電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

15件中、1ページ目 1〜15件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.062秒)

倒産理由は融通手形取引、架空売り上げの計上だ。... 22年7月末、オフィス社は手形決済を目前にして唐突に倒産した。

17年ごろ、資金繰りに窮した同社は取引先で関係が深かったA社に資金援助を要請し、融通手形取引を行ってきたとみられている。... 今回の倒産要因は、設備投資に見合う売り上げを上げることができず、資金繰り...

他業界に先駆けて、自動車業界で下請け取引条件の改善が進んでいる。ただ、下請代金支払遅延等防止法(下請法)の対象外となる大企業間で手形取引が残り、下請けの末端まで現金取引化が浸透していな...

自動車業界で取引条件改善が浸透する一方、他業界では手形取引がいまだ横行する。... 下請法上の取引に該当しない大企業間取引で手形取引が使われているとみられる。... 建機や電機・情報通信業界では手形取...

豊田織機はうち356社と手形取引しているが、すべて現金払いとする。 経済産業省は2016年9月に「未来志向型の取引慣行に向けて」(通称・世耕プラン)を公表。... 自...

樹脂部品の1次下請け会社だけでなく、ホンダなど自動車メーカーとの直接取引もある。... 多くが手形取引で支払期間が長いほど短期借り入れの必要性があるが「現金取引にするだけで利益が増える」と訴える。.....

輸入商品を手形決済で販売し、すぐに手形を割引き資金化していたが、次第に商品の仕入代金にすら事欠くようになる。 ... さらに、商品が再度循環してくるまでの時間を稼ぎ、手形割引などを行...

また取引先の倒産も企業にとっては大きなリスク要因です。 ... 取引先の与信管理は自社でマニュアルを作成することが重要です。管理部門は、支払いの遅延や手形取引の変更などのチェック、取...

経済産業省・中小企業庁は中小企業倒産防止共済制度で、東日本大震災で不渡りとなった手形や小切手を所有する中小企業も貸し付け利用の対象に加えた。... 中小企業倒産防止共済制度は、取引先が(1&#...

電子手形は中小企業金融円滑化の新たなスキームとして注目されており、中小と取引の多い地域金融機関で一層の普及が進みそうだ。 金融機関は日本電子債権機構と提携することで、大企業への納入企業である中...

大手企業約10社が取引先への代金支払いに電子手形(電子債権)を使う方向で検討しており、大企業の取引先約7000社も電子手形取引に参加するもようだ。... 「手形のマーケットが減少してい...

手形取引もあるため、「与信管理にも役立てたい」と攻守両面で能力を高めて、厳しい不況を乗り切る考え。

新日鉄グループや積水ハウス、カゴメなど大手企業10社は、取引先企業への代金支払いに電子手形(電子債権)を使う方向で検討に入った。... 大手10社の取引先企業の約7000社が11月にも...

手形取引などの場合は特に注意が必要です。

次に最近手形取引が減少している中で、運転資金不足を克服できるよう、企業の持つ売掛債権を早期に現金化するための支援制度が新設されました。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン