電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

10,060件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大塚製薬、HAE発作抑制薬で米社とライセンス契約 (2024/6/24 生活インフラ・医療・くらし)

日本には約500人の患者がいるとされる。 ... 提携拡大によりHAE患者のアンメットメディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)への貢献を目指す。

研究チームは、糖尿病性腎症患者の糸球体で受容体たんぱく質のADGRF5の発現量が健常者より低いことを発見。

秋ごろから3―4カ月かけて実証し、PHRサービスの実用性や、患者と医療従事者のメリット・課題などを検証する見通し。... 生活習慣など患者自身が記録し保有するデータと、定期健診や診療報酬明細書(...

新田ゼラチン、北大とコラーゲン高速紡糸技術を開発 (2024/6/21 素材・建設・環境・エネルギー)

靱帯(じんたい)断裂時に患者に移植する人工腱に用いるなど、医療機器の未踏領域の開拓につなげる。

「適応症の追加と販売地域の拡大は、対象患者が広がり需要が変化するタイミングだ。患者が増える分だけ供給量を増やすのは十分ではなく、安全在庫をどれくらい増やすかを含めて供給計画を見直す。

法的根拠がない中で国が入院患者の広域的な移送調整を担ったが、国と地方との役割分担に課題が残った。

住友商事は19日、患者への服薬・診療助言サービス「マネージドケア事業」を手がけるマレーシアのコンピュメッド・サービシズを買収したと発表した。... マレーシアでは公的医療保険制度がないため、患者や企業...

“子宮頸がん”撲滅急ぐ ワクチン接種の機会拡大 (2024/6/19 生活インフラ・医療・くらし2)

ワクチン接種率の向上で、新たながん患者の抑制や、がんによる医療費や労働損失の回避につながげることが重要だ。

AIで外来患者の転倒リスク予測 富士フイルムなど開発 (2024/6/19 生活インフラ・医療・くらし1)

患者の年齢や特定の薬剤の処方歴など、500種類以上の転倒リスクと関連ある情報から外来患者の転倒リスクを高い精度で予測し、パーセンテージで表示する。患者の転倒予防につながると期待される。 ...

従来の患者背景やバイタルサイン、臨床検査値に加えて、治験で必要となる主要な臨床データでの連携も可能となり、治験業務の効率化につながる。

武田薬、血液がん薬候補で中国社とオプション契約 (2024/6/18 生活インフラ・医療・くらし)

CMLの治療で使われるチロシンキナーゼ阻害薬での治療が難しい患者の新たな治療選択肢として期待される。

より安全で質の高い医療の選択肢を増やすことで、治療に取り組む患者を増やし、元気に生活できる高齢者の増加を目指している。

シーメンスと柏葉会、高度脳血管治療で提携 12月、札幌に病院 (2024/6/17 生活インフラ・医療・くらし)

患者の動線設計などで脳血管内治療のワークフローを改善する。また救急救命室から手術室まで直接動線を配備し、緊急の外科手術が必要な患者へのシームレスな外科治療を実現する。

デンマーク社の肥満症薬 本国で処方制限勧告 (2024/6/17 生活インフラ・医療・くらし)

同パネルは公表した報告書でウゴービについて、医師の第1選択肢にすべきではなく、この治療を開始するのは「少数の」患者に限るべきだとした。... 同薬は減量には効果的だが、患者の筋肉量が減る上、薬を止めた...

富士通Japanと順天堂大、災害医療体制構築へ研究講座開設 (2024/6/14 電機・電子部品・情報・通信)

富士通が持つ洪水情報予測技術を活用した患者や物資搬送ルート最適化の予測も行う。

アステラス、胃がん新薬 死亡リスク24.9%低減 (2024/6/13 生活インフラ・医療・くらし)

がんが他の組織や臓器に広がった転移期の患者の5年相対生存率は6・6%で、アンメットメディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)の高いがんとなっている。

少なくとも13人以上の一部の患者でALSの進行の抑制が認められるなど、有効性を示す結果を得た。... 安全性についてはボスチニブの副作用である下痢や肝機能障害などがみられる患者がいたが、ALS患者だけ...

イーライリリーの認知症治療薬、FDA諮問委が承認勧告 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし1)

ドナネマブとレカネマブは、いずれも初期段階のアルツハイマー病患者が対象。

武田薬、後天性血友病薬を投入 難治性の選択肢拡大 (2024/6/12 生活インフラ・医療・くらし1)

18歳以上の患者に対して、初回は体重1キログラム当たり200単位を投与する。... オビザーはこれまで、AHA患者の出血を抑制する治療薬として米国やカナダ、欧州など30以上の国と地域で承認されている。...

がん免疫療法とは、患者自身の免疫細胞を活性化させ、がん細胞を攻撃させる治療法だ。... しかし、実際にPD―1を抑制する薬剤を患者に投与してみると、これまでの抗がん剤では効果が望めなかった症例にも奏功...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン