21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

■限りある資源、企業行動見定める 日本のモノづくりが100年、200年と続くことを評価する向きもあるが、大きな事業環境変化の根底にある地球資源の問題を考えると、手放しに同意できない。...

ハンズオフはシステムが運転手の代わりに車を制御する。... 運転の主体はあくまで運転手自身にあり、ブレーキや一定以上のハンドリングでハンズオフは解除される。 国内では日産自動車が高速...

一定条件で手放し運転ができる世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2・0」や、最大400馬力のV型6気筒ターボエンジンを搭載。... カーナビゲーションで設定したルートを高速道路上で自動走行する際、...

米国シリコンバレーの新興企業ルミナーの500ドルを下回る自動運転用ライダーセンサーが自動車メーカーに採用されれば、高度の自動運転機能を備えた量産車が早ければ2022年にも発売される可能性がある。ライダ...

同システムは高速道路で、カーナビゲーションで設定したルートを走行し、同一車線内であれば手放し運転が可能になる。... 運転手が常に前方に注意して状況に応じてハンドルを操作できる状態にあれば、同一車線内...

矢野経済研究所(東京都中野区、水越孝社長、03・5371・6900)は、2018年のADAS(先進運転支援システム)・自動運転システムの世界搭載台数を前年比24・3%増の2385万4000台と算出した...

当社はスマート農業の一貫体制を目指し、栽培管理面では営農支援システムであるクボタスマートアグリシステム、整地などにはアグリロボトラクター、移植には手放し運転ができる田植機、収穫には食味・収量センサー付...

冷蔵ショーケースを搭載した自動運転機能を備えた電気自動車(EV)のコンセプトカーは、車載機器事業と家電事業の連携の一例だ。 ... 期待以上だ」と手放しで評価する。 ...

12月に発売予定の有人監視下での無人自動運転作業ロボットトラクターは、衛星測位システム(GNSS)アンテナで位置情報を検出し、コントローラー内のジャイロセンサーで本体の傾きによる測位誤差を修正すること...

静電センサーを用いたシステムは、まずは手放し検知付きのハンドルとして開発中。豊田合成と協業し、従来のトルクセンサー方式では難しかった直線道路での手放し検知を目指す。... 特に自動運転と手動運転の二つ...

GMはクルーズ・オートメーション以外にも、先進運転支援システム(ADAS)を開発するイスラエル企業モービルアイ(2017年8月よりインテル傘下)との提携や、リモートセンシング技術のライダー(LiDAR...

基準は運転者の責任下で、システムが複数の運転支援を行う「レベル2」の自動運転を前提とした内容となる。... 運転者が手放し運転した場合の警報も規定した。... さらに警報音が30秒以上続いた場合(手放...

自動運転時に運転席のハンドルを格納したいというニーズがあり、機械式制御ではレイアウト性に限界があるため。ジェイテクト幹部は「(運転主体がシステムの)レベル4以上の自動運転にはリンクレスのSBWが不可欠...

【自動化と自律化】 スマートカーの特徴は、自動化と自律化であり、手放しで運転できるレベルから人がいなくても運転できるレベルまで、マシンの自動化や自律化に研究開発が集結している。

各社は運転支援機能の向上など車の付加価値を高めて、消費者の需要を地道に喚起していく。 ... ただ時間がたち発表の中身が伝わっていくと「手放しで喜べるほどの強さで...

ただ、原油安が一段と進めば、プラント建設の停滞で苦戦するエンジ会社は、手放しで喜べないのが実情だ。 ... 渋滞が多く、運転も荒い。

ポピュリズムがまん延し、“決められない政治”に不満を募らせていた経済界だけに、安倍首相の決断を手放しで評価。... ≪私はこう見る≫ 【みずほ総合研究所市場調査部長・長谷川克之氏「農...

東洋パーツ(埼玉県長瀞町、小菅哲也社長、0494・66・2121)は、手放しで乗れる自動バランスの平行2輪車「ホイールウォーカー」を試作した。... リチウムイオン電池駆動で一回の充電で約2時間の連続...

12日、新大阪―鹿児島中央間で直通運転が始まる(新幹線N700系) 九州新幹線鹿児島ルートが12日に全線開業し、九州を貫く大動脈が完成する。山陽新幹線との相互直通運転で、最速の「みずほ」は新大阪―鹿児...

プルサーマル発電試験運転中の玄海3号機では、運転中の燃料の健全性を確認するため、週4回原子炉内の一次冷却材(水)の放射性ヨウ素濃度を測定。... 「サイクル実現に向けた大きな一歩」(電力関係者)となっ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる