送人...

2021年3月期連結決算は12期ぶりの当期赤字に。

日産自動車は11日、2022年3月期連結業績予想で、当期損益が600億円の赤字(前期は4486億円の赤字)となり、3期連続で赤字になる見通しを発表した。世界販売は同8・6%増の440万台と予想するが、...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる