13,643件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

挑む スマート農業(4)全国121地区で実証、課題探る (2020/4/9 機械・ロボット・航空機2)

5月以降には総務省と連携し、地域限定で第5世代通信(5G)を利用する「ローカル5G」と組み合わせた実証も、別途公募する予定という。 ... 従来、農機メーカーとソフトウエアベンダーの...

授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS=サートラス)は、情報通信技術(ICT)による授業で他人の著作物を使用した場合の「補償金制度」について、4月内の立ち上げを決めた。... 教材で使う書籍...

新型コロナ/情通機構、テレワーク実施 (2020/4/9 科学技術・大学)

情報通信研究機構は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、8日から対象地域に所在する事業所の全職員を原則在宅勤務(テレワーク)とすることを決めた。

住友建機、7.5トン級の超小旋回ショベル 燃費7%減 (2020/4/9 機械・ロボット・航空機1)

さらに、カメラと情報通信技術(ICT)を活用した周囲監視装置を採用し、安全運転を支援する。

新型コロナ/通信各社、体制縮小 「つなぐ使命」粛々と (2020/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

その上で、通信サービスの維持に努める姿勢も鮮明にしている。... 一方で各社は「安定的な通信サービスの提供に努める」(KDDI)、「情報通信事業者としての『つなぐ使命』を遂行する」(NTT東)など、サ...

シャープ、法人スマホ安全運用 クラウドで一括管理 (2020/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

テレワークの普及が加速する中、情報漏えいのリスク低減などが期待できる。 ... 大手通信キャリアなどが提供するEMMサービスと比べ、6―7割程度の価格に抑えた。

ニュース拡大鏡/ローカル5G検証加速 IT大手、サービス模索 (2020/4/8 電機・電子部品・情報・通信2)

IT・情報サービス大手が、第5世代通信(5G)をエリア限定で構築する「ローカル5G」を活用した新サービス開発を加速させている。... 日立システムズは、ローカル5Gなど次世代無線通信技術を活用した新サ...

NTTライフサイエンス、企業の健康経営支援 ビッグデータ活用 (2020/4/8 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTグループが培ってきた情報通信技術やセキュリティー技術を活用。ヘルスケアデータや遺伝子検査によるゲノム情報などにビッグデータ(大量データ)解析をかけ合わせ、従業員一人ひとりに最適化された生活習慣改...

機器や機械装置のほか、先進的なデジタル技術を活用した機器類とソフトウエア、情報通信システム、サービス業務を統合した機械システムも表彰する。

井関農機と茨城県つくばみらい市は、情報通信技術(ICT)を活用した農業を推進するために連携した。

そのため、エレクトロニクス機器の小型化、高効率化のほか、電気自動車や電車のモーターといった高電圧で駆動を制御する部品(いわゆる次世代パワーデバイス)や、第5世代移動通信(5G)などへの応用が期待され、...

シンテックホズミ、サービスロボに参入 空港・ホテル向け (2020/4/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

取得した地図情報から経路を設定し、AGVで培った制御システムを駆使して、前後方向に時速0・08キロ―3・0キロメートルで無人走行する。... 今後は第5世代通信(5G)時代を見据えて通信機能も強化し、...

東北電、子ども見守りサービス拡充 (2020/4/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

子どもに持たせた全地球測位システム(GPS)端末を通じて、保護者のスマートフォンアプリケーション(応用ソフト)に位置情報を送信する。... 災害や不審者情報など地域情報も取得し、保護者の代わりに音声で...

今回は既存部門のほか、新たにロボットの通信技術やソフトウエアの運用技術などを評価する「高度ICT基盤技術部門」を設けた。... モノづくり、サービス、情報通信技術(ICT)、介護・医療、インフラ・災害...

屋内外で人の所在把握 京セラ、物流作業向け位置情報機器 (2020/4/8 電機・電子部品・情報・通信1)

【京都】京セラは7日、屋内外の人の位置情報を把握できる位置情報機器を発売したと発表した。全地球測位システム(GPS)と近距離無線通信「ブルートゥースローエナジー(BLE)」に対応。... 通信に携帯電...

在宅勤務や、オンライン診療を後押しする情報通信ネットワークの整備にも約30億円を計上した。

23年度の整備達成目標を前倒しし、緊急時でも情報通信技術(ICT)の活用で全ての子どもの学びを保障できる環境の整備を急ぐ。

挑む スマート農業(2)画像認識、AI学習に工夫 (2020/4/7 機械・ロボット・航空機2)

東京大学大学院情報理工学系研究科の深尾隆則教授は、立命館大学客員教授として、フクハラファーム(滋賀県彦根市)でスマート農業の実証実験を進める。... スマート農業といえば従来、情報通信技術(ICT)を...

現在、通信事業者などの長距離系光ファイバー通信網では、光コヒーレント伝送方式が主流となっている。... 計算的に位相情報を回復することで、従来必要であった高精度光源や複雑な光回路なしに、光位相の検出が...

次世代自動車や第5世代通信(5G)の進展で好調だった非鉄金属業界もコロナショックで一転、暗雲が垂れ込めている。... 三井化学の橋本修社長は、自動車生産停滞の影響を「現在、マクロの生産台数情報と営業担...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる