58件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

各地の自然環境や文化、歴史を生かして循環経済や分散型社会を実現するリーダー育成が狙い。

大企業にないアイデアや技術を持つ新興企業との連携を深め、サーキュラーエコノミー(循環経済)に関係する技術革新を加速する。

「フィンランドは2016年、世界に先駆けて循環経済のロードマップをつくり、35年までのカーボンニュートラル実現を図っている」というのは、駐日同国大使のペッカ・オルパナさん。

戸田建設や積水ハウスなどが参加する「エコ・ファースト推進協議会」は11月2日13時から、シンポジウム「コロナウイルス後の世界と循環経済」をオンライン形式で開催する。中部大学の細田衛士教授が産業政策とし...

ESG(環境・社会・企業統治)金融の動向に精通する吉高まり氏、気候変動政策を提言する高村ゆかり氏、循環経済の第一人者の中石和良氏ら、環境分野の第一線で活躍する有識者や記者が講義する。

同社は通信機器のリサイクル事業を展開しており、使用する電力による環境負荷も低減し、循環経済の実現に貢献する。

社会的起業家や循環経済の研究家、企業経営者、学生の代表者らが登壇し、新型コロナウイルスの流行や自然災害から回復した社会像を話し合う。 テーマ別に五つの会合があり、7日は経済産業省の水野弘道参与...

東京五輪・パラリンピックに合わせた取り組みで、デザインや建築、循環経済などフィンランドの産業や文化などを広く発信する。

ESG投資に関心を有する大口の個人投資家の中でも、気候変動と並んでプラスチック問題や循環経済(サーキュラー・エコノミー)に投資家の関心が高い(図)。... 感染症でダメージをうけた経済社会の復興におい...

経済同友会の桜田謙悟代表幹事(SOMPOホールディングス社長)は8月末、小泉進次郎環境相と面会し、地球温暖化対策で日本が世界から遅れたことに悔しさをにじませた。 ... COP26成...

「国連の持続可能な開発目標(SDGs)やサーキュラーエコノミー(循環経済)の流れは欧州が主導しており、技術開発のハブに位置付ける。

これまでの私たちの生産と消費のあり方―「つくる→つかう→すてる」という単線的プロセスを、「循環経済(サーキュラー・エコノミー)」に変えていこうという世界的な動きがある。「循環経済」は、リサイクルだけで...

商品を長持ちさせて廃棄を減らし、新たな資源投入を抑制する「循環経済」の方向性と一致する。

東京大学と三菱ケミカルは6日、循環経済(サーキュラーエコノミー、CE)の実現に向けた産学連携に合意したと発表した。... 資源の循環、有効活用の観点で素材産業が目指すべきビジネスモデルなどを共同研究す...

また欧州ではエンジニアリングプラスチックリサイクルを手がけるスイスのミンガーグループも2月に買収しており、サーキュラーエコノミー(循環経済)に向けた取り組みに注力している。

ダイキン工業は、地球温暖化対策やサーキュラーエコノミー(循環経済)への取り組みをまとめた「サステナビリティレポート2020」を公開した。... 循環経済の取り組みとして、空調機器に使われた冷媒の再生拠...

デジタル・バイオ両輪 環境省は「脱炭素」「循環経済」「分散型社会」への“三つの移行”によって、コロナ後の日本の経済と社会の再設計を狙う。... 佐藤ゆかり環境副大臣に、三つの移行で到...

ニュース拡大鏡/環境相、発言に勢い戻る “脱炭素”かじ取り自信 (2020/7/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

梶山弘志経済産業相が今月3日、旧式の石炭火力を休廃止する方針を発表すると「山のように動かないエネルギー政策に風穴が空くようなもの」と表現し、環境行政のかじ取りに自信も深めた。 ......

住商、重要社会課題設定 (2020/7/8 国際・商社)

重要社会課題では気候変動緩和、循環経済、人権の尊重、地域社会・経済の発展、生活水準の向上、良質な教育の六つを設定した。... 循環経済では、リサイクル・省資源型の技術・商品への転換や天然資源の持続可能...

資源の有効利用で利益を生み出す循環経済(サーキュラーエコノミー)が成立するが、そこで終わらない。... 都内に自前の蒸留所を建設し、東京を資源循環のハブにする計画がある。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる