20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

北陸先端科学技術大学院大学の金子達雄教授、海洋研究開発機構の若井暁副主任研究員、島津製作所などのグループは、紫外線を受けると水溶性になり微生物分解するナイロン新素材を開発し、分解特...

東急建、汚染地下水の浄化促進 微生物分解で期間4割減 (2021/12/28 建設・生活・環境・エネルギー)

既存薬剤に、水素イオン指数(pH)調整剤や補助栄養剤、硫酸イオン除去剤からなる補助薬剤を加え、分解を促進する仕組み。... 下水汚染対策として、汚染地域に生息する土着微生物でVOCを分...

東京都渋谷区は、微生物群「コムハム菌」で生ゴミを減量する23区初の実証実験を10日―12月31日に行う。... 菌が分解能力を維持できるか、代謝物の二酸化炭素(CO2)量を含めた生ゴミ...

同社など4者は揮発性有機化合物(VOC)のクロロエチレン類で汚染された地盤を加温浄化剤で温め、微生物分解を促進する原位置浄化システムを開発した。

第48回「環境賞」に5件 (2021/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

環境大臣賞 【竹中工務店/「汚染地盤の加温式原位置浄化技術」】 竹中工務店など4者は、揮発性有機化合物(VOC)のクロロエチレン類で汚染さ...

酸化チタンは光が当たると化学反応を起こす光触媒活性が高く、細菌やウイルスなど微生物の分解が可能で新型コロナウイルスへの効果の検証も始まっている。... 酸化チタンは無害なため、さまざまな製品や場所に微...

死骸をおがくずの入った処理装置に入れると、約2週間で太い骨だけ残して分解する。... 分解処理装置は同社が販売しているバイオトイレの技術を活用して開発した。おがくずに含まれている微生物が動物の死骸を分...

得られた散布図から起源有機物や微生物分解の程度などの特徴を反映する変数を特定できた。... 生体由来有機化合物が地下で受ける熱分解プロセスを実験的に解明し、新たな指標化合物の探索をしている。

世界ではさまざまな製品が金属製から高分子材料へとシフトしており、軟X線施設が完成して新材料での研究が加速すれば、「空飛ぶ車や、微生物分解するストローの開発なども不可能ではない」(伊藤教授...

ニシム電子、上下水道不要の水洗トイレ開発 (2018/2/7 建設・エネルギー・生活1)

排せつ物の微生物分解を繰り返して処理する。... 処理槽の前後に調整槽を設け、微生物の処理能力に合わせて処理量を調節する。処理前に汚泥を分解しやすいよう粉砕する。

同社の微生物製剤は油脂分解能力が高く、食品工場などから排出される油含有量の高い水の処理を中心に行う。... 微生物分解は従来、処理速度が遅いうえ、高濃度の排水、濃度や温度の変化、排水に多い酸性への適応...

【水戸】日立パワーソリューションズ(茨城県日立市、小田篤社長、0294・22・7111)は3日、廃棄物と接触し汚染された雨水(浸出水)中のアンモニア性窒素を電気分解で処...

山口大学農学部の藤井克彦准教授らは、微生物を使って下水を処理する活性汚泥法によって生じる「消化汚泥」を分解する微生物群を見いだした。消化汚泥はこれまで微生物による生分解が難しく、焼却したり埋め立てする...

微生物が土壌有機物を分解する際、CO2が大気に放出される。... 農環研は有機物の量や質が大きく異なる五つの畑土壌において、微生物分解によるCO2発生速度の係数を調査。さらに微生物が分解できる有機物だ...

乾燥式、微生物分解方式の処理機が対象。

大成建設は地中の微生物を活性化して汚染土壌を浄化するバイオスパージング工法で、難分解性のシアン化合物を分解されやすい形態(遊離シアン)に化学変換する浄化剤を開発した。... ベンゼンと...

ポリイオンは微生物分解や紫外線に対する耐性が高い。

いずれも化学合成系樹脂だが、土中で完全に微生物分解される。... 生分解性樹脂は、でんぷん由来のポリ乳酸が主流だが、土中での分解性は低いという。化学合成系の生分解性樹脂もあるが、軟質系がメーンで成形性...

従来の微生物分解による生物濾過と合わせた複合式濾過にし、大きな空間が必要だった生物濾過スペースを圧縮した。

宝酒造は清酒の外装用シュリンクフィルムに植物由来の生分解性プラスチックを導入した。... 導入した生分解性プラスチックフィルムは日本バイオプラスチック協会が定めた生分解性原料を重量比50%以上...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン