2,193件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

打ち上げから6年の歳月が経っていた。 ... だが、打ち上げ後、短期に帰還する従来に比べ、はやぶさ用は「収納後、長期にわたり宇宙環境に耐えた後、確実に傘が開くことが一番の課題だった」...

22年度内に宇宙空間に打ち上げ、地球上で再現困難な微小重力、宇宙放射線、急激な温度変化などが同時に起こる宇宙空間にさらす。

ベストセラーになったのは、佐藤栄作さんの長期政権で沈滞感が世間を覆う中で、日本列島全体を変革するという大構想を打ち上げたからだろう。

あえて地球から遠い場所に中継器となる人工衛星を打ち上げ、そこにいったんデータを送ってから地球に届けることで通信範囲を広げる仕組み。... サービス開始と同時期に通信体制を構成するカギとなる人工衛星初号...

北越コーポレーションは、テラスペース(京都市左京区)が2025年の打ち上げを予定する「紙の人工衛星」プロジェクトに参画し、木材由来のセルロースナノファイバ...

飛行士3人を乗せた中国の有人宇宙船「神舟14号」が5日10時44分(日本時間11時44分)、北西部の酒泉衛星発射センターから長征2号Fロケットで打ち上げら...

同時期にサービスを構成する人工衛星初号機「LEIHO(霊峰)」を高度約2000キロメートルに打ち上げる。... 今後2機の人工衛星を打ち上げ、より通信体制を強化する。

今後、デブリを減らすためには、すでに軌道上にあるデブリを取り除くこと(Active Debris Removal, ADR)に加えて、今後打ち上げられる...

花火を打ち上げる「煙火打揚従事者」の資格を持つ。2021年のクリスマスには自宅のある千葉県で仲間と300発打ち上げた。

今後、海氷の動きや厚さなどの推定を進めるとともに、23年度打ち上げ予定の温室効果ガス・水循環観測技術衛星(GOSAT―GW)に新型センサーを搭載し、長期の高精度観測を目指す。 ...

衛星や打ち上げ用ロケットの大きさに制約を受けずに大口径、薄型、軽量のアンテナ反射鏡を宇宙空間で作って搭載できるようになる。

これまでに宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発し、07年に打ち上げた月周回探査機「かぐや」に使われた部品などのパリレンコーティングを担当した。

米IBM、25年に4000量子ビット 量子コンピューターの工程表更新 (2022/5/13 電機・電子部品・情報・通信)

今回、「25年に4000量子ビット」の計画を打ち上げたことで、量子コンピューターの開発をめぐるつばぜり合いに拍車がかかりそうだ。

実現すれば同大の衛星打ち上げ数は全25機となる。 「BIRDS(バーズ)プロジェクト」と題した同大学の衛星開発事業は2016年から進められ、5回目となる今回...

5月上旬に宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ引き渡し、ロケットで年内に打ち上げる計画。

荏原は、インターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)、室蘭工業大学と共同開発中の超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」について、エンジン用ターボポンプの性...

打ち上げから着陸まで 三井住友海上火災保険も未知なる領域への挑戦を最前線で支え「宇宙ビジネス」の進化と創造に貢献している。... 打ち上げから月面着陸するまでに発生する損害...

長崎県対馬市の海岸に打ち上げられる海洋プラゴミのリサイクルをはじめ、伊藤忠商事は以前からこの問題に取り組んできた。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2022年度に打ち上げ予定の小型固体燃料ロケット「イプシロン」6号機に搭載予定の衛星を変更する。QPS研究所(福岡市中央区)の小型合...

インターステラ、ロケット開発プログラム 三笠製など4社参画 (2022/4/22 中小・ベンチャー・中小政策)

現在は次世代機となる超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」の開発を本格化している。

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン